ミカ・ミリャホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ミカ・ユハニ・ミリャホフィンランド語:Mika Juhani Myllyaho、1966年12月30日 - )は、フィンランドの劇場支配人、俳優、劇作家[1]ケラヴァ生まれ。2010年からフィンランド国立劇場(en)の支配人を務めている。

経歴[編集]

ミカ・ミリャホは父ウルホ・ミリャホ、母リリャ・ミリャホの下に生まれた。1999年、ヘルシンキ演劇大学(en)を卒業。2002年から2006年まで同大学の講師。1998年からグループ劇場(Ryhmäteatteri) (fi)の芸術監督を、作家で演出家のエサ・レスキネン(fi)と共同で務めている。主要な活動の場はグループ劇場とフィンランド国立劇場で、2007年には、自身の演出により、フィンランド国立劇場のウィレンサウナ・ステージでソフィ・オクサネンの劇作品「粛清」(en)の世界初演を手がけた。同じ演出はタンペレ劇場でも上演された。俳優として劇場と映画で活動してきた。2007年から、タンペレ演劇フェスティバル(en)では、3人の芸術監督の一人として活動している。

演出[編集]

グループ劇場[編集]

  • ネグラ島の郵便屋(1998年)
  • ミーティング(1998年)
  • オリヴァー・ブコフスキ:東京へ行く(1999年)
  • そして彼はジャケットを着ている(1999年)
  • ウォータールー(1999年)
  • サミ・ケスキ・ヴァハラ:大洋の上で(2000年)
  • ピーター・シェーファーアマデウス(2001年)
  • ハーポヤ(2002年)
  • ハムレット 150bpm (2003年)
  • ミカ・ミリャホ:パニック(2005年)
  • サミ・ケスキ・ヴァハラ、エサ・レスキネン、ティーナ・リミ、ミカ・ミリャホ、ヴェイッコ・ヌーティネン、ハッリ・ヴィルタネン:ヘルシンキの空の下で(2006年、エサ・レスキネンとミカ・ミリャホの共同演出)
  • 無名兵士(2007年)
  • ミカ・ミリャホ:カオス(2008年)
  • ミカ・ミリャホ:ハルモニア(2009年)


フィンランド国立劇場[編集]

  • 泣き虫(2000年)
  • ペルシャのライラック(2000年)
  • クレルヴォ(2001年)
  • 鉄はおいくら? (2002年)
  • ピクニック(2002年)
  • マーティン・マクドナー:イニッシュモア中尉(2004年)
  • ソフィ・オクサネン:粛清(2007年)
  • ここ北極星の下で(2011年)
  • 大衆スキー(2012年)
  • フランケンシュタイン(2013年)
  • チェリーの農園(2013年)
  • アッリ・ユコラの物語(2015年)


セイナヨキ市立劇場[編集]

  • カリグラ(1997年)
  • パト(2000年)


その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この記事は、fi:Mika Myllyaho (2018-03-09, 14:13:46UTC)を抄訳。