ミゲル・アンヘル・ガルシア・テバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はガルシア第二姓(母方の)はテバルです。
ミゲル・ガルシア Football pictogram.svg
Miguel wiki.jpg
名前
本名 ミゲル・アンヘル・ガルシア・テバル
Miguel Ángel García Tébar
ラテン文字 Miguel García
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1979-09-26) 1979年9月26日(37歳)
出身地 アルバセテ
身長 178cm
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2001
1999-2002
2000
2002-2004
2004-2005
2005-2006
2006-2008
2008-2010
2010
スペインの旗 アルバセテB
スペインの旗 アルバセテ
スペインの旗 デポルティーボB (Loan)
スペインの旗 サラゴサB
スペインの旗 ポンフェラディーナ
スペインの旗 カステリョン
スペインの旗 カディス
スペインの旗 ラス・パルマス
スペインの旗 サラマンカ
? (?)
15 (0)
? (?)
52 (6)
36 (4)
32 (0)
45 (5)
61 (1)
8 (1)
代表歴
1995-1996
1998
1998
U-16スペイン
U-18スペイン
U-20スペイン
2 (0)
1 (0)
4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ミゲル・アンヘル・ガルシア・テバル(Miguel Ángel García Tébar、1979年9月26日 - )は、スペインアルバセテ出身の元サッカー選手。ポジションは守備的ミッドフィールダー。心臓の問題により31歳で現役を退いた。

経歴[編集]

アルバセテ県アルバセテに生まれ、1999年に地元のアルバセテ・バロンピエからトップチームデビューしたが、4シーズンで15試合しか出場することができなかった。2000年にはセグンダ・ディビシオンB(3部)のデポルティーボ・ラ・コルーニャBにレンタル移籍している。その後もセグンダ・ディビシオンBのレアル・サラゴサBやSDポンフェラディーナなどに所属したが、2005年、セグンダ・ディビシオン(2部)のCDカステリョンと契約した。2006年には同カテゴリーに降格したばかりのカディスCFに移籍したが、2007-08シーズンはリーグ戦42試合中18試合の出場にとどまり、クラブもセグンダ・ディビシオンB降格となった。2008年にセグンダ・ディビシオンのUDラス・パルマスに移籍し、31歳となった2010年にUDサラマンカと契約した。

突然の心停止と回復[編集]

2010年10月24日、ホームでのレアル・ベティス戦(0-3)の57分に、心停止により突然グラウンドに倒れた。両クラブのチームドクターによって心臓マッサージや自動体外式除細動器(AED)を用いた蘇生措置が取られ、安定した状態でスタジアムから運び出されてサラマンカ大学病院で検査を受けた[1]。後に「約25秒間心停止の状態にあった」と発表され[2]、UDサラマンカはミゲル・ガルシアの生命を救った両クラブのチームドクターの迅速で効果的な治療処置を称賛した[3]。退院する直前、メディカルスタッフによってミゲル・ガルシアが直ちに現役引退しなければならないことが発表された[4]

脚注[編集]

  1. ^ Salamanca midfielder Miguel Garcia has cardiac arrest during match with Betis”. 101 Great Goals (2010年10月24日). 2010年10月25日閲覧。
  2. ^ Miguel García abandonará la UCI en las próximas horas” (Spanish). Marca (2010年10月25日). 2010年10月26日閲覧。
  3. ^ El jugador Miguel García se recupera tras sufrir un infarto” (Spanish). La Nueva España (2010年10月24日). 2010年10月26日閲覧。
  4. ^ Los cardiólogos anuncian a Miguel García que no podrá volver a jugar” (Spanish). Marca (2010年10月25日). 2010年10月26日閲覧。