ミゲル・カイロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミゲル・カイロ
Miguel Cairo
Miguel Cairo on June 26, 2011.jpg
レッズ時代
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 アンソアテギ州アナコ
生年月日 (1974-05-04) 1974年5月4日(45歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1990年 アマチュア・フリーエージェントとしてロサンゼルス・ドジャースと契約
初出場 1996年4月17日
最終出場 2012年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ミゲル・ヘスス・カイロMiguel Jesús Cairo, 1974年5月4日 - )は、ベネズエラアンソアテギ州アナコ出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

経歴[編集]

1990年ロサンゼルス・ドジャースに入団。その後、マイナー時代にシアトル・マリナーズトロント・ブルージェイズを渡り歩き、1996年、ブルージェイズでメジャーデビュー。本格的にメジャーに定着し始めたのはタンパベイ・デビルレイズへ移籍してセカンドのレギュラーに定着した1998年から。その後、ヤンキースやニューヨーク・メッツでプレイしてテレビ中継などにも登場することが多かったため、日本人にも比較的知られている選手である。

2003年オフにFAとなり、ニューヨーク・ヤンキースへ移籍。当初は内野のユーティリティープレイヤーとして期待される。しかし、正三塁手として考えられていたアーロン・ブーンが、トレーニングとして禁止されていたバスケットボールで左膝靭帯断裂の重傷を負い、開幕どころかシーズン中のプレーすら危ぶまれる緊急事態となった。そのため、カイロは三塁手としてプレーすると予想されていた。しかし、テキサス・レンジャーズが、史上最高年俸選手でメジャー屈指のスラッガーであるアレックス・ロドリゲスを放出したがっていることを知ったヤンキースは、アルフォンソ・ソリアーノとの交換でロドリゲスを獲得。ロドリゲスはチームの象徴であるデレク・ジーターと同じ遊撃手であったため、どちらかが二塁手もしくは三塁手にコンバートされると考えられていたが、結局、ロドリゲスが三塁手にコンバートされた。

2004年は上述のようなこともあり、ソリアーノ放出で空いた二塁手に同じユーティリティーでよりパワーのあるエンリケ・ウィルソンとのツープラトンで起用された。開幕当初はチームで唯一不安視されていたポジションであったが、このツープラトン起用がうまくはまり、シーズントータルで打率.292をマーク。二塁以外にも一塁・三塁・遊撃を守り、攻守において地区優勝への原動力の一端となった。同年オフにFAとなり、ニューヨーク・メッツへ移籍。ここでもユーティリティーとして起用された。

2008年1月にシアトル・マリナーズと1年契約を結んだ。ウィリー・ブルームクイストと共に、内野のユーティリティーとして期待された。

2009年2月15日フィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約を結んだ[1]。シーズン途中にメジャーに復帰し、一旦メジャー契約を解除されたものの8月23日に再びフィリーズで昇格を果たした[2]

2010年シーズン前にシンシナティ・レッズとマイナー契約を結び、開幕ロースター入りした。レッズには2012年まで在籍し、同年限りで引退した。

プレースタイル[編集]

ポストシーズンに相性が良く、通算打率は.328(61打数20安打)。特にカージナルスの一員として出場した2002年のポストシーズンでは打率.529(17打数9安打)の大当たりだった。個性的なバッティングフォームで、高目の球に強い。またかなりの俊足。セントルイス・カージナルス時代は盗塁数が減っていたが、2004年から2006年までの3年間は二桁盗塁を記録している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1996 TOR 9 30 27 5 6 2 0 0 8 1 0 0 0 0 2 0 1 9 1 .222 .300 .296 .596
1997 CHC 16 32 29 7 7 1 0 0 8 1 0 0 0 0 2 0 1 3 0 .241 .313 .276 .589
1998 TB 150 558 515 49 138 26 5 5 189 46 19 8 11 2 24 0 6 44 9 .268 .307 .367 .674
1999 120 508 465 61 137 15 5 3 171 36 22 7 7 5 24 0 7 46 13 .295 .335 .368 .703
2000 119 417 375 49 98 18 2 1 123 34 28 7 6 5 29 0 2 34 7 .261 .314 .328 .642
2001 CHC 66 147 123 20 35 3 1 2 46 9 2 1 7 1 16 1 0 21 3 .285 .364 .374 .738
STL 27 35 33 5 11 5 0 1 19 7 0 0 0 0 2 0 0 2 1 .333 .371 .576 .947
'01計 93 182 156 25 46 8 1 3 65 16 2 1 7 1 18 1 0 23 4 .295 .366 .417 .783
2002 108 208 184 28 46 9 2 2 65 23 1 1 6 2 13 2 3 36 5 .250 .307 .353 .660
2003 92 290 261 41 64 15 2 5 98 32 4 1 3 7 13 1 6 30 6 .245 .289 .375 .664
2004 NYY 122 408 360 48 105 17 5 6 150 42 11 3 12 4 18 1 14 49 7 .292 .346 .417 .763
2005 NYM 100 367 327 31 82 18 0 2 106 19 13 3 12 5 19 2 4 31 5 .251 .296 .324 .620
2006 NYY 81 244 222 28 53 12 3 0 71 30 13 1 5 3 13 0 1 31 4 .239 .280 .320 .600
2007 54 121 107 12 27 7 0 0 34 10 8 1 4 1 8 1 1 19 3 .252 .308 .318 .626
STL 28 72 67 8 17 2 2 0 23 5 2 1 1 0 3 0 1 5 0 .254 .296 .343 .639
'07計 82 193 174 20 44 9 2 0 57 15 10 2 5 1 11 1 2 24 3 .253 .303 .328 .631
2008 SEA 108 250 221 34 55 14 2 0 73 23 5 2 6 1 18 0 4 32 6 .249 .316 .330 .646
2009 PHI 27 47 45 6 12 2 1 1 19 2 0 0 1 0 0 0 1 4 1 .267 .283 .422 .705
2010 CIN 91 226 200 30 58 12 0 4 82 28 4 0 2 3 17 0 4 30 4 .290 .353 .410 .763
2011 102 276 245 33 65 8 2 8 101 33 3 4 3 3 18 1 7 36 3 .265 .330 .412 .742
2012 70 156 150 9 28 7 2 1 42 13 4 0 0 1 4 0 1 20 4 .187 .212 .280 .492
MLB:17年 1490 4392 3956 504 1044 193 34 41 1428 394 139 40 86 43 243 9 64 482 82 .264 .314 .361 .675

背番号[編集]

  • 3 (1996年、2005年、2007年途中 - 同年終了)
  • 20 (1997年 - 1998年途中)
  • 13 (1998年途中 - 1999年、2008年)
  • 1 (2000年)
  • 40 (2001年 - 同年途中)
  • 41 (2001年途中 - 2003年途中、2004年、2007年 - 同年途中)
  • 9 (2009年)
  • 43 (2010年 - 2012年)

脚注[編集]

関連項目[編集]