ミゲル・トレビーニョ・モラレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミゲル・トレビーニョ・モラレス
Miguel Treviño Morales
生誕 (1970-11-18) 1970年11月18日(48歳)
メキシコの旗 メキシコ
タマウリパス州ヌエボ・ラレド
現況 逮捕
別名 Z-40(ゼータ40)
団体 ロス・セタス
肩書き 最高幹部
前任者 エリベルト・ラスカーノ
後任者 オマール・トレビーニョ・モラレス
敵対者 メキシコ軍
メキシコ警察
ガルフ・カルテル
罪名 殺人拷問誘拐密輸資金洗浄など[1]

ミゲル・アンヘル・トレビーニョ・モラレススペイン語: Miguel Ángel Treviño Morales、別名: Z-40、1970年11月18日 - )は、メキシコ麻薬カルテルロス・セタス」の最高幹部[2]

10代の頃からガルフ・カルテルに雇われ、一時はアメリカのテキサス州を拠点に活動する。ロス・セタスの一員となった際、セタスの創設者らと違い軍隊経験を有していなかったが、流暢な英語を話せることと若者らをプロの暗殺者に仕立てる手腕が買われ、創設時より幹部の地位を得た。

2012年10月、メキシコ北部コアウイラ州メキシコ軍との銃撃戦で死亡したエリベルト・ラスカーノの後継として、ロス・セタスの最高幹部に就任[3]誘拐した不法移民250人以上の処刑を命令したこと[1]麻薬密輸資金洗浄などの罪に問われ、アメリカ国務省が500万ドル(約5億円)の懸賞金をかけて行方を追っていた[4][5]

2013年7月15日早朝、ピックアップトラックタマウリパス州ヌエボ・ラレドを移動中、メキシコ海軍によって逮捕された[2][6][7]。後継には、アメリカ国内で資金洗浄に従事し、同じく指名手配されている弟のオマール・トレビーニョ・モラレス(別名: Z-42)が就く可能性が高いとされている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 麻薬組織のリーダー逮捕=後継者争いで治安悪化も-メキシコ時事ドットコム(2013年7月17日)2013年7月22日閲覧
  2. ^ a b c メキシコ麻薬組織のボス逮捕 海外紙は抗争激化を懸念ニュースフィア(2013年7月18日)2013年7月22日閲覧
  3. ^ 麻薬組織セタスのリーダーを拘束、メキシコAFPBB News(2013年7月16日)2013年7月22日閲覧
  4. ^ メキシコ麻薬組織「セタス」のリーダー拘束、米国境付近で朝日新聞デジタル(2013年7月16日)2013年7月22日閲覧
  5. ^ メキシコ麻薬組織「セタス」のリーダー拘束、米国境付近でロイター(2013年7月16日)2013年7月22日閲覧
  6. ^ メキシコ麻薬組織の首領を逮捕―後継者争いの恐れもWSJ.com(2013年7月17日)2013年7月22日閲覧
  7. ^ 麻薬組織のリーダー逮捕 メキシコMSN産経ニュース(2013年7月16日)2013年7月22日閲覧

関連[編集]