ミゲル・ピニェロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ミゲル・ピニェロ
Miguel Piñero
本名 Miguel Antonio Gómez Piñero
生年月日 (1946-11-19) 1946年11月19日
没年月日 (1988-06-16) 1988年6月16日(41歳没)
出生地 プエルトリコの旗 プエルトリコ・グラボ
死没地 ニューヨークブルックリン
職業 劇作家、脚本家、俳優
配偶者 Juanita Lovette Ramirez(1977-1979)
主な作品
Short Eyes(原作)
アパッチ砦・ブロンクス(出演)
特捜刑事マイアミ・バイス(出演、脚本)
テンプレートを表示

ミゲル・ピニェロMiguel Piñero1946年11月19日 - 1988年6月16日)はプエルトリコ出身でニューヨークで活動した劇作家、脚本家、俳優。ニックネームは「マイキー」。

アメリカではPinero(ピネロ)と表記されることが多いが、スペイン語でnの上にティルデ(〜)が付くためピニェロと発音する。

略歴[編集]

プエルトリコのグラボ自治州で生まれ、4歳のときに両親に連れられてニューヨークロウアー・イースト・サイドに移り住んだ。ミゲルが9歳のとき、父親は妻が5人目の子供を妊娠しているのを知りながら家を出て行った。生活保護を受けながらも貧困生活を強いられたミゲルは、11歳で窃盗で捕まり少年院に送られ、13歳になると地元のストリートギャングに加わって盗みや強盗を繰り返し、15歳になる頃には麻薬常習者になっていた。さらに18歳で強盗と麻薬所持の容疑で捕まりライカーズ刑務所に入れられた。本人いわく強盗や窃盗の件数は100件以上に及んだそうである。

出所後も犯罪をやめることはなく、彼が26歳になった1972年、拳銃強盗でシンシン刑務所に入れられた。この2度目の刑務所暮らしで知り合ったアフリカ系アメリカ人の詩人の影響で文学に興味を持つようになり、囚人への教育の一環として行われるワークショップの時間に”Black Woman with Blonde Wig On”(ブロンドのウィッグを被った黒人女)という詩を書いた。コンテストに応募してみると2位に入賞し50ドルを獲得した。

次に戯曲「ショート・アイズ」”Short Eyes“を書いて応募すると今度は賞金700ドルを得た。このときワークショップの指導に当たっていた舞台監督のメルヴィン・フェリックス・カミーロはこの戯曲を非常に気に入り、舞台で発表すべきだとミゲルに薦める。その1年後、仮出所が認められたのを機にカミーロが率いる小さな劇団「ザ・ファミリー」に加わり、こうして1974年、「ショート・アイズ」はマンハッタン西にあるリバーサイド教会で公演されることになった。

公演が始まるとすぐに舞台監督及び演劇プロデューサーの大御所、ジョセフ・パップの目に留まった。パップはその年の2月にはオフ・ブロードウェイへ、さらに同年5月にはブロードウェイへと舞台を移させた。刑務所での執筆からブロードウェイ公演までたった1年余りという驚くべきスピードであった。 劇団ザ・ファミリーも活動の場を拡大し、リンカーン・センターにあるビビアン・ビューモント劇場で公開するに至った。

「ショート・アイズ」は翌年のトニー賞の演劇作品賞、脚本賞を含む6部門にノミネートされ、N.Y.ドラマ・クリティックサークル賞、オビー賞を受賞。さらにヨーロッパ公演も成功しており、ミゲル・ピニェロの名は文学界に知れ渡った[1]

3年後の1977年、「ショート・アイズ」は映画化される。監督ロバート・M・ヤング、主演ブルース・デイヴィソン、ミゲル自身もGo-Goという役で出演している。映画の撮影中、ミゲルと共演者のティート・ゴヤの2名は、過去の拳銃強盗の容疑で逮捕されプレミアを観ることが出来なかった。このときは証拠不十分で釈放されたが、彼らを刑務所に行くべき人間だと考える関係者も少なくなかった。実際、一緒に捕まったティート・ゴヤは1978年に殺人を犯した疑いがあり、7年後に逮捕されている。

この頃からミゲルは映画やテレビドラマに出演するようになり、同時にいくつかの脚本も手掛け才能を発揮している。中でも「特捜刑事マイアミ・バイス」(1984)で演じた麻薬王カルデロンはその後の犯罪ドラマにおけるヒスパニック系の悪役像を定着させる業績を残し、脚本においてはミゲル自身が知り尽くしている社会の悪の部分を生々しく描き、若い脚本家たちが彼に追従しようとした。彼が脚本を担当したシーズン1・第15話「運び屋のブルース」”Smuggler's Blues”は、2006年の映画「マイアミ・バイス」の原形となったほどである。

これらの活躍によりショービジネス界で成功する可能性もあったはずだが、幼い頃から馴染みのあるロウアー・イースト・サイドの安アパートに住み続け、アルコールとドラッグをやめることはなかった。仕事を受ける際は歩道にいるホームレスが窓口となり、連絡には公衆電話を使っていた[2]。映画「ショートアイズ」で受け取った4万ドルの報酬も、そのほとんどをホームレスやかつて世話になった刑務所の看守に贈ったという[3]

1982年、ギャラリーABC No Rioで開催されたグループ展で中国系アーティストのマーティン・ウォンと出会った[4]。その頃ミゲルはアパートの家賃が支払えないほど金銭的に苦しい状況にあり、ウォンの安アパートに招かれ1年半ほど同棲した。彼らは親友であり恋人でもあった。ウォンの数多くの作品の中でもミゲルとのコラボレーションは特に有名で、詩やミゲル本人、刑務所など、ミゲルからインスピレーションを得て描いた作品はウォンの代表作となっている。

1988年、ミゲル・ピニェロは41歳の若さで死亡した。長年の薬物中毒による肝硬変とAIDSの合併症と考えられる。亡くなる3年前に彼が綴った詩、"Lower East Side Poem"にあるように遺灰はロウアー・イースト・サイドの路上に撒かれた。

音楽・音声外部リンク
You may listen to Miguel Piñero's "Lower east side" - YouTube.

ザ・ニューヨリカン・ポエッツ・カフェ[編集]

1973年、大学教授で作家・詩人でもあるミゲル・アルガリン、ミゲル・ピニェロらは、イースト・ヴィレッジにあるアルガリンのアパートに 「ニューヨリカン・ポエッツ・カフェ」を開いた。”ニューヨリカン”とは「ニューヨークで育ったプエルトリカン」を組み合わせた造語。文字通りニューヨークで活動するプエルトリコ人の詩人や作家の交流の場を目的とする非営利グループである。

2年後には部屋が手狭になったのでイースト6st.のカフェをレンタルして移転し、店名を「ザ・ニューヨリカン・ポエッツ・カフェ」に改名した。[5]。 1980年頃にはますます来客数が増えたため、アルガリンやピネロを含む20人ほどのニューヨリカンはアルファベット・シティ236 East 3rd St.の建物を購入した。現在もその場所で歌や音楽、詩、コメディなどあらゆるジャンルの芸術を共有できるライブハウスとして人気を博している[6]

ヌヨリカン詩人カフェ

戯曲「ショート・アイズ」[編集]

ピニェロが書いた戯曲「ショート・アイズ」は、貧困層の黒人やヒスパニックが多く収監される刑務所に、白人の女児レイプ犯が加わることで始まる人間ドラマである。子供に対する虐待やレイプは囚人同士の間でも卑劣な行為と見なされ、刑務所ではたちまち攻撃の対象となる。そのような異様な状況に置かれた囚人たちの感情の起伏や葛藤を描いている。

タイトルの“Short Eyes”とは子供に対するレイプ犯罪を指す。語源は「簡単な(手軽な、短時間な)強盗」を意味する”Short Heist“だが、プエルトリコ人はHの発音が苦手なため「Heist」が「Eyes」に似た発音になり、そのままスラングとして定着したとされる[7]

※語源については、刑務所でポルノ写真を手に入れた囚人が他人にばれないように写真を顔に近付けて見入っているときの寄り目になっている状態(=Short Eyes)を表している、という説もある。[8]

伝記映画[編集]

「ピニェロ」(2001)はミゲル・ピニェロの生涯を描いた映画である。

監督はキューバ出身のレオン・イチャソ。ベンジャミン・ブラットがピニェロを演じている。

当初ベニチオ・デル・トロジョン・レグイザモロバート・ダウニー・Jrジョニー・デップなどが候補に挙がっていたが、ベンジャミン・ブラットが有力になったとき、イチャソ監督は「まったくの別人じゃないか」と思ったという。実際、ブラットはニューヨークの裏路地よりも太陽が輝く西海岸が似合いそうな好青年だった。イチャソ監督は正直な気持ちを本人に伝えたが、ブラットはこの役を強く希望した。彼は見事にピニェロを演じ、アルマ賞(アメリカの映画、テレビ、音楽界で活躍するラテン系アメリカ人を讃える賞)の主演男優賞を受賞した[9]

エグゼクティブ・プロデューサーを務めるジョン・レグイザモは、テレビシリーズ「特捜刑事マイアミ・バイス」でピニェロが演じる麻薬王カルデロンの息子役を演じていた。

逸話[編集]

  • 1981年頃、レオン・イチャソ監督がニューヨークのセントラル・パークで友人とマリファナを吸っていると、茂みの中から体中を蚊に刺された男が現れた。金を脅し取られるかもしれないと思い怯えていると、彼はほんの少し言葉を交わして去っていった。その男はミゲル・ピニェロだった。
  • 映画「ピニェロ」で母親役を演じたリタ・モレノは、その27年前にリバーサイド教会で公演された「ショートアイズ」を鑑賞していた。
  • イチャソ監督によれば「特捜刑事マイアミ・バイス」の撮影現場にミゲルがやってきた日の夜、衣装道具の部屋から100足あまりの靴が消えた。真相は分かっていない。
  • ジェリコ・マイル/獄中のランナー 」(1979)の撮影でロケ地となったフォルサム刑務所を訪れたときは、当時大人気だった主演のピーター・ストラウスを差し置いてほとんどの囚人がミゲルに会いたがっていた[10]
  • 2006年の映画「マイアミ・バイス」のストーリー構成は、テレビシリーズでミゲルが脚本を担当したシーズン1・第15話「運び屋のブルース」”Smuggler's Blues”がベースとなっている。

フィルモグラフィ、舞台活動[編集]

映画[編集]

公開年 邦題

原題

役名 備考
1974 Sing Sing Thanksgiving 本人 ドキュメンタリー
1977 Looking Up Mugger
Short Eyes Go-Go
1979 ジェリコ・マイル/獄中のランナー
The Jericho mile
ルビオ テレビ映画      
The Streets of L.A. 2nd Duster テレビ映画
1980 タイムズ・スクエア
Times Square
ロベルト
1981 アパッチ砦・ブロンクス
Fort Apache, The Bronx
ヘルナンド
See China and Die Gonzalez テレビ映画
1983 愛と死の天使
Exposed
通りに立つ男
ブレスレス
Breathless
カリート
世紀の取り引き
Deal of the Century
モリノ
1984 アルファベット・シティ/麻薬マーケットに挑戦する若きウルフ
Alphabet City
ディーラー
1985 Almost You Ralph
1986 D.C. Cops Pablo テレビ映画

テレビ番組[編集]

放映年 邦題

原題

役名 備考
1974 マイク・ダグラス・ショー
The Mike Douglas Show
本人 ゲスト
1975 New York, New York 本人 1エピソード
1977 刑事コジャック
Kojack
ルディ 1エピソード
刑事バレッタ
Baretta
ヴァルデス 1エピソード
1984

1985

特捜刑事マイアミ・バイス
Miami Vice
エステバン・カルデロン  シーズン1「宿敵カルデロン」

エステバン・リベラ シーズン2「ニューヨーク・コネクション」

2エピソード
1985

1986

ザ・シークレット・ハンター
Equalizer
アパートの管理人

ドランク

2エピソード

脚本その他[編集]

放映年 邦題

原題

エピソード 備考
1977 Short Eyes 映画の脚本
1977

1978

刑事バレッタ
Baretta
Por Nada

The Gadjo(原作)

テレビドラマの脚本、原作
1985

1988

特捜刑事マイアミ・バイス
Miami Vice
シーズン1「運び屋のブルース」

シーズン4「ソニー絶体絶命!! ヒーローを襲った銃弾!」

テレビドラマの脚本

舞台[編集]

原題 備考
1973 All Junkies
Straight from the Ghetto
1974 Short Eyes
Sideshow
1976 The Guntower
The Sun Always Shines for the Cool
1977 Eulogy for a Small Time Thief
1979 Paper Toilet
Cold Beer
1980 NuYorican Nights at the Stanton Street Social Club
Playland Blues
1981 Midnight Moon at the Greasy Spoon

賞とノミネート[編集]

参考文献[編集]

  • ショートアイズ 、1975年。 ニューヨーク:丘と王。 ISBN 0-8090-8659-X およびISBN 0-8090-1232-4 (ペーパーバック)
  • La Bodega Sold Dreams 、1985。 ヒューストン:ArtePúblicoPress。 ISBN 0-934770-02-6 ISBN   0-934770-02-6
  • 太陽はいつも涼しさのために輝いています。油っこいスプーンの真夜中の月。ちょっとした泥棒のための追悼 、1984年。 ヒューストン :ArtePúblicoPress。 ISBN 0-934770-25-5 ISBN   0-934770-25-5
  • とんでもない:One Act Plays 、1986。 ヒューストン:ArtePúblicoPress。 ISBN 0-934770-68-9 ISBN   0-934770-68-9
  • Nuyorican Poetry:Anthology of Puerto Rican Words and Feelings (共同編集者、ミゲルアルガリンと共著)

出典[編集]

  1. ^ Miguel Pinero - Poems by the Famous Poet - All Poetry”. allpoetry.com. 2020年1月31日閲覧。
  2. ^ Beinecke Rare Books and Manuscript Library”. brbl-archive.library.yale.edu. 2020年2月5日閲覧。
  3. ^ Andy 7 (2015年2月28日). “Out Demons Out!: Now Playing ABSOLUTELY FREE on You Tube - Jailhouse Edition”. Out Demons Out!. 2020年2月6日閲覧。
  4. ^ Needle, Chael. “Martin Wong: Artist | A&U Magazine” (英語). 2020年2月2日閲覧。
  5. ^ “Nuyorican Poets Café” (英語). Wikipedia. (2019-12-24). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Nuyorican_Poets_Caf%C3%A9&oldid=932308353. 
  6. ^ Nuyorican Poets Cafe” (英語). Nuyorican Poets Cafe. 2020年2月5日閲覧。
  7. ^ “Miguel Piñero” (英語). Wikipedia. (2019-12-19). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Miguel_Pi%C3%B1ero&oldid=931486158. 
  8. ^ What does short-eyes mean? short-eyes Definition. Meaning of short-eyes. OnlineSlangDictionary.com”. onlineslangdictionary.com. 2020年1月31日閲覧。
  9. ^ “Benjamin Bratt” (英語). Wikipedia. (2020-01-22). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Benjamin_Bratt&oldid=936994789. 
  10. ^ “The Jericho Mile” (英語). Wikipedia. (2019-09-29). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=The_Jericho_Mile&oldid=918537005. 

参考文献[編集]

  • ロジャー・S・プラチスキー。 「ミゲルピニェロのショートアイズのヒューマンビジョン」 アメリカ大陸のレビュー。 19。 1991年春。pp。   83–91。 アリエル・ルイス。