ミサイル艇2号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミサイル艇2号
PG2.JPG
基本情報
建造所 住友重機械工業追浜造船所浦賀工場
運用者  海上自衛隊
艦種 ミサイル艇
級名 1号型ミサイル艇
艦歴
計画 平成2年度計画
発注 1990年
起工 1991年3月25日
進水 1992年7月17日
就役 1993年3月22日
除籍 2008年6月6日
要目
排水量 基準 50トン
満載 60トン
全長 21.8mm(水中翼降下時)
最大幅 7.0m(水中翼除く)
深さ 3.5m
吃水 1.4m
機関 翼走用推進ウォータージェット1軸推進、石川島播磨重工業LM500 ガスタービンエンジン(4,000PS)× 1基
艇走用推進:スクリュープロペラ1軸推進、いすゞマリン製造製6BD1TC ディーゼルエンジン(130PS)× 1基
速力 46ノット
乗員 11名
兵装 JM61-RFS 20mm機関砲 × 1門
90式SSM 連装発射筒 × 2基
C4ISTAR 海軍戦術情報システム
(OYQ-8+リンク 11)
レーダー OPS-18 対水上 × 1基
OPS-20 航海用 × 1基
電子戦
対抗手段
NOLR-9 ESM装置 × 1式
Mk.137 デコイ発射機 × 2基
テンプレートを表示

ミサイル艇2号ローマ字JMSDF PG NO.2, PG-822)は、海上自衛隊ミサイル艇1号型ミサイル艇の2番艇。

艦歴[編集]

「ミサイル艇2号」は、平成2年度計画ミサイル艇822号艇として、住友重機械工業追浜造船所浦賀工場で1991年3月25日に起工され、1992年7月17日に進水、1993年3月22日に就役し、同日付で大湊地方隊余市防備隊隷下に新編された第1ミサイル艇隊に編入された。

2008年6月6日に除籍。

登場作品[編集]

WarTunder[編集]

日本機体ツリーにて課金機体(PG 02)として登場。

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 海上自衛隊木造掃海艇建造史』(海人社、2010年)

関連項目[編集]