ミシェル・デル・ザカリアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミシェル・デル・ザカリアン Football pictogram.svg
Michel Der Zakarian.jpg
名前
ラテン文字 Michel Der Zakarian
アルメニア文字 Միքայել Տեր–Զաքարյան
基本情報
国籍 アルメニアの旗 アルメニア
フランスの旗 フランス
生年月日 (1963-02-18) 1963年2月18日(56歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 エレバン
身長 180cm
体重 kg
選手情報
ポジション DF
利き足 左足
ユース
1969-1974 フランスの旗 ヴィヴォー・マロニエ
1974-1979 フランスの旗 ASマザルグ
1979-1980 フランスの旗 ナント
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1980-1988 フランスの旗 ナント 141 (1)
1988-1997 フランスの旗 モンペリエ 233 (15)
通算 374 (16)
代表歴
1980-1981 フランスの旗 フランス U-18
1996-1997 アルメニアの旗 アルメニア 5 (0)
監督歴
1998-1999 フランスの旗 モンペリエC
1999-2000 フランスの旗 モンペリエB
2001-2006 フランスの旗 モンペリエB
2006 フランスの旗 ナントB
2006-2007 フランスの旗 ナント (アシスタント)
2007-2008 フランスの旗 ナント
2009-2012 フランスの旗 クレルモン・フット
2012-2016 フランスの旗 ナント
2016-2017 フランスの旗 ランス
2017- フランスの旗 モンペリエ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ミシェル・デル・ザカリアンアルメニア語: Միքայել Տեր–Զաքարյան, ラテン文字転写: Michel Der Zakarian, 1963年2月18日 - )は、ソビエト連邦 (現アルメニア)・エレバン出身の元サッカー選手、元アルメニア代表、現サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー。現在はリーグ・アンモンペリエHSCの監督を務めている。

現役時代は、ディヴィジオン・アン (フランス1部)のFCナントでプロキャリアを開始し、主にセンターバックを務め、1983年にリーグ優勝を経験。その後、モンペリエHSCに所属した。代表では、育成年代でフランス代表、A代表で1996年からアルメニア代表としてプレーした。

指導者としては、モンペリエの下部組織でキャリアを開始し、ナント、クレルモン・フットを率いた後、2012-13シーズンから再びナントを指揮している。

経歴[編集]

現役時代[編集]

クラブ[編集]

ナント

トルコ生まれでフランス育ちの父、ギリシャ生まれでアルメニア育ちの母の下、ソビエト連邦エレバンに生まれるたデル・ザカリアンは、2歳の時に、父が育ったマルセイユに一家で移住[1]し、地元のヴィヴォー・マロニエ (Vivaux Maronniers)、マザルグAS (Mazargues AS)でサッカーを始める[2]。マザルグで1977年にリーグ・ドゥ・ラ・メディララネを獲得する活躍等から、1979年にはFCナントへ引きぬかれると、1980年にリザーブチームでセス・アドンコールとコンビを組んでディヴィジオン3優勝に貢献し、更に1981-82シーズンにはパトリス・リオ英語版が負傷した影響によってマキシム・ボシスとコンビを組み、トップチームで公式戦18試合に出場、翌1982-83シーズンはリーグ優勝を経験した。

リオの移籍、アドンコールの逝去によって、1984-85シーズンから定位置を確保し、翌1985-86シーズンはリーグ戦準優勝に貢献。また、同シーズンのUEFAカップ1985-86では準々決勝まで進出しており、FCインテルナツィオナーレ・ミラノとの準決勝第2戦で得点を挙げたが、退場し、チームは敗退している[3]。ナントで9シーズンに渡ってプレーした後、1988年にモンペリエHSCへ移籍した。

モンペリエ

モンペリエHSCでは、移籍1季目の1988-89シーズンにすぐさま定位置を確保し、ジュリオ・セザールとコンビを組んでいた[4]が、1989-90シーズンにはローラン・ブランの存在から控えにまわることが多くなり[4]、優勝を果たしたクープ・ドゥ・フランスの決勝戦は未出場だった。翌1990-91シーズンは、移籍したジュリオ・セザルの後釜争いをジャン=マヌエル・テティス英語版と繰り広げながら、リーグ戦20試合、UEFAカップウィナーズカップ 1990-91に3試合出場。オールド・トラッフォードで行われた準決勝のマンチェスター・ユナイテッドFC戦において、膝の靭帯を損傷したにもかかわらず、交代を拒否している。

ブラン移籍後は主将を引き継ぎ、アンジェSCOを3-1で降してクープ・ドゥ・ラ・リーグ優勝に貢献。1994年には、クープ・ドゥ・フランスとクープ・ドゥ・ラ・リーグの2つのカップ戦において決勝戦に到達したが、AJオセールRCランスに阻まれ準優勝に終わる。翌1994-95シーズンはリーグ戦で17位と低迷した。1995-96シーズンはリーグ戦6位と復調したが、クープ・ドゥ・フランス準決勝において、当時ナショナル (3部)所属のニーム・オリンピック相手に敗退した。1996-97シーズンは、相次ぐ負傷によって3試合の出場に制限され、シーズン中に現役引退した。

代表[編集]

幼少期にフランスへ移住し、市民権を得ていた[1]ことで育成年代はフランス代表としてプレー[5]し、1980年と1981年の2年連続でUEFA U-18欧州選手権に出場しており、後者ではスペインPK戦の末に降して3位となった[6]

A代表としては、1996年から1997年の間に自身のルーツであるアルメニア代表でプレー[1]し、1996年8月に1998 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ポルトガル戦で初出場を飾り[5]、以来5試合に出場した。

指導者時代[編集]

現役引退後は、まず、モンペリエHSCでテクニカル・スタッフとなり、その後に同クラブのCチームの監督に就任し、翌年にはフランスアマチュア選手権 (4部)に所属するBチームを担当した[7]。2000年にはトップチームのアシスタントを務め、2001年から2006年まで再びBチームを率いた。

ナント[編集]

2006年7月にFCナントのBチームの監督として古巣に復帰すると、10月にはセルジュ・ル・ディゼ英語版監督からジェルジュ・イオ英語版監督に交代した際、トップチームのアシスタントに就任[8]し、2007年2月12日からは、スポーツ・ディレクターを務めるヤフェット・エンドラムと共同監督となった[9]。チームはリーグ・ドゥ (2部)へ降格したにもかかわらず、クラブ首脳陣の評価は悪くなかった為に続投となったが、オーナー交代に伴って自身の進退に暗雲が垂れ込めており[10]、最終的にリーグ2位でリーグ・アンへ復帰し、2008-09シーズンも続投する中、2008年8月26日に解任となった[11]

クレルモン・フット[編集]

2009年6月1日にディディエ・オッレ=ニコル英語版監督の後釜として、リーグ・ドゥ (2部)のクレルモン・フットの監督に就任する[12]。クレルモン・フットを率いた3季の間では、2009-10シーズン及び2011-12シーズンに昇格まで迫っていたが、前者では最終日にACアルル=アヴィニョンに敗北して6位でシーズンを終え、後者では勝ち点58の5位に終わる。なお、2011-12シーズンはトロフェ・UNFP・デュ・フットボールの最優秀監督賞にノミネートされ[13]フランス・フットボール誌の方では受賞した[14]

ナント復帰[編集]

2012年6月1日にランドリー・ショーヴァン英語版監督の後釜として、ナントに復帰[15]。就任1季目に3位での昇格へ導き、再び最優秀監督に選出される[16] (トロフェ・UNFP・デュ・フットボールはノミネート[17])手腕でリーグ・アン昇格に導くと、昇格1季目の2013-14シーズン英語版は13位で終了した。

個人成績[編集]

クラブでの成績[編集]

出典:[18][19]

所属クラブ シーズン リーグ カップ 欧州カップ 合計
所属リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ナント 1981-82 ディヴィジオン・アン 15 0 1 0 2[a] 0 18 0
1982-83 1 0 1 0 - 2 0
1983-84 3 0 2 0 - 5 0
1984-85 34 0 7 0 - 41 0
1985-86 36 0 1 0 8[b] 1 45 0
1986-87 31 0 0 0 - 31 0
1987-88 21 1 3 0 - 24 1
合計 141 1 15 0 10 1 166 2
モンペリエ 1988-89 ディヴィジオン・アン 32 0 2 0 - 34 0
1989-90 24 0 2 0 - 26 0
1990-91 20 0 0 0 3[c] 0 23 0
1991-92 32 2 2 0 - 34 2
1992-93 32 2 4 1 - 36 3
1993-94 31 3 5 0 - 36 3
1994-95 33 3 7 0 - 40 3
1995-96 26 5 5 0 - 31 5
1996-97 3 0 - - 3 0
合計 233 15 27 1 3 0 263 16
キャリア通算成績 374 16 42 1 13 1 429 18

代表での成績[編集]

出典:[20]

アルメニア代表
出場 得点
1996 2 0
1997 3 0
Total 5 0

監督としての成績[編集]

出典:[18]

クラブ 就任 退任 記録
試合 勝ち 分け 負け 勝率 %
FCナント フランスの旗 2006年2月 2008年8月 55 22 19 14 040.00
クレルモン・フット フランスの旗 2009年 2012年 124 47 38 39 037.90
FCナント フランスの旗 2012年 2016年 171 65 47 59 038.01
スタッド・ランス フランスの旗 2016年 2017年 40 14 13 13 035.00
モンペリエHSC フランスの旗 2017年

獲得タイトル[編集]

現役時代[編集]

クラブ

FCナント

モンペリエHSC

指導者時代[編集]

個人

フランス・フットボール誌選定リーグ・ドゥ年間最優秀監督賞 : 2011-12[14], 2012-13[16]

脚注[編集]