ミシェル・ド・モンテーニュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミシェル・エケム・ド・モンテーニュ
Michel Eyquem de Montaigne
モンテーニュ
生誕 1533年2月28日
フランス王国ペリゴールモンテーニュ城フランス語版
死没 1592年9月13日(1592-09-13)(59歳)
フランス王国ペリゴール・モンテーニュ城
署名
テンプレートを表示
モンテーニュ城、2009年撮影

ミシェル(・エイケム)・ド・モンテーニュ(Michel Eyquem de Montaigne [miʃɛl ekɛm də mɔ̃tɛɲ], 1533年2月28日 - 1592年9月13日)は、16世紀ルネサンス期のフランスを代表する哲学者モラリスト懐疑論者、人文主義者。現実の人間を洞察し人間の生き方を探求して綴り続けた主著『エセー』は、フランスのみならず、各国に影響を与えた。

略歴[編集]

ペリゴール地方の、ボルドーに近いモンテーニュ城フランス語版で生まれた。実家は商業を営み富裕であった。父方の曾祖父ラモン・エイケムはモンテーニュの地を買取り、貴族に成り上がった。父は政治に熱心でボルドーの市長を務めたことがある。母方はセファルディム(スペイン系ユダヤ人)の家系であった[1]

ミシェルは6歳になるまで家庭教師のもと専らラテン語を用いて育てられた。ラテン語は当時の学問に必須の知識であったとはいえ、このような教育法は特異であった。

トゥールーズで法学を学び、フランスの法官になった。1557年、ボルドーの高等法院(パルルマン)に務めていたときに、人文主義者エティエンヌ・ド・ラ・ボエシと親しくなった。エティエンヌは1563年に死去したため、モンテーニュは深い悲しみに沈んだ。1565年に結婚。6人の娘が生まれたが、そのうち成人したのは1人である。1568年、父の死によりモンテーニュ城を相続した。1570年、37歳で法官を辞任して故郷に戻り、やがて『エセー(随想録)』の執筆を始めた。

法官辞任後、カトリックシャルル9世アンリ3世から侍従(非常勤職)に任ぜられる一方、1577年にはプロテスタントのナヴァール公アンリ(アンリ4世)の侍従にも任ぜられた(アンリは即位前の1584年1587年にモンテーニュの城館を訪れたことがある)。フランス宗教戦争(1562-1598年)の時代にあって、モンテーニュ自身はローマ・カトリックの立場であったが、プロテスタントにも人脈を持ち、穏健派として両派の融和に努めた。

主著『エセー』(随想録)Essais1580年に刊行した(初版、2巻本)。

1580年から1581年にかけてモンテーニュはフランス、ドイツオーストリアスイスを経てイタリアに旅した。この際のさまざまなエピソードや都市ごとの宗教的な違いを詳細に記した原稿がモンテーニュの死後に見つかり、1774年に『旅日記Journal de voyage』 という題名で出版された。

1581年、イタリアに滞在中、ボルドーの市長に選出されたことを聞き、帰還して1585年まで(2期)務め、カトリックとプロテスタントの仲介に努めた。任期の終わり頃から、ボルドーではペストが流行し、モンテーニュもペストを避けて他所に逃れた(1586-1587年)。

モンテーニュは、アンリ4世即位後の1590年、顧問になるよう要請されたが、辞退した。1592年に死去するまで『エセー』の加筆と改訂を続けた。

エセー[編集]

『エセー』(随想録)Essais は、フランスのモラリスト文学の基礎を築いたとも評される、モンテーニュの主著である。法官辞任後、1572年以降に執筆をはじめ、1580年にボルドーで刊行された(初版、2巻本)。1582年に再版され、続いての出版は、1587年にパリルーアンであった。その後、1588年に第3巻及び初版(2巻)への大幅な加筆を行い刊行した(1588年版という)。以後は新版の出版のために執筆活動をつづけ、晩年も死去の直前まで本の余白に書き込みを行っており、この書き込みも含めて定本とされている。彼の死後1595年、マリ・ド・グネルとピエール・ド・プラクは大きく改訂した新版を出した[2]

エセーの意味は<試み>である。体系的な哲学書ではなく、自分自身の経験や古典の引用を元にした考察を語っている。宗教戦争の狂乱の時代の中で、寛容の精神に立ち、正義を振りかざす者に懐疑の目を向けた。プラトンアリストテレスプルタルコスセネカなど古典古代の文献からの引用が多く、聖書からの引用はほとんどない点が特徴的である。17世紀デカルトパスカルにも多大な影響を与え、後には無神論の書として禁書とされた(1676年)。

20世紀ドイツ出身の文献学者のアウエルバッハは、著書『ミメーシス』で、『エセー』が初めて人間の生活、自分の生活を近代的な意味で問題にした本であるとした[3]

主な訳書[編集]

  • 『エセー』(全7巻、宮下志朗訳、白水社、2005年~2016年)
    他に 『モンテーニュ エセー抄』(宮下志朗編訳、みすず書房〈大人の本棚〉、2003年、新装版2017年)
  • 『エセー I 人間とはなにか』、『II 思考と表現』 、『III 社会と世界』(荒木昭太郎訳、中公クラシックス、2002-2003年)
    旧版『世界文学全集5 モンテーニュ』(講談社)、『世界の名著19 モンテーニュ』(中央公論社)。各・編訳版 
  • 『エセー』(全6巻、原二郎訳、岩波文庫)ワイド版も刊行。
    他に 『世界古典文学全集 37・38』 、『筑摩世界文学大系 13・14』 筑摩書房
  • 『モンテーニュ全集』(全9巻、関根秀雄訳、白水社、新装版1983年)
    第1~7巻「随想録」、8巻「旅日記」、9巻「書簡集」
    • 『モンテーニュ 随想録』(全1巻、関根秀雄訳、国書刊行会、2014年)
    • 改訂版 『モンテーニュ旅日記』(斎藤広信共訳、白水社、1992年)
  • 『モンテーニュ 随想録』 松浪信三郎訳(河出書房新社(上・下)、1966年)、新装版刊

関連書籍[編集]

  • 荒木昭太郎『モンテーニュ 初代エッセイストの問いかけ』 中公新書、2000年
  • 荒木昭太郎『モンテーニュとの対話』 春秋社、2007年
  • 荒木昭太郎『モンテーニュ遠近』 大修館書店、1987年
  • マイケル・スクリーチ 『モンテーニュとメランコリー エセーの英知』
    荒木昭太郎訳、みすず書房、1996年、著者はタイモン・スクリーチの父。
  • ロベール・オーロットフランス語版『モンテーニュとエセー』 荒木昭太郎訳、白水社文庫クセジュ〉、1992年
  • 保苅瑞穂『モンテーニュ私記 よく生き、よく死ぬために』 筑摩書房、2003年/講談社学術文庫、2015年
  • 保苅瑞穂『モンテーニュの書斎 『エセー』を読む』 講談社、2017年 
  • 大久保康明『モンテーニュ 人と思想』 清水書院(新書判)、2007年、新装版2016年
  • ピーター・バーク 『モンテーニュ』 小笠原弘親・宇羽野明子訳、晃洋書房、2001年
  • ジャン・スタロバンスキー『モンテーニュは動く』 早水洋太郎訳、みすず書房、1993年
  • イヴォンヌ・ベランジェ『モンテーニュ 精神のための祝祭』 高田勇訳、白水社、1993年
  • アントワーヌ・コンパニョンフランス語版『寝るまえ5分のモンテーニュ 「エセー」入門』 山上浩嗣・宮下志朗訳、白水社、2014年
  • 斎藤広信『旅するモンテーニュ 十六世紀ヨーロッパ紀行』法政大学出版局、2012年
  • 堀田善衞 『ミシェル 城館の人』 集英社、1991-1994年/集英社文庫、2004年
    • 「第一部 争乱の時代」、「第二部 自然 理性 運命」、「第三部 精神の祝祭」 

脚注[編集]

  1. ^ 『世界の名著 モンテーニュ』(中央公論社)p8。母方の祖父は15世紀末、スペインでのユダヤ人迫害を逃れてフランスに移住した。
  2. ^ フランソワ・トレモリエール、カトリーヌ・リシ編著、樺山紘一日本語版監修『ラルース 図説 世界史人物百科』Ⅱ ルネサンス-啓蒙時代(原書房、2004年)p177。
  3. ^ エーリヒ・アウエルバッハ『ミメーシス』、「(下) 第12章 人間の本性」より(篠田一士川村二郎訳(ちくま学芸文庫、1994年)