ミスター林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ミスター林
プロフィール
リングネーム ミスター林
本名 林 幸一
身長 176cm
体重 98kg
誕生日 (1941-05-17) 1941年5月17日
死亡日 (1999-11-04) 1999年11月4日(58歳没)
出身地 東京都江東区
スポーツ歴 大相撲
テンプレートを表示

ミスター林(ミスターはやし、1942年5月17日 - 1999年11月4日)は、日本の元プロレスラー、元レフェリー。本名:林 幸一(はやし こういち)。一時期リングネームとして林牛之助とも名乗った。東京都江東区出身。

略歴[編集]

1958年大相撲追手風部屋に入門。同期入門に上田馬之助がいる。のち間垣親方の独立にともない、間垣部屋に移籍。

1959年に力士を廃業して日本プロレスに入門。1973年の日本プロレス崩壊直前に海外武者修行へ出発して修行先で日本プロレス崩壊を迎える。1976年に帰国して全日本プロレスに入団。一貫して前座暮らしであったが、コミカルなファイトで人気者であった。1979年には全日本プロレス所属としてプロレス夢のオールスター戦にも出場している(ただし全日本・新日本プロレス国際プロレスの中堅若手15人によるバトルロイヤル)。

1982年に現役を引退した後は全日本プロレスのレフェリーとなり、ジョー樋口に次ぐ2番手のポジションに入った。1983年にはリック・フレアーVSザ・グレート・カブキNWA世界ヘビー級王座戦も裁いているが、1986年の「'86チャンピオン・カーニバル」開幕戦後楽園ホール大会をもって全日本プロレスを退団した。その後はジャパン女子プロレスに上がり、レフェリーを務めていた。口ヒゲや突き出た腹とギクシャクとした動きがレフェリーとしては特徴的であり、個性の一つでもあった。1999年11月4日に死去、58歳没。

現役時代の一時期、「林牛之助」というリングネームを名乗っていたが、これは「上田馬之助」「高崎山猿吉」「大熊熊五郎」など、選手に変わったリングネームを付けるのが趣味だった豊登道春に命名されたものである。

得意技[編集]

関連項目[編集]