ミスター梅介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ミスター梅介(ミスターうめすけ、1944年6月2日 - )は、日本漫談家、タレント。本名は岡崎勝一。東京都出身。事務所所属はせず、フリーで活動。主に浅草などの演芸場に出演する。  

略歴[編集]

父は歌舞伎立て三味線の杵屋六里郎だが、知ったのは父の死後に遺産問題が発生した30歳過ぎのことである。成蹊大学法学部卒業。三菱商事系の貿易会社の営業マンとして13年勤務していた。旧司法試験に何度もチャレンジし、短答試験と旧口述試験には合格するも、論文試験に受からなかった[1]

会社を退職後、35歳のときに『お笑いスター誕生!!』に出演、金賞を獲得。法律漫談で人気を得る。伊藤塾の立ち上げに参画しており、現在も客員講師を務めている。ウィスコンシン大学ロースクール聴講生として合衆国憲法刑法を学んだ経験もある。

2009年7月18日、げんしじん事務所主催「なかの発!一分ネタ王座決定戦」に出場し、4位になる。若手が多数出場するお笑いの大会に、出場資格の制限がないとはいえ、ベテラン芸人が出場し、しかも上位に入るケースは極めて珍しい。

芸風[編集]

法律書の文言と実際の運用との乖離の矛盾をついたナンセンスだが考えさせられる法律漫談を披露する(法律初心者にもわかりやすく条文についての説明もする)。舞台に上がるときは六法全書を持ち、法服を着ることがある。

現在は英語を交えた小噺風の漫談をしている。またギターを弾き、歌うこともある。

エピソード[編集]

過去にテレビインタビューで、離婚した妻と民事裁判でテレビの所有権をめぐり、本人訴訟をしたことがある。ちなみにテレビの価格は数万円程。訴訟理由は、自分で買ったテレビを、元妻に勝手に持って行かれた事からである。なお判決の結果、完全勝訴してテレビを取り戻している。後のインタビューで、「裁判は弁護士がいなくても出来ます」と語った。

著書[編集]

  • 『おとこの法律大作戦』(英知出版
  • 『ミスター梅介のおもしろ雑学法律相談』(桃園新書)
  • 『ガッツな悪知恵』(KKベストセラーズ

参考[編集]

脚注[編集]