ミステリーボニータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ミステリーボニータ
ジャンル 漫画雑誌
刊行頻度 月刊(毎月6日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 600円
出版社 秋田書店
雑誌名コード 18439
刊行期間 1988年5月 -
ウェブサイト http://www.akitashoten.co.jp/bonita
テンプレートを表示

ミステリーボニータ』は、秋田書店が発行している月刊少女漫画雑誌。発売日は前月6日だが、都合により5日(或いは4日)に発売されることもある。

概要[編集]

1988年5月、『ボニータ』の派生誌として創刊された。主にホラーミステリーアクションファンタジー歴史時代物SFなどの長編作品を掲載。1996年に『ボニータ』が休刊となった際に同誌の連載作品を引き継いだため、本来の雑誌のカラーだったホラーミステリーに加えて多彩なジャンルの作品が連載されることとなった。

2013年4月号よりリニューアルを敢行し、『九 neuntote』、『パレードはどこへ行くの?』、『クジラの子らは砂上に歌う』、『アンの世界地図〜It’s a small world〜』など新連載を順次開始。この他、ロゴの変更やページ増など誌面改革を実施しており、他社の少女誌で活躍する結賀さとる、奈々巻かなこ、吟鳥子、白井弓子などの起用も増えている。 宝島社の漫画紹介ムックこのマンガがすごい!』2015年版オンナ編において、『クジラの子らは砂上に歌う』が第10位、『パレードはどこへ行くの?』が第47位にランクインした。

2016年、長岡良子と九条タカオミのこれまでの作品は絶版になったため、HPのデータからコミックスの情報が削除された。

2018年、「プリンセスGOLD」の電子書籍専売に伴い、『ケルン市警オド』が6月特大号、『白妖(びゃくよう)の娘』が7月特大号より移籍。

2019年、「Unlimited」「群青のアンサンブル」「写楽心中」を10月号よりコミックスと同じタイトルに改題した。

2020年1月号より再びリニューアルが行われた。誌名のロゴと表紙デザインを一新し、よりミステリー作品に特化した誌面を展開する。希望賞品の画像が掲載された折りたたみのページが無くなり、アンケートのページに賞品の名称だけが記載されている。また、2号連続で『9番目のムサシ』が表紙を飾る1月号・2月号を並べると1枚の絵となり、新連載開始記念企画の2月号の特別付録として創刊以来初の卓上「ムサシ名場面」カレンダーの表紙絵となっている。

『プリンセスGOLD』が2020年1月16日配信の2月号で休刊となったため、2020年4月号より『やじきた学園道中記F(ファイナル)』の移籍新連載がスタートした。

2020年9月特大号よりコバルト文庫炎の蜃気楼(ミラージュ)』原作第2巻「緋(あか)の残影」のコミカライズ連載『炎の蜃気楼R(リブート)』が開始された[1]

作品により連載間隔が異なっており、毎号に全ての連載作品が掲載される訳ではない。

現在連載中の作品[編集]

休載中の作品[編集]

過去の掲載作品[編集]

以下のリストは作者別の五十音順による記載。

  • サブリック - 高倉くんには難しい[19](原作:一條マサヒデ)
  • 潮見知佳 - KEY JACK、KEY JACK TEENAGE EDITION、KEY JACK DEADLOCK、KEY JACK KEEP ALIVE
  • 高瀬理恵 - ヴィエンナ・コネクション
  • 高階良子 - 新マジシャン、幻想夜話シリーズ、-クロノス- 漆黒の神話、デスハウス–死の家–、モンスター殺人事件、よろず幻夜館[23]、妖(あや)しの森の幻夜館[24]、眠れる荊棘の… ネムレルイバラノ
  • 高橋美由紀 - 9番目のムサシ(※『きらら16』より移籍)、9番目のムサシ ミッション・ブルー、9番目のムサシ レッドスクランブル、9番目のムサシ サイレントブラック
  • 手代木史織 - キーリ
  • D・キッサン - 告別にはまだ早い
  • 遠野由来子 - 群青のアンサンブル → 群青のアンサンブル ~2年3組の生徒たち~
  • 東山むつき - 炎人、炎人 UNDERWORLD[25]
  • 松永江莉子 - オレは篠崎ハルカが嫌いだ、盗賊王子とアラビアの姫君
  • 幹本ヤエ - 十十虫は夢を見る
  • 室長サオリ - ひとっこひとり百鬼の里
  • 森山真臣乳 → 森山まみち - 銀のノルタルヂア-イーハトーブ幻想童話集-

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 原作者は桑原水菜、作画は前回「セリエミステリー」(白泉社)で連載された時と同じ浜田翔子
  2. ^ 不定期連載作品。旧シリーズで天界の強制送還を固辞し、愛する人間の青年・麻宮洋と共に地上で生きることを選んだ堕天使・本條聖(セイ)のその後を描く。
  3. ^ 6月特大号より移籍新連載を開始し、偶数月号に掲載する隔月連載。
  4. ^ プリンセスGOLDの休刊により、ミステリーボニータ2020年4月号より移籍新連載を開始。「用心棒編・又又」。ミステリーボニータからプリンセスGOLDに移籍したが、再び戻って来た。
  5. ^ 富士見L文庫「ぼんくら陰陽師の鬼嫁」のコミカライズ化
  6. ^ ミステリーボニータ2020年2月号より連載開始。不定期連載。
  7. ^ 角川ビーンズ文庫「後宮香妃物語」より
  8. ^ ミステリーボニータ2020年1月号よりスタート。不定期連載。
  9. ^ 様々な生き物を擬人化して描く読みきり連作、不定期。
  10. ^ ミステリーボニータ2018年5月号より連載開始。「クジラの子らは砂上に歌う」を元にした学園コメディ。
  11. ^ 梅田阿比の実妹
  12. ^ 「闇都市伝説」シリーズのコミックス第3巻に収録されている「見エナイフリ」「見エナイフリ2」が好評を博し、不定期連載になったスピンオフ作品。
  13. ^ ミステリーボニータ2016年8月号 - 2017年10月号、ミステリーボニータ2019年4月号~。
  14. ^ ミステリーボニータ2018年1月号 - 4月号、2019年10月号 - 12月号
  15. ^ ミステリーボニータ2012年12月号掲載の作品で、『クジラの子らは砂上に歌う』で100年以上前に帝国に滅ぼされた王国が存在していた頃の物語。『クジラの子らは砂上に歌う』のコミックス第7巻に収録された。
  16. ^ コミックスのタイトルは「かみがたり〜女陰陽師と房総の青鬼〜」である。
  17. ^ 当初は偶数月の飛び石連載だったが、その後、不定期連載になった。
  18. ^ 雑誌掲載の上では完結したが、売り上げが芳しくなかったことでコミックスは第1巻だけである。
  19. ^ プリンセスGOLD 2015年9月号の「少女漫画ギャグ&コメディ祭」で掲載された『ぶきっちょ係』(原作:一條マサヒデ 作画:サブ)が元であり、作品のタイトルと作画担当者の名前を改名して連載に移行した。当時の読み切りの再録(画像)と新連載の1話目の2本掲載の二部構成になっている。
  20. ^ ルウム復活暦1000年で終幕となった作者のデビュー作「辺境警備」より2年後の東方諸国を舞台にした物語。
  21. ^ 「神話」と「科学」が織り成す読み切り連作は、第5弾にて完結。
  22. ^ 判読性の悪さから改題された。
  23. ^ 『幻想夜話』(全2話)の第1話の主人公と物理的に分離した3人の副人格のその後を描いた作品。
  24. ^ 『よろず幻夜館』の続編。
  25. ^ 最終回直前まで掲載されたが、編集部とのトラブルが原因で事実上終了して未完。
  26. ^ 2017年7月号 - 2019年4月号まで連載。
  27. ^ 時折描かれていた「専門学校編」のシリーズ化作品。
  28. ^ 「パズルゲーム☆プレステージ」の最終話で脳梗塞で倒れた店長に代わり、輿水氏の提案で香月が店長代理を務めることになったミステール編。
  29. ^ 2020年5月2日正午頃、作者が虚血性心疾患により59歳で逝去。そのため、未完。追悼企画と共に第1話を『ミステリーボニータ』2020年8月号の付録に収録される。
  30. ^ 『ダークハンター 〜放課後のふたり〜』の続編。主役の2人が大学生になってからの物語。
  31. ^ 作者死亡により、未完。

関連項目[編集]