ミスフィッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ミスフィッツ
Misfits 2019.jpg
  • 2016年リユニオンツアー
  • Misfits Logo.png
  • バンドロゴ
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー州ローディ
ジャンル
活動期間
レーベル
公式サイト Misfits.com
メンバー
旧メンバー 別記参照

ミスフィッツThe Misfits)は、アメリカ合衆国出身のハードコアパンクバンド

アンダーグラウンドの域を出なかったが、スラッシュメタル時代の「メタリカ」メンバーらが見出し評価されたグループの一つ。ボーカリスト グレン・ダンジグを輩出したことでも知られる。

概要・略歴[編集]

バンド名[編集]

女優マリリン・モンローの遺作である映画『The Misfits』(邦題:荒馬と女)に由来[3]。グレン・ダンジグが、モンローの死を取り巻く噂に非常に興味を持っていた。

結成期(1977年 - 1983年)[編集]

バンドのシンボル骸骨「Crimson Ghost」

結成初期はグレン・ダンジグ(vo、piano)、ジェリー・オンリー(b)、マニー(ds)というギターレスの3人編成だったが、1978年には新ドラマーとギタリストを迎えて4人編成となり、1979年には彼等のシンボルとなる骸骨マーク「Crimson Ghost」や、髪の毛を真ん中に垂らしたトレードマーク“Devilock”が登場し、アイデンティティが確立された。その後、数度のメンバー・チェンジを経て、1980年に当時15歳だったジェリーの弟であるドイル(g)が加入、グレン、ジェリー、ドイルという黄金ラインナップが完成する。

1982年に記念すべき1stフル・アルバム「WALK AMOUNG US」、1983年に2nd「EARTH A.D./WOLFS BLOOD」を発表、しかしこの頃にはバンド間の不協和音が最高潮に達し、同年秋のハロウィン・ライヴを最後に解散した。

しかしその後、メタリカガンズ・アンド・ローゼズ等がカヴァーを行い、解散後のミスフィッツは再評価されていった。グレンはそんな中、自己のプロジェクト「ダンジグ」の作品で高セールスを記録する。

新生ミスフィッツ(1995年 - 2015年)[編集]

一方ジェリー&ドイルはミスフィッツの再興を目指そうとした中、MISFITSの名称権をグレンが個人で所有していた件が発覚。ここで両サイドが対立し、約10年間の裁判沙汰の末ジェリー&ドイルが勝訴。1995年に新ドラマーと新ヴォーカリストを迎えて再結成を果たし、1997年に3rdアルバム『American Psycho』を発売、翌年初来日も果たした。

その後ロードランナーに移籍、1999年8月7日には富士急ハイランドで行われたマリリン・マンソンのフェスティヴァル“ビューティフル・モンスターズ・ツアー”に参加した。しかし2001年をもってドイルが脱退し、ジェリー主導の体制に移る。

リユニオン以降(2016年 - 現在)[編集]

脱退後のドイルはグレンと和解し、2004年頃からダンジグのライブに客演するなど旧交を温めていた。そして2016年、ジェリーとも和解を果たしたグレンが33年ぶりに正式メンバーとして復帰し、離脱していたドイルも復帰した[4]

リユニオンツアーは2019年まで続き[5]、以降「当面は、オリジナル編成で活動する予定は無い」と示唆している[6]

メンバー[編集]

※2020年6月時点

現ラインナップ[編集]

旧メンバー[編集]

活動初期

  • ダイアン・ディピアッツァ (Diane DiPiazza) - ベース (1977)
  • ジミー・バトル (Jimmy Battle) - ギター (1977)

正式メンバー確定後

  • マニー・マルティネス (Manny Martínez) - ドラムス (1977)
  • フランチェ・コーマ (Frank Licata) - ギター (1977–1978)
  • ミスター・ジム (Jim Catania) - ドラムス (1978)
  • ボビー・スティール (Bobby Steele) - ギター (1978–1980)
  • ジョーイ・イメージ (Joey Poole) - ドラムス (1978–1979) ♰RIP 2020[7]
  • アーサー・グーギー (Joseph McGuckin) - ドラムス (1980–1982)
  • ロボ (Roberto Valverde) - ドラムス (1982–1983, 2005–2010)
  • ブライアン・イメージ (Brian Keats) - ドラムス (1983)
  • マイケル・グレイヴス (Michale Graves) - ボーカル (1995–2000)
  • ドクター・チャド (Dr. Chud) - ドラムス (1995–2000)
  • マーキー・ラモーン (Marky Ramone) - ドラムス (2001–2005)
  • デス・カディナ (Dez Cadena) - ギター (2001–2016)
  • エリック・アルセ (Eric "Goat" Arce) - ドラムス (2010–2016)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

スタジオアルバム

ライブアルバム

コンピレーション

  • Static Age1996年)- お蔵入りしていた1978年録音の未発表作品。完全版としてボックスセット『The Misfits』(1996年)に収録

ボックスセット[編集]

  • The Misfits(1996年)

脚注[編集]