ミス・ティーン・ジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミス・ティーン・ジャパン
Miss Teen Japan
イベントの種類 コンテスト
通称・略称 MTJ ミスティーンジャパン
正式名称 ミス・ティーン・ジャパン
開催時期 毎年9月 (決勝大会)
初回開催 2011年
会場 ニコファーレ(2011年 - 2015年)
特別協賛 株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド
協賛 株式会社サイバーエージェントAmeba
株式会社ディー・アップ
運営 MT JAPAN 株式会社

ミス・ティーン・ジャパンMiss Teen JapanMTJミスティーンジャパン)とは、2011年(平成23年)に始まった日本のミス・コンテスト

概要[編集]

ミス・ティーン・ジャパンは、世界三大ミスコンのひとつとして有名な、ミス・ユニバースの日本大会ミス・ユニバース・ジャパンの妹版大会として、またミス・ティーンUSAの姉妹大会として2011年(平成23年)から毎年開催されている。 (通常のコンテストと違い開催年の翌年が大会名称の頭に付く為、2014年9月に開催された大会は、「2015 ミス・ティーン・ジャパン」となっている。)

応募者の年齢条件が18歳以上26歳以下の「ミス・ユニバース・ジャパン」に対して、「ミス・ティーン・ジャパン」は13歳以上17歳以下を対象としており、書類審査、面接審査などを経て全国各都市で地方大会(2014年は北海道・東北・関東・中部・関西・中国・四国・九州・沖縄の9大会)が開催され、各大会で選ばれた数名ずつの代表が、ファイナリストとして東京で行われる決勝大会に進む。ミス・ユニバースは世界大会が開催されているが、ミス・ティーンの世界大会は現在のところない。

また大会アンバサダーは、初開催以降押切もえが務めており、ニコファーレで行われる決勝大会の様子は、ニコニコ動画で生放送が行われている。

歴代受賞者[編集]

  • 2012 ミス・ティーン・ジャパン(2011年)
  • 2014 ミス・ティーン・ジャパン(2013年)
    • グランプリ - 柚木美音
    • 準グランプリ - 山田百、志田音々
    • サマンサタバサ賞 - ユーイング玲杏
  • 2015 ミス・ティーン・ジャパン(2014年)
    • グランプリ - 坂本澪香
    • 準グランプリ - 岩本愛未、勝部陽咲子
    • サマンサタバサ賞 - 藤田音歌
  • 2016 ミス・ティーン・ジャパン(2015年)[1]
    • グランプリ - 東田真琴
    • 準グランプリ - 田中夢羽、櫻井花子
    • サマンサタバサ賞 - 斎野桃
  • 2017 ミス・ティーン・ジャパン(2016年)[2]
    • グランプリ - 糸瀬七葉
    • 準グランプリ - 小森澪菜
    • サマンサタバサ賞 - 時吉真子
  • 2018 ミス・ティーン・ジャパン(2017年)[3]
    • グランプリ - 佐藤梨紗子
    • 準グランプリ - 吉村梓穂
    • サマンサタバサ賞 - 田村友乃
  • 2019 ミス・ティーン・ジャパン(2018年)[4]
    • グランプリ - 宮部のぞみ
    • 準グランプリ - 林凛音
    • サマンサタバサ賞 - 丸山陽詩
  • 2020 ミス・ティーン・ジャパン(2019年)[5]
    • グランプリ - 酒井唯菜
    • 準グランプリ - 日野美羽
    • サマンサタバサ賞 - 池田紅杏

受賞者や決勝大会ファイナリストの中には、その後、モデルタレント女優などとしてスカウトされ、芸能界入りする者も多い。

出典[編集]

関連項目[編集]