ミス・ユニバース1993

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミス・ユニバース1993
{
ミス・ユニバース1993 ダヤナラ・トレス
開催日 1993年5月21日
司会者
会場 メキシコ
メキシコシティ
ナショナル・オーディトリアム
放送局 CBS (国際放送)
テレビアステカ (公式放送)
参加 79
セミファイナル 10
初参加
不参加
再参加
優勝者 ダヤナラ・トレス
 プエルトリコ
好感度部門 ジャミラ・ハルナ・ダンズル
 ガーナ
民族衣装部門 イネ・ベアテ・ストランド
 ノルウェー
フォトジェニック部門 エウヘニア・サンタナ
スペインの旗 スペイン

ミス・ユニバース1993(Miss Universe 1993、第42回ミス・ユニバース世界大会)は1993年5月21日メキシコメキシコシティナショナル・オーディトリアムで開催された。大会の最後にプエルトリコダヤナラ・トレスが優勝し、前年のタイトル保持者であるナミビアミッチェル・マクリーンからミス・ユニバースの栄冠を授けられた。[1]大会では79か国の代表が競った。日本からは志岐幸子が出場した。

これはディック・クラークが司会をした4度目で最後の大会であり、以前にミス・ユニバースで優勝したセシリア・ボロッコ1987年)とアンヘラ・フィッサー1989年)がカラーコメンテーターを務めた。[2]

これはメキシコで開催された3度目の大会であり、1991年にルピタ・ジョーンズがメキシコ初のミス・ユニバース優勝者になった2年後であった。最後のテレビ放送前の数週間、 参加者たちは公式行事と観光を兼ねてカンペチェ州オアハカ州サカテカス州ケレタロ州、メキシコシティのソチミルコ区を訪れた。[3]

メキシコ代表のアンジェリーナ・ゴンザレスがナショナル・コスチューム審査で10位以内に残れず、本選の10人のセミファイナリストにも残れなかったため、大会は観衆のブーイングで混乱した。[4]ブーイングは特にミス・ユニバース機構本部がある国、アメリカ代表のケニア・ムーアに向けられた。[1]審査員が紹介される間、特にメキシコの審査員ホセ・ルイス・クエバスミス・ユニバース1991優勝者ルピタ・ジョーンズが紹介された後に観衆のブーイングは高まった。観衆はその2人のせいでミス・メキシコが入賞出来なかったと見た。

その夜の最初の2つのイベント、水着審査とインタビュー審査の間ずっとブーイングは続いた。ナショナル・オーディトリアムの観衆はミッチェル・マクリーンと代表たちが『ゲット・オン・ユア・フィート』を歌い踊るミュージカル・ナンバーの後、やっと落ち着いた。[4]全会場のブーイングは止み、イブニングガウン審査、審査員の質問、最後の質問、戴冠式は大きな支障なく続けられた。[4]

最終結果[編集]

入賞者[編集]

最終結果 参加者
ミス・ユニバース1993
第2位
第3位
トップ6
トップ10

特別賞[編集]

  •  ガーナ - ミス・コンジニアリティ(ジャミラ・ハルナ・ダンズル)
  • スペインの旗 スペイン - ミス・フォトジェニック(エウヘニア・サンタナ)
  •  ノルウェー - ベスト・ナショナル・コスチューム(イネ・ベアテ・ストランド)

参考文献一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “Miss Puerto Rico crowned 1993 Miss Universe”. Reuters. (1993年5月22日) 
  2. ^ “1993 MISS UNIVERSE Pageant hosted by Dick Clark in Mexico City to be broadcast live, May 21, on CBS Television Network” (プレスリリース), Business Wire, (1993年4月20日) 
  3. ^ “Mexico to host Miss Universe pageant with emphasis on "smarts"”. Reuters. (1993年4月13日) 
  4. ^ a b c “Puerto Rican beauty is Miss Universe”. Straits Times. (1993年5月23日)