ミス・ユニバース2002

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミス・ユニバース2002
{
ミス・ユニバース2002、パナマのジャスティン・パセク
開催日 2002年5月29日
司会者
出演 マーク・アンソニー
会場 プエルトリコ
サンフアン
ロベルト・クレメンテ・コロシアム
放送局 CBS、CBSプエルトリコ
参加 75
セミファイナル 10
初参加
不参加
再参加
優勝者 ジャスティン・パセク
パナマの旗 パナマ
(昇格)
オクサーナ・フョードロワ
ロシアの旗 ロシア (剥奪)
好感度部門 マーリサ・ジョージ
アメリカ領ヴァージン諸島の旗 アメリカ領ヴァージン諸島
民族衣装部門 ヴァネッサ・メンドーサ
コロンビアの旗 コロンビア
フォトジェニック部門 アイシス・キャソルダック
プエルトリコの旗 プエルトリコ

ミス・ユニバース2002(Miss Universe 2002、第51回ミス・ユニバース世界大会)は2002年5月29日プエルトリコサンフアンロベルト・クレメンテ・コロシアムで開催された。この年は75か国の代表が競った。最後にロシアオクサーナ・フョードロワが優勝し、プエルトリコのデニス・キニョネスから後継者として栄冠を授けられた。日本からは千葉美苗が出場した。フョードロワは4か月後にタイトルを剥奪され[1]、第2位だったパナマジャスティン・パセクがミス・ユニバースに昇格した。

司会者が生中継で優勝者を発表する前に伝統的に読み上げる免責条項の中で、ミス・ユニバースが在位中に義務を果たせなくなった時は第2位の者が昇格するということが説明されるが、実際にそうなったのは大会史上初めてである。CBSがミス・ユニバース大会を放送したのはこれが最後であった。翌年のミス・ユニバース大会以後はNBCドナルド・トランプと共に大会の共同オーナーとなり、テレビ放送をするようになった。

最終結果[編集]

プエルトリコ・サンフアンのロベルト・クレメンテ・コロシアム
ミス・ユニバース2002の参加国・地域と最終結果

入賞者[編集]

最終結果 参加者
ミス・ユニバース2002
第2位
第3位
  • 中華人民共和国の旗 中国 – 卓霊(Zhuo Ling)
第4位
第5位
トップ10

特別賞[編集]

参考文献一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ New Miss Universe Crowned”. CNN (2002年9月24日). 2018年12月25日閲覧。