ミズマツバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ミズマツバ
Rotala pusilla.JPG
保全状態評価
絶滅危惧II環境省レッドリスト
Status jenv VU.png
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: フトモモ目 Myrtales
: ミソハギ科 Lythraceae
: キカシグサ属 Rotala
: ミズマツバ R. pusilla
学名
Rotala pusilla
シノニム
Rotala mexicana
和名
ミズマツバ

ミズマツバRotala pusilla)は、ミソハギ科キカシグサ属に分類される植物。アクアリウムに用いられる水草としても知られる。

目次

分布

日本東南アジア南アメリカアフリカに生息する[1]。日本では農薬の使用や土地利用の変化などが原因となって個体数が減少し、絶滅危惧種に指定されている[2]

形態、生態

水田湿地に生息する一年草[3]匍匐茎で伸長し、は直立または斜立する。葉は輪生し、長さは約1cm、幅約0.5cm[1]。茎の高さは5-10cm[3]。花は赤色で、葉腋につく。

利用

アクアリウムにおいて、水槽で栽培されることがある。また水田で発生した場合は、水田雑草としても扱われる。そのため水田では除草剤などで駆除されることもあるが、スルホニルウレア系の除草剤に抵抗性を持った個体も発見されている[3]

脚注

  1. ^ a b 吉野敏「世界の水草728種図鑑―アクアリウム&ビオトープ」p.150
  2. ^ 環境庁自然環境局野生生物課編『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物8 植物I(維管束植物)』 財団法人自然環境研究センター、2000年、ISBN 4-915959-71-6。
  3. ^ a b c 伊藤一幸、他(2008)「山口県の水田から見つかったスルホニルウレア抵抗性ミズマツバとアブノメ」日本作物學會紀事 77(別号2) pp.156-157

今日は何の日(11月13日

もっと見る