ミズ・パックマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミズ・パックマン
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード[AC]
Xbox 360Xbox Live Arcade
iPod(クイックホイール)
iPhone / iPod touch
iPad
開発元 バリー=ミッドウェイGeneral Computer Corporation
発売元 [AC]バリー=ミッドウェイ
ナムコネットワークアメリカ
人数 1人(交代制2人プレイ)
発売日 [AC]1981年
[360]2007年1月10日
[iPod]2007年2月28日
[iPhone]2008年7月
[iPad]2010年4月
テンプレートを表示

ミズ・パックマン英語: Ms. Pac-Man) は、1981年バリー=ミッドウェイよりアメリカで発売されたアーケードゲーム。当初はパックマンクローンゲームとしてリリースされた。のちにナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)の公認を受けており、日本でもナムコミュージアム等に収録されるようになったほか、ダウンロード販売もされている。

誕生のきっかけ[編集]

誕生プロセスが他のシリーズとかなり変わっている。これはマサチューセッツ工科大学の学生だったケビン・カランとダグ・マクレーがゼネラルコンピュータ社を創業、『ミサイルコマンド』の強化版亜流を勝手に作って儲けていた所、亜流を作られてしまったアタリが彼らと提携して正式にライセンス化した。

次いで彼らが作ったゲームがパックマンの強化版だった為、ライセンスの承認を申し出ると、ミッドウェイは「ゲーム内容やデザインを修正する権利を保持する」という条件付きでこれを承認[1]、正式なパックマンシリーズとして発売される運びとなり、パックマンを凌ぐ最大級のヒットとなった。アーケード版は日本では発売されなかったが派生的著作物となるとしてナムコも許諾している。

ゲーム内容[編集]

パックマンとの違い
  • プレイヤーキャラクターが赤いリボンとホクロ、口紅の付いたミズ・パックマンになった。
  • 色が異なる4種類の迷路となり、ワープトンネルが2セットとなった(薄いオレンジの迷路のみ1セット)。なお、4面以降はゴーストはここを通ってもスピードが落ちなくなったため、緊急避難通路としての役割が薄れた。
  • ゴーストだけが一方通行の制約を受ける特殊通路が廃止された。
  • ゴーストの行動パターンにランダムな要素が追加された。(主に縄張りターンのとき。縄張りはプレイするごとに毎回異なる。2体のゴーストが協力して1つの縄張りを守っている場合もある。)
  • オレンジ色ゴーストの名前が「クライド」ではなく「スー」。
  • コーヒーブレイクの内容が全く異なり、パックマンとの出会いや結婚、そしてパックジュニアの誕生秘話などのエピソードが流れる。デモアニメーションのパターンは3通り。
1. インキーに追われるパックマンとピンキーに追われるミズ・パックマンが出会い、二人は恋に落ちる(ラウンド2クリア時)。
2. ミズ・パックマンがパックマンを追いかけ、パックマンがミズ・パックマンを追いかけの繰り返し(ラウンド5クリア時)。
3. コウノトリがパックジュニアを運んでくる(ラウンド9、13、17クリア時)。
  • 今作のゴーストはラウンド14およびラウンド16からイジケなくなる。
  • フルーツターゲットがワープトンネルから出現し迷路内をイジケモンスターのような動きで移動する。一定時間以内に取らないとワープトンネルから出ていき入手出来なくなる。出現時間は約30秒。
フルーツ
全部で7種類。7面まで以下の順に登場し、8面以降ランダム。
フルーツ一覧
フルーツ名 得点
チェリー 100
ストロベリー 200
オレンジ 500
クッキー(プレッツェル 700
アップル 1000
ペアー(洋梨) 2000
バナナ 5000

キャラクターとしてのミズ・パックマン[編集]

ピンボールゲーム『Mr. & Mrs. Pac-Man』でパックマンと結婚、TVアニメシリーズ以降はJr.の母となっている。日本での初登場は1984年の『パックランド』。

2000年12月28日発売のPlayStation用ソフト『ミズパックマン メイズマッドネス』でも主人公をつとめた。

移植[編集]

以下は日本で発売されたもののうち、ソフト内に収録されているもの。

PlayStation版(Vol.3)、ゲームボーイアドバンス版、PlayStation Portable版(Vol.1)、PlayStation 2版(アーケードHITS!)、Xbox 360版(バーチャルアーケード)
2014年2月26日よりゲームアーカイブスにて配信開始。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 赤木真澄『それは『ポン』から始まった アーケードTVゲームの成り立ち』アミューズメント通信社、2005年9月、初版、pp.197〜202。ISBN 4-9902512-0-2。