ミッキーのミニー救出大作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミッキーのミニー救出大作戦
Get A Horse!
監督 ローレン・マクマラン
製作総指揮 ジョン・ラセター
配給 ブエナ・ビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年6月11日
日本の旗 2014年3月14日
上映時間 6分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ミッキーのミニー救出大作戦』(原題:Get A Horse!)は、ウォルト・ディズニー・カンパニーにより制作された3Dアニメーション短編映画作品。2013年公開。ミッキーマウス・シリーズの第125作目である。『アナと雪の女王』の同時上映作品として劇場公開された。

1995年の『ミッキーのアルバイトは危機一髪』以来18年ぶりに作られたミッキーマウス・シリーズ作品。モノクロ作品の体裁をとっており、登場キャラクター設定はすべてモノクロ作品時代のもので統一されている。また、アニメーションの動きや映像の傷、汚れ、音声ノイズなどもほぼ完全に再現されている。主演のミッキーマウスの声には、アーカイブから抽出されたウォルト・ディズニーの声が使用され、主要キャラクターのミニーマウスピートの声も可能な限りアーカイブから抽出された音声が使用されている[1]。またウォルト・ディズニーがミッキー・マウス以前に手掛けたアニメーションシリーズのキャラクターである「オズワルド」が数秒間ながら出演。ユニバーサル・ピクチャーズから返還後、アニメーション作品への初登場となった。2014年11月18日、ディズニー・チャンネルにて日本語吹替版で初放送された。また、日本語吹替版では長年ミッキーマウスの声を演じた青柳隆志ミニーマウスの声を演じた水谷優子ピートの声を演じた大平透が出演した最後の短編映画作品となった[2]

あらすじ[編集]

オープニングタイトルは1920年代のディズニー作品然としたモノクロ画面で始まる(スクリーンに対して非常に小さい上映画面[3]だが、次第にそれが「作品中の映画館のスクリーンに写された映像」であることがわかる)。音楽隊を乗せたホーレス・ホースカラーが牽く荷馬車にミッキーマウスミニーマウスクララベル・カウらが乗って楽しくやっていると、後ろから、自動車に乗ったピートがやってくる。ミニーマウスをひと目見て気に入ったピートは、我が物とするためにホーレス・ホースカラーとミッキーマウスをスクリーンに押しつけ、スクリーンが破れた穴から外側(映画館)に放り出す。

映画館のスクリーンの前に放り出されたミッキーたちはカラーの3Dキャラクターになり、スクリーンの中にいるミニーを救出しようと、飛行機に変身したり、スマートフォンで電話をかけたり、ピートたちが池に落ちたところでスクリーンに穴を開けて水を抜いてミニーを助ける。そのやりとりのさ中、ミッキーは画面左右の「幕」を引き、上映サイズは横に拡大、ミッキーはスクリーンの外に出てきた仲間たちと一緒に、ピートをスクリーンの中に追いやり、画面の上下を反対にして彼を空から落下させたり、左右に回転させて同じことを繰り返したり、先に進める(「巻き戻し」「早送り」をスクリーンを回転させて表現している)などして反撃する。最後はスクリーンの外に放り出されたピートを置いてミッキーと仲間たちはモノクロの画面の中に帰り、追いかけようとするもスクリーンに上半身だけ突っ込んだ形になって取り残されたピートの尻にエンドマークが出て終わる。

登場キャラクター[編集]

ミッキーマウス
声:ウォルト・ディズニー(アーカイブ)(日本語吹替:青柳隆志)
ミニーマウス
声:マーセリット・ガーナー(アーカイブ)、ルシー・テイラー(日本語吹替:水谷優子)
ピート
声:ビリー・ブレッチャー(アーカイブ)、ウィル・ライアン(日本語吹替:大平透)
その他

受賞[編集]

収録ソフト[編集]

本作が収録されているソフトは2つある。1つは『アナと雪の女王』のボーナスコンテンツとしての収録で、こちらは英語音声、日本語字幕仕様のみである。英語音声版と日本語吹き替え版の双方が収録されているのは、『ディズニー・ショートフィルム・コレクション(原題:WALT DISNEY ANIMATION STUDIOS SHORT FILM COLLECTION)』で、日本語と英語の字幕が選択可能。

脚注[編集]

  1. ^ ミニーとピートの一部の台詞は現行の担当声優が新録している。
  2. ^ 2018年以降、ミッキー役は一部アニメやパークでのショー・パレードで星野貴紀に交代している。また、水谷は2016年5月17日に、大平は同年4月12日に亡くなったため、水谷の後任には遠藤綾、大平の後任には北川勝博が就任した。この間、ミッキーマウスの短編映画は製作されなかった。
  3. ^ 日本語タイトルや映倫マークも小さい画面に合わせて挿入されている。
  4. ^ 福田麗、アニー賞が発表!『アナと雪の女王』が最多5冠!『風立ちぬ』は脚本賞を受賞(2014年2月2日)、シネマトゥデイ、2014年2月25日閲覧。