ミッキーのライバル大騒動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミッキーのライバル大騒動
Mickey's Rival
Mickey's Rival.png
監督 ウィルフレッド・ジャクソン
製作 ジョン・サザーランド
製作総指揮 ウォルト・ディズニー
出演者 ウォルト・ディズニー
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1936年6月20日
上映時間 約8分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ミッキーの夢物語
次作 ミッキーの引越し大騒動
テンプレートを表示

ミッキーのライバル大騒動』(ミッキーのライバルだいそうどう、原題:Mickey's Rival)は、ウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)が制作したアニメーション短編映画作品である。ミッキーマウスの短編映画シリーズの一作品。

ディズニーのクラシック短編作品に唯一ミッキーマウスライバルモーティマー・マウスが出演する作品。

あらすじ[編集]

ある日、ミッキーとミニーが、ピクニックをしていた。すると、誰かが超速急高級車に乗って現れた。ミニーの幼馴染、モーティマー・マウスだ。彼はミニーの手にキスをするとミニーはうっとりする。余裕綽々な態度でミニーに接するモーティマーが気にいらないミッキーであったが、突っかかる度に軽くあしらわれてしまう。結局、モーティマーもピクニックに加わることになってしまい、ミニーと仲良くしている二人をミッキーは苦々しい顔で見ていた。

そんな中、1匹の猛牛を見つけたモーティマーは敷物にしていたマットを使って、闘牛士のまねをし始める。彼は、マットを振りながら、猛牛を翻弄する。嫉妬にかられて不機嫌なミッキーをよそに、ミニーはそんな彼にうっとりするばかり。

しかし調子に乗ったモーティマーは、猛牛の柵の門が開けっ放しになっている箇所に気づかぬまま闘牛を続けてしまい、猛牛は脱走し、モーティマーは怖がって車で逃げ去ってしまう。猛牛は赤い布を被ったミニーを見て猛然と襲い掛かってくる。ミニーを猛牛から救うべく、ミッキーは後を追い始める。ミッキーとミニーの自動車の助けもあり、2人はその場から脱出。その帰り道でミッキーはミニーと和解するのであった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

キャラクター 原語版 ポニー
バンダイ
BVHE(旧)版 BVHE(新)版
ミッキーマウス ウォルト・ディズニー 後藤真寿美 納谷六朗 青柳隆志
ミニーマウス マーセリット・ガーナー 下川久美子 水谷優子
モーティマー・マウス ピント・コルヴィッグ 江原正士 水内清光
ナレーション - 土井美加 - -

日本での公開[編集]

収録[編集]