ミッキー安川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ミッキーやすかわ
ミッキー安川
本名 安川 実
生年月日 (1933-02-10) 1933年2月10日
没年月日 (2010-01-18) 2010年1月18日(76歳没)
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市中区
血液型 A型
職業 タレント
ジャンル ラジオテレビ
著名な家族 マット安川
公式サイト 事務所サイト
主な作品
ミッキー安川の「勝負」シリーズ
テンプレートを表示

ミッキー安川(ミッキーやすかわ、1933年2月10日 - 2010年1月18日[1])は、日本タレントラジオパーソナリティ随筆家実業家。本名:安川 実(やすかわ みのる)。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

神奈川県横浜市中区本牧出身。父親は横浜市の富岡海岸で漁業権を管理していた網元であり、漁業以外にも多くの副業を営む事業家であった。また、さかのぼると房総半島の片貝海岸辺りで代々漁師を営んでいた家であったという。第二次世界大戦中は素行の悪さから学童疎開を拒否され、当時、敵国籍の子弟を預かっていた中区山手にあるセント・ジョセフ・インターナショナル・カレッジに一緒に入れられた。

アメリカへ[編集]

横浜高等学校を経て、1952年6月に単身渡米シンシナティ大学に入学したが、英語力の問題からいったん自主退学させられ、テネシー州マウンテン市の知人の家に身を寄せ、小学校4年生のクラスに編入して英語を2ヶ月間学ぶ。

のち同市のハイスクールの3年次編入を経て、ジョンソン市イーストテネシー州立大学に聴講生として入学、まもなく長距離選手として優勝し、この功績により本科生として受け容れられた上、学費や寮費の免除を認められる[2]

人種差別が色濃く残る南部地方の習俗に揉まれ、研鑽を積む。180cmの大柄な体格をしており[3]アメリカ人相手に喧嘩に明け暮れた。1954年に、カリフォルニア州サンディエゴ市立大学[4]に転校。同大学の卒業所要単位を4単位ほど残したままアリゾナ州フェニックスの貿易大学院に入学[5][6]。しかし授業料の3分の1しか払えなかったため中退を余儀なくされ、学位は取得していない[7]。なお、この貿易大学院とは、所在地等からして、American Institute for Foreign Trade、現在のサンダーバード国際経営大学院であると思われる。

芸能界へ[編集]

1956年に帰国。日本では貿易商社勤務を経て、小劇場での寸劇出演を経て「安川兵六(ひょうろく)」名義で日劇ミュージックホールコメディアンとして活動を始める。1959年、映画『花嫁さんは世界一』(新藤兼人監督)で俳優デビュー。以後、日本国外での豊富な経験を生かして俳優や司会などを始めとするタレント活動を行う。

テレビ東京の『TVフォーカス』では、事件の現場へすぐさま直行し取材する名物リポーターとしても活躍。同局では、他にロスアンゼルス・サンダーバードチームの『ローラーゲーム』実況や、ゴルフ番組の解説を担当。

また、日本テレビの『ルックルックこんにちは』や放送開始当初の『朝まで生テレビ』のゲストコメンテーターとしても活躍したほか、「ロス疑惑」ではその英語力を生かしてレポーターとしても活躍した。またタレント活動を行う傍ら、東急東横線綱島駅前に「ミッキーラーメン」を開業[8]する等、実業家の一面も見せていた。

石原裕次郎やその兄で作家の石原慎太郎をはじめ、幅広い交友関係を持っていた。なおアール・エフ・ラジオ日本の番組『マネースポーツ』『勝ち組ビジネス』のパーソナリティを務めるタレント、実業家のマット安川(本名:安川昌之)は長男。

晩年[編集]

2009年12月20日、『ミッキー安川の雑オロジー』放送直前に体調不良を訴え、この日の出演を直前に断念、マットがパーソナリティを代わって担当した。最後の生放送は12月18日の『スーパーフライデー』である[9]

同年12月23日に実施された『ミッキー安川ディナーショー』当日の午後、肺炎のため自宅から病院に搬送され、そのまま入院。2010年1月18日、肺炎のため死去。76歳没[1]。葬儀は横浜市戸塚区親縁寺で催され、鳩山由紀夫首相や石原慎太郎東京都知事、浅香光代ジェリー藤尾ら各界から多くの著名人が参列した。

ラジオ番組[編集]

アール・エフ・ラジオ日本ミッキー安川の「勝負」シリーズ等で毎回政治家評論家相手に、歯に衣着せぬ物言いで政治から思想・経済観まで彼の独自の経験から縦横無尽に語る事で知られていた。

ミッキーの親友であった石原慎太郎が以前語ったところ、人の話を聞かず口は悪いが人情家で性格は悪くなかったという。ラジオ番組の中では政治や世相に対して憤る事もあったが、その正反対に涙もろい傾向もあった。夜の番組では「今の日本は情けないよなー」と嘆き、感極まって涙を流す事もあった。その際はアシスタントの女性を中心に番組が進められていた。

嗜好[編集]

好きな食べ物は、米国産牛肉のTボーンステーキやプライム・リブズや温州みかん、そして博多ラーメンであり、横浜勝烈庵のとんかつ、大阪に本店を持つインデアンカレーカレーライスなか卯カレーうどんなど。横浜中華街にも、好みの店が多くあったという。

コーヒーは軽いローストのものを薫り高く入れたものを好み、バニラのフレーバード・コーヒーも好んだ。

主な出演作品[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

ラジオ番組[編集]

  • ミッキー安川の「勝負」シリーズアール・エフ・ラジオ日本
    • ミッキー安川のずばり勝負
    • ミッキー安川の朝まで勝負
    • ミッキー安川のオレンジマンデー
    • ミッキー安川のゴルフ放談
    • ミッキー安川の雑オロジー
    • ミッキー安川のスーパーフライデー
  • その他の番組
    • ミッキー安川のヨコハマ今昔(新・旧2つあり)

著書[編集]

  • 安川実『ふうらい坊留学記 日本青年,アメリカ西部を荒らす (カッパ・ブックス) 光文社, 1960 のちミッキー安川『ふうらい坊留学記 50年代アメリカ、破天荒な青春』として中公文庫
  • 安川実『南部へ行った留学生』 (リビングライブラリー) 徳間書店, 1962
  • 『ヤレばやれるぞ 男心を泣かす本』(プレイブックス) 青春出版社, 1967
  • 『男なら勝負しろ 強く、衝撃的に生きる本』徳間書店, 1968
  • 『一度読む本 禁秘録』(プレイブックス) 青春出版社, 1968
  • 『ぶれいボーイ見参』(プレイボーイ・ブックス) 集英社, 1969
  • 『ヘコたれない本 図太く 平気で 大きく』(プレイブックス) 青春出版社, 1969
  • 安川実『しるべのない道』(角川文庫) 1975
  • 『恐怖のニューヨーク』泰流社, 1977.4
  • 『ゴルフ・ゴルフ・ゴルフ』泰流社, 1977.5
  • 『トラベル英語SOS Help me』(ワニの本. ベストセラーシリーズ) ベストセラーズ, 1980 のちワニ文庫
  • 『ふうらい坊潜入記』サンケイ出版, 1982.5
  • 『マインド・ビルダーの本 オレの体験的人生ノート』(もっと、心のそばへ これでいいのか日本) いんなあとりっぷ社, 1994.3

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “タレントのミッキー安川さん死去”. 読売新聞. (2010年1月18日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100118-OYT1T01076.htm 2010年1月18日閲覧。 
  2. ^ 本人著『ふうらい坊留学記』pp.113-118(中公文庫、1999年
  3. ^ 『ふうらい坊留学記』阿川尚之解説、p.376
  4. ^ 2年制のコミュニティカレッジであった。
  5. ^ 大学名は不詳である。
  6. ^ 『ふうらい坊留学記』pp.337-338
  7. ^ 『ふうらい坊留学記』p.356。
  8. ^ 2021年現在は閉店しており、その後同じ敷地に「Matty's」というバーを開店している。
  9. ^ ミッキー安川さんが肺炎で死去 ニュース-ORICON STYLE2013年4月21日閲覧
  10. ^ 取材方法にミッキーと共通する部分があった。