ミッコ・エスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミッコ・エスコ
Mikko Esko
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Mikko-Esko-1.jpg
基本情報
国籍  フィンランド
生年月日 (1978-09-03) 1978年9月3日(41歳)
出身地 ヴァンマラ
ラテン文字 Mikko Esko
身長 198cm
体重 89kg
選手情報
所属 トルコの旗 ハルクバンク・アンカラ
ポジション S
利き手
スパイク 340cm
ブロック 318cm
テンプレートを表示

ミッコ・エスコ(Mikko Esko, 1978年9月3日 - )は、フィンランドの男子バレーボール選手。ヴァンマラ出身。ポジションはセッターフィンランド代表

来歴[編集]

1995年、フィンランド・ヴァンマラのクラブへ入団。サヴォのクラブ在籍時の1999年にリーグ優勝を飾る[1]。ドイツ・ブンデスリーガを経て移籍したベルギーリーグのノリコ・マーサイクでは、2004年のリーグ優勝とカップ優勝の2冠を経験した[1]。インドアの他にビーチバレーの経歴があり、国内選手権で2度(2001年、2003年)優勝している。

クロアチア戦のエスコ

2005年からセリエAへプレーの場を移すと、3シーズンプレーしたパドヴァで正セッターに定着。3年連続でセリエAのオールスター戦に出場するなど、イタリアでキャリアを積んだ。2009年モンティキアーリからモデナへ移籍した。

22歳でフィンランド代表のセッターに選出され、2000年5月3日に行われたエストニア戦で代表デビューを飾る[1][2]。予選を勝ち抜き10年ぶりの出場となった2007年欧州選手権ではチームの司令塔として活躍し、フィンランドを初の準決勝の大舞台へと導いた。2009年からナショナルチームのキャプテンを務め[3]2009年ワールドリーグではインターコンチネンタル・ラウンドのベストセッター部門1位となった。

球歴[編集]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Mikko Esko”. Suomen Lentopalloliitto. 2015年1月26日閲覧。
  2. ^ Player - Mikko Esko”. FIVB Volleyball Men's World Championship Poland 2014. 2015年1月26日閲覧。
  3. ^ Finland - Team Composition”. FIVB World League 2009. 2015年1月26日閲覧。