キリスト教主義学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

キリスト教主義学校(キリストきょうしゅぎがっこう、: Christian school)は、キリスト教の教えを教育理念として設立し運営する私立学校をいう。特に、キリスト教の福音宣教 (mission) を目的とする修道会宣教会によって設立された学校を「ミッション・スクール (mission school) 」と呼び、大学の場合はミッション系大学と呼ばれる。

但し神父・牧師といった布教使養成課程(神学部文学部神学科等)を有していない学校は狭義のミッション・スクールで無い事に留意する必要がある。

特定の修道会や宣教会などが設立し運営するものではないが、キリスト教徒の個人などが設立し、キリスト教精神を教育理念として掲げる学校も多数存在する。

概要[編集]

学校の管理・運営者(設立者や校長)をキリスト教徒とし、聖書キリスト教神学を科目として教え、ミサ礼拝などのキリスト教活動を学校行事として宗教教育を行うことで、キリスト教精神に基づいた教育を行うことを目的とする。聖書の教育に加え、英語をはじめとする語学教育音楽世界史などのリベラル・アーツ教育を行い、特に女子教育においては開拓的な役割を果たしてきた。

カトリック系学校を特に「カトリック学校」と呼ぶ場合がある。日本ではキリスト教主義学校の連合組織として、カトリック系の日本カトリック学校連合会プロテスタント系キリスト教学校教育同盟がある。

カトリック系学校は修道会(男子修道会・女子修道会)が設立することが多いため、特に中学校高等学校では伝統的に男女別学(男子校・女子校)が主流であるが、日本では近年の少子化の影響を受け、学校経営上の理由から男女共学化する学校が増えている。

日本では中高一貫教育を行う学校が多く、大規模なキリスト教学校では幼稚園から大学までの教育機関を取り揃え、いわゆる「エスカレーター式教育」を行う学校法人もある。小中高校では1クラスあたりの人数を少なくした少人数教育を行う学校も多い。

小学校、中学校、高等学校、大学・短期大学のほか、サレジオ工業高等専門学校のように高等専門学校を設立する例もある。また専門学校専修学校各種学校)も多数存在する。特にキリスト教会が伝統的に力を入れてきた教育保育医療看護福祉などの分野に多く、看護師保育士などの育成を行っている。これらの専門学校はキリスト教系の大学や病院の付属学校として設置されることも多い。

また学校以外にも、キリスト教系の私立幼稚園や保育園が多数存在する。キリスト教徒の少ない日本では、教会に併設された幼稚園や保育園の保育料(授業料)が、教会の財政を支えている場合も多い。

関連項目[編集]