ミッドウェイ (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
USS Midway (CVA-41)
艦歴
発注 1942年8月1日
起工 1943年10月27日
進水 1945年3月20日
就役 1945年9月10日
退役 1992年4月11日
除籍 1997年3月17日
その後 博物館として公開
性能諸元[1]
基準排水量 建造時:45,000t
満載排水量 建造時:60,100t
改装後:70,000t
全長 建造時:968ft (295.05m)
改装後:1,001ft 6in (305.26m)
垂線間長 改装後:900ft (274.32m)
全幅[2] 建造時:163ft (49.68m)
改装後:258ft 6in (78.79m)
水線幅 建造時:113ft (34.44m)
喫水 改装後:35ft (10.67m)
乾舷 改装後:49ft (14.94m)
深さ 改装後:84ft (25.6m)
飛行甲板 建造時:
全長:929ft 4in (283.26m)
全幅:130ft 10in (39.88m)
改装後:
全長:977ft (297.79m)
全幅:258ft 6in (78.79m)
甲板面積 改装後:4.02acre (16,268m²)
燃料 350万gal (1,324万8,941ℓ)
航空燃料 120万gal (454万2,494ℓ)
機関 Westinghouse式蒸気タービン
4軸 計212,000shp
速力 33kn (61km/h)
航続距離 建造時:15,000海里 (15kn)
改装後:11,520海里 (15kn)[3]
乗員 士官、兵員 4,712名
装甲 Belt:7.6in (193mm)
Flight deck:3.5in (89mm)
Hanger deck:2in (51mm)
Third deck:2in (51mm)
兵装 建造時:
5インチ砲 単装18基
40mm機銃 4連装21基
20mm機銃 単装68基
改装後:
Sea Sparrow 8連装2基
Phalanx CIWS 2基
搭載機 規定:136-145機 (建造時)
約100機 (朝鮮戦争)
68-80機 (ベトナム戦争-退役時)

ミッドウェイ (USS Midway, CVB/CVA/CV-41) は、アメリカ海軍航空母艦ミッドウェイ級航空母艦のネームシップ。第二次世界大戦後に就役し、ベトナム戦争湾岸戦争に参加した。2015年現在同艦はカリフォルニア州サンディエゴで博物館として公開されている。

初期の運用[編集]

ミッドウェイは1943年10月27日、バージニア州ニューポート・ニューズニューポート・ニューズ造船所で起工した。本級の革新的な船体設計は、未着工に終わったモンタナ級戦艦を基にした物であった。ブラッドフォード・ウィリアム・リプリー・ジュニア夫人によって1945年3月20日に進水し、ジョーゼフ・F・ボルジャー艦長の指揮下で1945年9月10日に就役した。

ミッドウェイは就役時にはCVBG-74が配備され、CVBG-74はF4U-4/F4U-1D (FG-1D) Corsairを96機、SBW-4E (SB2C-4E) Helldiverを46機の計142機で編成されていた。[4][5]

CVBG-74[6]
編成 配備数
指揮官機 F4U-4×1機 1機
VF-74A FG-1D×1機 + F4U-1×4機 + F4U-4×18機 23機
VF-74B FG-1D×4機 + F4U-1D×10機 + F4U-4×10機 24機
VBF-74A FG-1D×2機 + F4U-1D×12機 + F4U-4×10機 24機
VBF-74B FG-1D×3機 + F4U-1D×10機 + F4U-4×11機 24機
VB-74 SBW-4E×24機 24機
VT-74 SBW-4E×22機 22機
合計 FG-1D×10機 + F4U-1×4機 + F4U-1D×32機 + F4U-4×50機 + SBW-4E×46機 142機

慣熟訓練をカリブ海で行った後、ミッドウェイは大西洋艦隊に加わり、ノーフォークを母港とする。1946年2月20日から第1空母部隊の旗艦を務め、3月に寒冷天候下での試験「オペレーション・フロスト・バイト」を北大西洋・グリーンランド沖で行う。東海岸およびカリブ海での訓練は1947年9月のオペレーション・サンディーがハイライトとなった。ミッドウェイは同オペレーションにおいて、捕獲したドイツV2ロケット飛行甲板から発射し、最初の移動発射台となった。

1947年10月29日、ミッドウェイは第6艦隊に配属され、地中海への最初の航海を行う。海/空軍力の強力な拡張が行われ、ミッドウェイもより大型な航空機を運用するための補強と、通信設備の増強が行われた。1952年にミッドウェイはNATO軍との北海演習に参加し、10月1日に艦種番号が CVA-41へ変更された。

ミッドウェイは1954年12月27日にノーフォークを出港し、喜望峰を経由して台湾に向かう。台湾では西太平洋での作戦参加のため第7艦隊に加わり、1955年6月28日まで活動した後ピュージェット・サウンド海軍工廠オーバーホールに入る。オーバーホールは1957年9月30日まで行われた。その間に広範囲な近代化計画 (SCB-110) に基づき、ミッドウェイの艦首はエンクローズ化された「ハリケーン・バウ」となったほか、ジェット艦載機搭載のためにエレベーターの大型化および設置位置変更、アングルド・デッキや蒸気カタパルトの設置(艦首に2基、アングルド・デッキに1基の計3基)などの改装が施された。

ミッドウェイは1958年に第7艦隊に配属され、カリフォルニア州アラメダが母港となる。1961年春のラオス危機では南シナ海に展開する。1962年にはその艦載機が日本本土、朝鮮半島沖縄フィリピン台湾の防空システムをテストした。

ミッドウェイ(1963年)

ミッドウェイは1965年3月6日に再び極東へ展開し、4月中旬から南北ベトナムに対する艦載機による攻撃を行う。ベトナム戦争において当時ミッドウェイに展開していた第2空母航空隊 (CVW-2) は、6月17日に2機のMiG-17戦闘機を撃墜した。これは東南アジアにおいて確認された、最初の戦果であった。

1965年11月23日にアラメダに帰港し、ミッドウェイは1966年2月11日にサンフランシスコ湾海軍造船所のドックに入る。ここで大規模な近代化 (SCB-101.66) が行われるが、非常に高価な物となり論争の的となった。この近代化によりフライトデッキは11,412m2から16,268m2まで拡張され、エレベータは可搬重量が約34tから約59t(130,000lbs)に増強、再配置された。また、カタパルトや着艦制動装置は新型に更新され(アングルドデッキに設置されていたカタパルトは長さ不足のため撤去され、以後ミッドウェイのカタパルトは2基となる)、エアコンの集中化が行われている。改造費用は当初の予定であった8,800万ドルから最終的には2億200万ドルまで超過し、このためフランクリン・D・ルーズベルト(CV-42)のために計画された同様の近代化はキャンセルされた。ミッドウェイは1970年1月31日に再び作戦行動に入る。

ベトナムへ[編集]

ミッドウェイ上で発艦準備をする2機のF-8(1963年)

ミッドウェイは1971年5月18日に再びベトナムへ戻り、ヤンキー・ステーションYankee Station)でハンコック (CV-19) に代わって同月末まで活動を行う。その後ヤンキー・ステーションを6月5日に出港し、10月31日に任務を完了、11月6日に母港へ戻った。

ミッドウェイは、第5空母航空団 (Carrier Air Wing 5, CVW 5) を乗艦させると、1972年4月10日に再びベトナムに向けてアラメダを出港する。5月11日にミッドウェイの艦載機はコーラル・シー (CV-43)、キティホーク (CV-63)、コンステレーション (CV-64) の艦載機と共に北ベトナムの港に機雷敷設を行う。1972年の夏を通じてミッドウェイはベトナムで作戦行動を行った。

1972年8月7日、ミッドウェイから発艦したHC-7 Det 110ヘリコプターはサラトガ (CV-60) からの探索機を支援し、北ベトナムへ不時着したパイロットの捜索作業を行った。サラトガからのA-7 コルセアIIは8月6日、ビン北西部、30km内陸地点で地対空ミサイルによって撃墜されていた。HC-7はパイロットを救助するため山地を飛行し、降下地点特定のためサーチライトを使用したことから激しい対空放火を受けたが、無事パイロットを救助、沖合の揚陸艦へ帰還するのに成功した。これは1968年以来北ベトナムへ最も深く入り込んだ救難ヘリコプターの飛行であった。HC-7 Det 110はその救助任務を継続し、1972年の終わりまでに48回の救助作業に成功した。これらのうち35回は戦闘状態の下に行われた。

1973年10月5日、ミッドウェイと第5空母航空団横須賀に配属が決定し、日本における初の空母戦闘部隊として1972年8月31日に配備された。外国の港での乗員とその家族の士気要因に加えて、経済状況が空母運用の縮小を要求したため、極東における空母3隻態勢と相まってその動きは戦略的な重要性を持つことになった。

フリークエント・ウィンド作戦[編集]

北ベトナム軍が南ベトナム国土の3分の2に侵攻するに及んで、ミッドウェイおよびコーラル・シー (CV-43)、ハンコック (CV-19)、エンタープライズ (CVN-65)強襲揚陸艦オキナワ (LPH-3) は1975年4月19日に南ベトナムの沖合に展開した。10日後、第七艦隊によってフリークエント・ウィンド作戦が実行された。

サイゴン陥落後、何百名ものアメリカ人及びベトナム人が沖合に待つ艦艇に収容された。ある南ベトナム軍のパイロットは、自らの家族とともに小型機でミッドウェイに着艦した。このオペレーション中に、ミッドウェイは搭載していた航空団の戦闘機を母港の横須賀に待機させ、サイゴンからの避難民を南シナ海で巡航する艦隊に送り届けるための空軍CH-53 シースタリオンヘリコプター10機を運搬した。

ミッドウェイは作戦終了の 1ヶ月後に本来の航空団を再び乗艦させた。

1980年代[編集]

横須賀港に停泊中のミッドウェイ(1983年) 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

1980年代は、横須賀を母港として他の空母の支援に当たった。 1986年に、アメリカ海軍空母として最後のF-4Sの発艦ミッションが行われた。その後横須賀のドライ・ドックで半年間をかけた大規模な近代化改装が施された。ミッドウェイはこのとき就役から41年が経過し老朽化が進んでいたが、当時アメリカ海軍が掲げていた600隻艦隊構想に伴う空母15隻体制実現のため延命が図られることとなったのである。

当時のミッドウェイは度重なる改造によって重量が増え、船体のバランスも悪化しており、より重い新型航空機の運用に備えて船体の浮力を増す必要があった。そこで、改装では軽量化を行うとともに船体側面に浮力を増すためのバルジ(ブリスター)が追加され、F/A-18の運用に備えてカタパルトの強化も行われている。しかし、バルジの設計が不適切だったようで、改装直後のミッドウェイは航行時、舷側から不自然な白波を発生させている姿を目撃されている。船体の動揺も大きくなり、艦齢が進んでいたこともあって、この後しばしば、早期退役説が流れることとなった。しかし、実際の退役は湾岸戦争後のこととなる。また、整備や改装工事の際に大量のアスベストを用いた事により、横須賀基地の日本人工員がアスベスト被害を受けて問題ともなった。

改装に合わせてF-4SA-7E、両者の任務を兼ねるF/A-18が搭載され、戦力の向上が図られた。

1988年のソウルオリンピック開催時には韓国近海で原子力空母ニミッツと共に警戒の任にあたっている。

湾岸戦争[編集]

1990年8月にイラククウェートに侵攻し、湾岸危機が発生すると、アメリカ軍はデザート・シールド作戦の名称で、サウジアラビアおよびその周辺に兵力を展開した。ミッドウェイもその一環として、11月1日より北アラビア海に展開した。そこで、海兵隊の上陸演習支援などを行った。12月20日にはアメリカ海軍空母として始めてペルシャ湾に入った。

湾岸戦争が開戦すると空母レンジャーとともに24時間体制で艦載機による航空攻撃を行った。戦争中は同地に留まり、母港の横須賀に帰港したのは戦争終了後の3月11日のことである。

退役[編集]

サンディエゴにある海軍の桟橋で博物館として停泊の準備をするミッドウェイ(2004年1月10日

湾岸戦争から帰投後の1991年6月にフィリピンピナツボ火山が噴火し、同国クラーク空軍基地に在留する米国人救出のための作戦「オペレーション・ファイアリー・ヴィジル」が行われた。当時横須賀に停泊中だったミッドウェイはインド洋でオペレーションを行っていた空母エイブラハム・リンカーンと共に参加した。 同年8月10日、ミッドウェイは横須賀を離れ、真珠湾で後任のインディペンデンスとの引き継ぎを行った。9月4日にシアトルに到着した後、3日間の艦内一般公開を実施している。翌1992年4月11日、カリフォルニア州ノースアイランド海軍航空基地においてディック・チェイニー国防長官(当時)臨席のもと退役式典が行われた。 1997年3月17日除籍。2003年9月30日にワシントン州ブレマートンの海軍不活性艦艇保管施設(Naval Inactive Ship Maintenance Facility)からオークランドでのドック入りを経てサンディエゴに回航、2004年1月10日サンディエゴ港の海軍埠頭に係留、同年6月7日にミッドウェイ博物館として開館した。

登場作品[編集]

沈黙の艦隊
原子力潜水艦やまと」と戦闘を行うが、魚雷4本を受けて撃沈される。OVA版では、製作当時に退役していたこともあり、代役として原子力空母エンタープライズ」が登場している。
征途
湾岸戦争において藤堂守が立案した北日本・ソ連軍のイラク軍事顧問団による飽和攻撃作戦を受け、空対艦ミサイル(Kh-35およびKh-22を含む)9発と地対艦ミサイル(C-201)2発が命中し撃沈される。15時間以上炎上したのちに沈没という描写により、本級の高い抗堪性を示している。

脚注[編集]

  1. ^ USS Midway by the Numbers 2017 USS Midway Museum
    USS Midway by the Numbers 2013 USS Midway Museum
    USS Midway Fact Sheet 2018 USS Midway Museum
    USS MIDWAY (CV-41) Historic Naval Ships Association
    CV-41 USS Midway - Booklet of General Plans, 1987
    U.S.S. MIDWAY Blueprint MidwaySailor.com
    USS CV-41 Midway 1946 The-Blueprints.com
  2. ^ サイドエレベーター含む最大幅
  3. ^ 20ft/gal
  4. ^ CV-41 USS Midway
  5. ^ Carrier Air Wing Two Archived
    Carrier Air Wing Two Official site
  6. ^ 7 Jul 1945 LOCATION OF US NAVAL AIRCRAFT

参考文献[編集]

  • ジロミ・スミス(Jiromi Smith)『空母ミッドウェイ アメリカ海軍下士官の航海記』 光人社、2006年、ISBN 4-7698-1289-2

座標: 北緯32度42分50秒 西経117度10分30秒 / 北緯32.713789度 西経117.174940度 / 32.713789; -117.174940 (ミッドウェイ (空母))