ミツウロコグループホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社ミツウロコグループホールディングス
Mitsuuroko Group Holdings Co.,Ltd.
Mitsuuroko hd logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8131
1972年上場
略称 ミツウロコGHD
本社所在地 日本の旗 日本
104-0031
東京都中央区京橋三丁目1番1号
設立 1926年5月10日
業種 卸売業
法人番号 4010001034942
代表者 代表取締役社長グループCEO 田島晃平
代表取締役兼グループCFO 渡邉雅人
資本金 70億77百万円(2017年3月)
売上高 連結2056億円(2017年3月期)
純利益 連結26億円(2017年3月期)
純資産 連結744億円(2017年3月)
総資産 連結1315億円(2017年3月)
従業員数 連結1,661名(2017年3月)
決算期 3月31日
主要株主 明治安田生命保険 8.13%
田島 6.35%
損害保険ジャパン日本興亜 5.76%
(2017年3月)
外部リンク http://www.mitsuuroko.com/
テンプレートを表示

株式会社ミツウロコグループホールディングスは、東京都中央区に本社を置く石油製品・LPガス・固形燃料の販売などを行う企業グループの持株会社である。2011年に持株会社制へ移行する際に株式会社ミツウロコから商号変更した。

概要[編集]

会社の設立に3社の運送店が関わっていたことから「三社」の「三」と、魚介類の運送を主に扱っていたことから「鱗」とし、三鱗社→ミツウロコという名称の由来としている。日本でいち早く大正期から豆炭練炭を商業ベースで販売開始した老舗であり、燃料関係のほか、近年は電力や、ミネラルウォーター事業など生活インフラに関わる分野に力を入れており、テレビCMの放映も盛んに行なっている。2011年4月より『ちびまる子ちゃん』のスポンサーを務めており、その中では限定のコラボCMを放送している。 社章が明治屋と似ているが、同社とは一切関連がない。また、三菱鉛筆の前身で、真崎鉛筆製造所の社章(真崎家の家紋)であるミツウロコ(三つ鱗)とは無関係である。また、茨城県にある水産加工のミツウロコ食品も同じロゴマークであるが、これも無関係である。

沿革[編集]

  • 1886年 - 初代社長田島達策が高崎線新町駅前にカネイチ運送店開業。
  • 1892年 - 三鱗社と改称し東京進出。
  • 1895年 - 三鱗合資会社と改称。
  • 1919年 - 三鱗石炭株式会社設立。
  • 1926年 - 三鱗石炭と三井物産との合弁で三鱗煉炭原料株式会社設立。
  • 1933年 - 三鱗無煙炭株式会社に社名変更。
  • 1961年 - 東京煉炭、横浜煉炭、栃木三鱗、永沼燃料、湘南燃料を合併し、株式会社ミツウロコに社名変更。
  • 1962年 - 東京証券取引所2部上場。
  • 1972年 - 東京証券取引所1部へ指定替え。
  • 2009年3月30日 - 省エネ厨房機器の補助金を不正受給[1]
  • 2011年10月1日 - 株式会社ミツウロコグループホールディングスへ商号変更し、エネルギー事業を(新)株式会社ミツウロコへ、不動産アミューズメント事業を株式会社トライフォースの両子会社へ吸収分割により承継[2]
  • 2015年4月1日 - 株式会社ミツウロコのエネルギー事業の一部を株式会社ミツウロココーポレーション(現ミツウロコエナジーフォース)に承継、子会社のミツウロコ石油もミツウロココーポレーション傘下とした[3]
  • 2016年4月15日 - 子会社の株式会社ミツウロコプロビジョンズが、株式会社ファミリーマートより、コンビニエンスストア(ボランタリー・チェーン事業)を手がける株式会社ココストアリテール(現:株式会社ミツウロコグローサリー)の全株式を取得[4][5]
  • 2017年4月 - 株式会社スイートスタイルの全株式を取得[6]
  • 2017年10月1日 - 株式会社ミツウロコの小売事業部門を株式会社ミツウロコヴェッセルとその子会社3社に分割吸収させた[7]。さらに新設した株式会社ミツウロコヴォイジャーズに株式会社ミツウロコプロビジョンズ及び株式会社スイートスタイルの全株式を譲渡。また株式会社ミツウロコプロビジョンズが株式会社ミツウロコビバレッジの全株式を株式会社ミツウロコヴォイジャーズに譲渡[8]
  • 2018年10月1日 - 株式会社ミツウロコの卸売事業部門を株式会社ミツウロコヴェッセルとその子会社に承継させ、株式会社ミツウロコのエネルギー関連子会社もミツウロコヴェッセル傘下とした。また株式会社トライフォース(初代)を吸収合併し、株式会社ミツウロコの印刷事業を行う予定の子会社株式会社トライフォース(2代)を設立した[9]。さらに中間持株会社の株式会社ロジトライホールディングス(ロジトライHD)を設立し、ロジトライ株式会社をジャパンエナジック株式会社へ社名変更したのちロジトライHD、ミライフ株式会社、三ッ輪産業株式会社、三愛石油株式会社、橋本ホールディングス株式会社の計5社がそれぞれ20%ずつ出資する合弁会社としたうえでグループの物流事業を再編した[10]

主要子会社[編集]

ミツウロコ石油のサービスステーション
  • 株式会社ミツウロコ(不動産賃貸事業、複合商業施設経営[注 1]
    • 株式会社トライフォース(印刷事業)
  • 株式会社ミツウロコヴェッセル(エネルギー関連事業)
  • 株式会社ミツウロコエナジーフォース(エネルギー関連事業)
    • ミツウロコ石油株式会社(エネルギー関連事業)
  • 株式会社ロジトライホールディングス(物流事業)
    • ロジトライ東北株式会社
    • ロジトライ中部株式会社
    • ロジトライ関西株式会社
  • ミツウロコグリーンエネルギー株式会社(電力事業)
  • 株式会社ミツウロコリース(リース事業)
  • 株式会社ミツウロコヴォイジャーズ(フード&プロビジョンズ事業統括)
  • 株式会社カールスジュニアジャパン(飲食事業)
  • 株式会社ミツウロコクリエイティブソリューションズ(業務サポート事業)
  • 株式会社三鱗(保険代理事業)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 横浜駅西口にある複合アミューズメント施設「ハマボール イアス」を運営。ボウリング場、温浴施設などがある。前身の施設は「ハマボール」。
  2. ^ 2016年4月1日付で株式会社ミツウロコビバレッジ(初代)より飲料事業を分離して子会社の勝水株式会社に継承した上で飲食事業(フランチャイズ事業等)に特化し、株式会社ミツウロコプロビジョンズに商号変更した。さらに勝水を株式会社ミツウロコビバレッジ(二代目)に商号変更し現在の体制となった。

出典[編集]

  1. ^ 日経BP
  2. ^ 純粋持株会社制移行に伴う会社分割ならびに定款変更(商号および事業目的の変更)に関するお知らせ
  3. ^ “子会社等の組織再編に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ミツウロコグループホールディングス, (2015年2月12日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1216777 2018年12月23日閲覧。 
  4. ^ “株式会社ファミリーマート等との包括提携契約及び株式会社ココストアリテールに関する株式譲渡契約締結のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ミツウロコグループホールディングス, (2016年2月18日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1330997 2016年9月19日閲覧。 
  5. ^ “株式会社ココストアリテール役員人事及び本店移転に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ミツウロコグループホールディングス, (2016年4月15日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1344961 2016年9月19日閲覧。 
  6. ^ “株式会社スイートスタイルの株式譲渡契約締結に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ミツウロコグループホールディングス, (2017年1月31日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=announcement&sid=34382&code=8131 2017年12月18日閲覧。 
  7. ^ “子会社の組織新体制のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ミツウロコグループホールディングス, (2017年9月13日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1514025 2018年12月23日閲覧。 
  8. ^ “子会社の設立およびフード&プロビジョンズ事業組織再編に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ミツウロコグループホールディングス, (2017年9月13日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1514248 2017年12月18日閲覧。 
  9. ^ “子会社等の組織再編に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ミツウロコグループホールディングス, (2018年7月17日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1611379 2018年12月23日閲覧。 
  10. ^ 会社分割(簡易新設分割)による子会社設立および子会社等の組織再編に関するお知らせ”. ミツウロコグループホールディングス. 2018年8月9日閲覧。