ミツハタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ミツハタ
現役期間 1950年 - 1952年
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1948年4月20日
死没 (不明)
クモハタ
ニュージランド
母の父 ダイオライト
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 近藤俊明
馬主 河野信一
河野徳
調教師 東原玉造中山
矢野幸夫(中山)
競走成績
生涯成績 36戦16勝
獲得賞金 6,550,360円
テンプレートを表示

ミツハタ日本サラブレッド競走馬1952年の春の天皇賞優勝馬である。

来歴[編集]

同世代の競走馬は、トキノミノルイツセイらが挙げられる。

なお、36戦すべて、芝コースでの出走である。

1950年[編集]

10月22日、未出未受(東京競馬場、以下 東京)でデビューし1着。2戦目の11月5日の10万円下(東京)も勝った。12月10日に行われた朝日杯3歳ステークス中山競馬場、以下 中山)では4番人気に推されたが、勝ったトキノミノルに8馬身の差をつけられ4着に終わった。

1951年[編集]

4月7日のオープン(中山)を勝ち3勝目。矢野幸夫の鞍上では2戦目となった4月29日の4歳特別(東京)では、2分05秒0のレコード勝ちを収めた。この一戦以後しばらく、矢野が鞍上を務めることになる。5月13日の皐月賞では3番人気に支持されたが、トキノミノルが勝ち、当馬はイツセイにハナ差およばず3着となった。続く6月3日の東京優駿では5番人気となったが、皐月賞同様に、トキノミノル、イツセイに次いで3着。しかしイツセイには5馬身差をつけられた。したがってこの時点では、当馬はトキノミノルの脇役にすぎなかった。

ところが6月20日、トキノミノルが破傷風で急死したことで、その後の同世代の勢力図はガラッと変わっていく。

秋シーズンは西下せず、関東でのレースに専念した当馬は、9月16日の特ハン(東京)を勝ち、連闘となった9月23日、菊花賞を目指すイツセイと毎日王冠(東京、当時2500m)で対戦。イツセイに1馬身3/4をつけ、2分36秒2のレコードをマークし、初の重賞勝ちを収めた。続く10月6日のオープン(中山)も勝って3連勝。だが10月14日のカブトヤマ記念(中山)では、西下直前のイツセイと対戦したが、5馬身差の2着に終わった。その後、11月4日の特ハン(東京)を勝利。11月25日のセントライト記念(東京、当時2400m)ではイツセイに続き2番人気となったが、今度はイツセイに3馬身の差をつけて勝った。その後、12月9日の中山特別(中山、2400m)において、2分31秒3のレコード勝ちを収めた。

1952年[編集]

同年に矢野が調教師へと転身したため、主戦は渡辺正人に替わった。また、管理調教師も東原玉造から矢野へと替わった。

3月15日のオープン(東京)から始動。67キロの斤量を背負いながらも勝った。続く3月21日の東京特別(東京)も勝利し、その後、春の天皇賞を目指し西下。5月3日の天皇賞(京都競馬場、3200m)では1番人気に支持された。天皇賞では、前年の菊花賞でイツセイを3着に沈めて勝った2番人気のトラツクオーの粘りにてこずり、最後は頭差となったが、3分23秒1のレコードタイムで制した。

その後、5月18日の東京杯(現在の東京新聞杯、東京。当時2400m)では2分29秒2のレコードタイムをマークしてイツセイを下し、5月31日のオープン(中山)では、69キロを背負いながらも勝った。続く6月8日の中山ステークス(中山)ではイツセイの2着に終わったが、6月22日の春の目黒記念(東京、2500m)では、73キロの斤量を背負いながらも、2分35秒0のレコードタイムをマークし、2着のトキツオーに3馬身半の差をつけて勝利。一方、イツセイは3着に終わった。しかし、このレースが当馬にとって最後の勝利となった。その後、秋は5戦するも、70キロの斤量を背負うレースが3つもあってか精細を欠き、2着2回が最高の着順だった。結局、11月22日のオープン(東京)の2着が最後のレースとなった。

エピソード[編集]

  • 『大川慶次郎が選ぶ「個性派」名馬18頭』(ザ・マサダ発行)によると、大川慶次郎が競馬評論家への道へと進むきっかけとなった馬は、このミツハタである。トキノミノルの急死後、同世代のナンバーワンは朝日杯、皐月賞、東京優駿でいずれも2着となったイツセイであるとの、多くの競馬評論家の論評に対し「イツセイの血統では基本的に、2000mを超える距離はもたない。対してミツハタは2400m以上の距離だと真価を発揮する。」という自負があったのがその理由だが、大川の見立て通り、イツセイは生涯21勝を挙げたものの、2000mを超える距離では一度も勝てず、ついにクラシックレースおよび天皇賞制覇を果たせぬまま引退した。対してミツハタは、2400m以上の距離では実に7勝を挙げ、内5回がレコード勝ちであった。
  • 主戦騎手を務めた渡辺正人も、ミツハタが生粋のステイヤーであったことを証言している[1]
  • 上記のように菊花賞には出走していない。菊花賞優勝馬トラツクオー鞍上の小林稔は、「なんで出てこなかったのか分からない。出走していたらミツハタが菊花賞を勝っていただろう。」という趣旨の発言をしている。

競走成績[編集]

主な産駒[編集]

  • キンリユウ(朝日杯3歳ステークス4着)
  • タロー(北国王冠賞、金沢・農林大臣賞典、MRO金賞2回)
  • グレースタイバー(東海菊花賞大井記念2着)

血統表[編集]

ミツハタ血統 (タッチストン系 / アウトクロス (血統表の出典)

クモハタ
1936 栗毛
*トウルヌソル
Tournesol
1922 鹿毛
Gainsborough Bayardo
Rosedrop
Soliste Prince William
Sees
*星旗
Fairy Maiden
1924 栗毛
Gnome Whisk Broom
Faiery Sprite
Tuscan Maiden Maiden Erlegh
Tuscan Red

ニュージランド
1940 黒鹿毛
月友
1932 栗毛
Man o'War Fair Play
Mahubah
*星友 Sir Martin
Colna
*レディライモンド
Lady Limond
1922 鹿毛
Limond Desmond
Lindal
Cintra Eton
Cyrense F-No.4-d
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

脚注[編集]

参考資料[編集]