ミツ荒川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミツ荒川
プロフィール
リングネーム ミツ荒川
グレート・ミツ[1]
本名 荒川 三一[2]
ニックネーム 日系の原爆男[2]
日系の復讐鬼
寝返り野郎
身長 170cm
体重 110kg(全盛時)
誕生日 1927年5月23日[1]
死亡日 (1997-04-17) 1997年4月17日(69歳没)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ハワイ州の旗 ハワイ州
ホノルル郡ホノルル[1]
デビュー 1953年[1]
テンプレートを表示

ミツ荒川Mitsu Arakawa1927年5月23日 - 1997年4月17日)は、アメリカ合衆国プロレスラーハワイ出身の日系アメリカ人。日本名:荒川 三一(あらかわ みつかず)[2]

グレート東郷ハロルド坂田の影響下にあった日系ヒールであり、NWAAWAWWAWWWFNWFなど各団体において、主にタッグプレイヤーとして活躍した。

来歴[編集]

ハワイ生まれの日系二世。少年時代からスポーツ万能で1953年沖識名にスカウトされデビュー。太平洋戦争当時、広島で家族が原爆で被爆し、その復讐のためにアメリカでプロレスラーになったというギミックを用いていた[2]

1950年代後半から1960年代前半にかけて、長らく同じ日系二世の先輩キンジ渋谷とのコンビで活躍。中西部ミネアポリス西海岸サンフランシスコカナダバンクーバーからカルガリーまで、各地のタッグタイトルを獲得した。一時、グレート・ミツのリングネームも用いていたこともある。

シングルプレイヤーとしても実績を残しており、1965年1月にオーストラリアにてドミニク・デヌーチから豪州版のIWA世界ヘビー級王座を奪取[3]1966年10月8日にはインディアナポリスにてディック・ザ・ブルーザーを破りWWA世界ヘビー級王座を獲得した[4]。ミネアポリスのAWAでは、バーン・ガニアAWA世界ヘビー級王座にも再三挑戦している[5]

1960年代後半からは、ドクター・モトことキラー・トーア・カマタとの新チームで活躍。インディアナポリスのWWAではブルーザー&クラッシャー・リソワスキーの極道コンビと抗争を繰り広げ、1967年10月13日に彼らを下してWWA世界タッグ王座を奪取[6]。同年12月2日にはシカゴにてウイルバー・スナイダー&パット・オコーナーを破りAWA世界タッグ王座にも戴冠[7]。タッグ2冠王として、いずれも1年間におよぶ長期政権を築いた。

1969年からは、ニューヨークWWWFにてプロフェッサー・タナカと「ザ・ライジング・サンズ」を結成。同年6月にWWWFインターナショナル・タッグ王座の初代王者チームに認定され[8]ヘイスタック・カルホーン&ビクター・リベラキラー・コワルスキー&ジョージ・スティールなどのチームを相手に防衛戦を行った[9]。シングルでも、ブルーノ・サンマルチノWWWF世界ヘビー級王座に度々挑戦している[9]

1971年1月、日本プロレスに来日。先輩日系人レスラーの渋谷、ハロルド坂田デューク・ケオムカらのように日本人陣営には加わらず、外国人サイドでヒールとして試合を行ったが、他の外国人レスラーにも喧嘩を売るなど一匹狼的存在となって異色の精彩を放った。

その後アメリカでは、海外修行に来ていた若手日本人選手の世話役を務め、彼らをパートナーに起用して活動。1972年1月19日にはアメリカ北東部のNWFにてヨシノ・サトこと高千穂明久と組み、トーナメントの決勝でデヌーチ&トニー・パリシのイタリア人コンビを破りNWF世界タッグ王座を獲得[10]。古巣のWWAではヒゴ・ハマグチことアニマル浜口とのコンビで活動した[9]

以降、1970年代中盤もWWAやAWAの試合に出場し、キャリア晩年の1975年から1976年にかけてはテネシーNWAミッドアメリカ地区に参戦していた[11]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAミッドウエスト
  • ミッドウエストタッグ王座 :2回(w / トーア・ヤマト)[12]
NWAミネアポリス
ノースウエスト・レスリング・プロモーションズ
  • NWA太平洋岸タッグ王座:1回(w / ミスター・モト)[14]
  • NWAカナディアン・タッグ王座(バンクーバー版):1回(w / キンジ渋谷)[15]
NWAトライステート・スポーツ
  • NWA世界タッグ王座(アイダホ・ユタ版):1回(w / ザ・バット)[16]
アメリカン・レスリング・アライアンス
  • AWA世界タッグ王座(サンフランシスコ版):1回(w / キンジ渋谷)[17]
スタンピード・レスリング
  • スタンピード・インターナショナル・タッグ王座:1回(w / キンジ渋谷)[18]
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
ワールド・レスリング・アソシエーション
  • WWA世界ヘビー級王座(インディアナポリス版):1回[4]
  • WWA世界タッグ王座(インディアナポリス版):2回(w / ドクター・モト[6]
アメリカン・レスリング・アソシエーション
ワールド・ワイド・レスリング・フェデレーション
ナショナル・レスリング・フェデレーション
NWAミッドアメリカ
  • NWA世界6人タッグ王座(ミッドアメリカ版):1回(w / バウンティ・ハンターズ)[19]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Mitsu Arakawa”. Wrestlingdata.com. 2013年7月4日閲覧。
  2. ^ a b c d 『THE WRESTLER BEST 1000』P309(1996年、日本スポーツ出版社
  3. ^ a b IWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月5日閲覧。
  4. ^ a b WWA World Heavyweight Title [Indianapolis]”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月5日閲覧。
  5. ^ Matches of Mitsu Arakawa 1959-1964”. Cagematch.net. 2013年7月6日閲覧。
  6. ^ a b WWA World Tag Team Title [Indianapolis]”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月5日閲覧。
  7. ^ a b AWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月5日閲覧。
  8. ^ a b WWWF/WWF International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月5日閲覧。
  9. ^ a b c Matches of Mitsu Arakawa 1964-1974”. Cagematch.net. 2013年7月6日閲覧。
  10. ^ a b NWF World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月5日閲覧。
  11. ^ The most recent matches of Mitsu Arakawa”. Wrestlingdata.com. 2013年7月6日閲覧。
  12. ^ Midwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月4日閲覧。
  13. ^ NWA World Tag Team Title [Minneapolis]”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月4日閲覧。
  14. ^ NWA Pacific Coast Tag Team Title [Vancouver]”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月4日閲覧。
  15. ^ NWA Canadian Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月4日閲覧。
  16. ^ World Tag Team Title [Northwest Tri-State]”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月5日閲覧。
  17. ^ American Wrestling Alliance World Tag Team Title [San Francisco]”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月4日閲覧。
  18. ^ Stampede Wrestling International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月5日閲覧。
  19. ^ NWA World 6-Man Tag Team Title [Mid-America]”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月5日閲覧。