ミティガ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミティガ国際空港
مطار امعيتيقة الدولي
Mitiga International Airport
IATA: MJI - ICAO: HLLM
概要
国・地域  リビア
所在地 トリポリ
種類 軍民共用
標高 11 m (36 ft)
座標 北緯32度53分40秒 東経013度16分40秒 / 北緯32.89444度 東経13.27778度 / 32.89444; 13.27778
地図
リビアの空港の位置
リビアの空港の位置
MJI
リビアの空港の位置
滑走路
方向 長さ (m) 表面
03/21 1,829 アスファルト
11/29 3,376 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ミティガ国際空港(ミティガこくさいくうこう、: Mitiga International Airport)は、リビアの首都トリポリにある空港である。トリポリ市の中心部から東に約8kmの位置にある。

歴史[編集]

  • 1923年 イタリア軍により、メラハ軍用飛行場(aeroporto militare di Mellaha)として開港した。
  • 1943年 イギリス第8軍が奪取した。
  • 1945年 アメリカ軍司令部に移管され、ウイーラス空軍基地英語版と改名。
  • 1969年 リビア革命 (1969年)英語版によりアメリカ人が追放され、ウクバ・イブン・ナフィ空軍基地(قاعدة عقبة بن نافع الجوية)と改名。
  • 1986年 リビア爆撃 (1986年)により爆撃を受けた。
  • 1995年 民間空港として整備され、現在の空港名となった。
  • 2011年 2011年リビア内戦より反カダフィ勢力の支配下になる。
  • 2014年 トリポリ国際空港の閉鎖により、リビア唯一の国際空港となる。
  • 2019年4月8日 - リビア国民軍空爆を受け閉鎖[1]

就航路線[編集]

旅客[編集]

航空会社就航地
リビアの旗 アフリキヤ航空 クィーンアリア国際空港アンマン)、ボルグ・エル・アラブ空港アレクサンドリア)、ベニナ空港ベンガジ)、アタテュルク国際空港イスタンブール)、ハルツーム国際空港ハルツーム)、クフラ空港ジャウフ)、スファックス・タイナ国際空港(スファックス)、チュニス・カルタゴ国際空港チュニス
チャーター便:コトカ国際空港アクラ)、ディオリ・アマニ国際空港ニアメ
リビアの旗 リビア航空 クィーンアリア国際空港アンマン)、ボルグ・エル・アラブ空港アレクサンドリア)、ベニナ空港ベンガジ)、アタテュルク国際空港イスタンブール)、ハルツーム国際空港ハルツーム)、クフラ空港ジャウフ)、スファックス・タイナ国際空港(スファックス)、チュニス・カルタゴ国際空港チュニス
チャーター便:コトカ国際空港アクラ)、ディオリ・アマニ国際空港ニアメ
季節運航チャーター便:キング・アブドゥルアズィーズ国際空港ジッダ)、プリンス・モハンマド・ビン・アブドゥルアズィーズ国際空港マディーナ
リビアの旗 リビアン・ウィングス英語版 アタテュルク国際空港イスタンブール)、チュニス・カルタゴ国際空港チュニス)、
季節運航チャーター便:キング・アブドゥルアズィーズ国際空港ジッダ)、プリンス・モハンマド・ビン・アブドゥルアズィーズ国際空港マディーナ
マルタの旗 メダヴィア英語版 チャーター便:マルタ国際空港ルア

貨物[編集]

航空会社就航地
リビアの旗 Global Aviation and Services Group サビハ・ギョクチェン国際空港イスタンブール)、オーステンデ・ブルッヘ国際空港(オーステンデ

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ リビア、民兵組織が空爆開始 統一政府も反攻を宣言”. AFP (2019年4月7日). 2019年4月13日閲覧。