ミナルディ・M188

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミナルディ・M188 / M188B
カテゴリー F1
コンストラクター イタリアの旗 ミナルディ
デザイナー イタリアの旗 ジャコモ・カリーリ
イタリアの旗 アルド・コスタ
先代 ミナルディ・M187
後継 ミナルディ・M189
主要諸元
シャシー カーボンファイバー アルミニウム モノコック
エンジン フォード コスワース DFZ (Mader) 3.5リッター, 585馬力, V8 (90°), NA, ミッドエンジン
トランスミッション ミナルディ製 5速, セミAT
重量 506kg
燃料 アジップ
タイヤ グッドイヤー
ピレリ
主要成績
チーム ロイス・ミナルディ・チーム
ミナルディF1チーム
ドライバー スペインの旗 エイドリアン・カンポス
スペインの旗 ルイス・ペレス=サラ
イタリアの旗 ピエルルイジ・マルティニ
初戦 ブラジルの旗 1988年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
19 0 0 0
テンプレートを表示

ミナルディ・M188 (Minardi M188 ) は、ジャコモ・カリーリアルド・コスタが設計したフォーミュラ1カーで、1988年から1989年にかけてミナルディチームによって使用された。

M188[編集]

ターボ禁止を1年後に控えた1988年に、ミナルディはこれまで搭載していたモトーリ・モデルニV6ターボから、NAエンジンのコスワースDFZに変更した。タイヤはグッドイヤーを装着。

ドライバーは、昨年に引き続きエイドリアン・カンポス国際F3000に参戦していたルイス・ペレス=サラというスペイン人コンビがドライブするが、カンポスが成績不振により第5戦で解雇されると、代わりに1985年に在籍していたピエルルイジ・マルティニが呼び戻された[1]

そのマルティニが復帰戦となった第6戦でチーム初となる6位入賞し、コンストラクターズ10位を記録した。

1989年シーズン前には、スバルモトーリ・モデルニと手を組んで開発した水平対向12気筒エンジン[2]を搭載し、マルティニがシェイクダウンテストを行ったが、V型エンジンと比べると明らかに重量過多で、トラブル多発し、結局ミナルディはスバルから手を引いた。その1年後の1990年にコローニが搭載したが、前述と同じトラブルに見舞われ、第8戦で撤退し、キャスピタが搭載する予定だったエンジンも中止せざるを得なくなってしまった。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

M188B[編集]

1989年シーズンの開幕戦から第3戦モナコGPまでは前年の改良型であるM188Bを使用した。エンジンはコスワースDFRを搭載、タイヤはこの年からサプライヤーとして参入したピレリに変更した。ドライバーはサラとマルティニのコンビを継続。

第4戦以降は新型のM189へ交代した。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 コスワースDFR
  • 気筒数・角度 V型8気筒・90度
  • 排気量 3,493cc

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

シャシー タイヤ No ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1988年 M188 G BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
MEX
メキシコの旗
CAN
カナダの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
1 10
23 スペインの旗 カンポス Ret 16 DNQ DNQ DNQ
23 イタリアの旗 マルティニ 6 15 15 DNQ Ret DNQ Ret Ret Ret 13 7
24 スペインの旗 ペレス Ret 11 Ret 11 13 Ret NC Ret DNQ 10 DNQ Ret 8 12 15 Ret
1989年 M188B P BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
MEX
メキシコの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
6[3] 11
23 イタリアの旗 マルティニ Ret Ret Ret
24 スペインの旗 ペレス Ret Ret Ret
1988年
  • コンストラクターズ10位。
  • ドライバーズランキング-位:エイドリアン・カンポス(予選最高位22位1回 決勝最高位16位1回)第5戦まで参戦
  • ドライバーズランキング16位:ピエルルイジ・マルティニ(予選最高位14位3回 決勝最高位6位1回)第6戦以降参戦
  • ドライバーズランキング-位:ルイス・ペレス=サラ(予選最高位11位1回 決勝最高位8位1回)
1989年
  • コンストラクターズ10位。
  • ドライバーズランキング14位:ピエルルイジ・マルティニ(予選最高位3位1回 決勝最高位5位2回)第15戦のみ欠場
  • ドライバーズランキング26位:ルイス・ペレス=サラ(予選最高位9位1回 決勝最高位6位1回)

参照[編集]

  1. ^ マルティニはF1シートを失った後、サラと同様に国際F3000に参戦していた。
  2. ^ このエンジンは元々は高級スポーツカージオット・キャスピタに搭載するために開発された。
  3. ^ ミナルディ・M189でのポイントを含む。