ミナルディ・M189

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ミナルディ・M189
カテゴリー F1
コンストラクター イタリアの旗 ミナルディ
デザイナー イタリアの旗 アルド・コスタ
先代 ミナルディ・M188B
後継 ミナルディ・M190
主要諸元
シャシー カーボンファイバー アルミニウムモノコック
エンジン フォード コスワース DFR 3.5リッター, 595馬力, 90度 V8, NA, ミッドエンジン
トランスミッション ミナルディ製, 前進6速 + 後進1速, セミAT
重量 505kg
燃料 アジップ
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム ミナルディF1チーム
SCM ミナルディF1チーム
ドライバー イタリアの旗 ピエルルイジ・マルティニ
スペインの旗 ルイス・ペレス=サラ
イタリアの旗 パオロ・バリッラ
初戦 メキシコの旗 1989年メキシコグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
15 0 0 0
テンプレートを表示

ミナルディ・M189 (Minardi M189 ) は、ミナルディ1989年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。デザイナーはアルド・コスタ

開発と経緯 [編集]

1989年は開幕からの3戦を昨年型のM188Bで戦い、M189のデビュー戦は第4戦のメキシコGPとなった。エンジンは前年ベネトンが使用し、この年から市販されたコスワースDFRを搭載。タイヤはピレリ製。

デビュー後はリタイア・予選落ちを繰り返し、シーズン後半戦は予備予選組にまわる可能性が高かった。しかし、前半戦最後のイギリスGPでピエルルイジ・マルティニが5位、ルイス・ペレス=サラが6位とダブル入賞を果たしたことで、予備予選行きを回避することができた。

その後は完走率も向上し、マルティニはポルトガルGPで5位、オーストラリアGPで6位に入賞した。終盤戦はピレリの予選用タイヤ(Qタイヤ)とマッチして、マルティニがポルトガルGP5位、スペインGP4位、オーストラリアGP3位(マクラーレンホンダの2台に続く位置)という驚くべき予選成績を残した。マルティニが負傷欠場した日本GPでは、パオロ・バリッラが代役としてスポット参戦した。

チームは6ポイントを得、コンストラクターズランキング11位でシーズンを終えた。

1990年は開幕2戦のみ改良型のM189Bを使用し、マルティニとバリッラがドライブ。予選でのマルティニの好調は続き、開幕戦アメリカGPでは予選2位でチーム初(そして唯一)のフロントローに並んだ。しかし、マルティニは2戦とも完走したもののポイント獲得ならず、バリッラは2戦ともリタイアした。

第3戦からは新型のM190が投入された。

F1における全成績 [編集]

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1989年 M189 フォード コスワース
DFR
3,5 V8
P BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
MEX
メキシコの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
6 11位
23 イタリアの旗 ピエルルイジ・マルティニ Ret Ret Ret Ret 5 9 Ret 9 7 5 Ret 6
23 イタリアの旗 パオロ・バリッラ Ret
24 スペインの旗 ルイス・ペレス=サラ DNQ Ret Ret DNQ 6 DNQ Ret 15 8 12 Ret Ret DNQ
1990年 M189B フォード コスワース
DFR
3,5 V8
P USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
MEX
メキシコの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
0 -
23 イタリアの旗 ピエルルイジ・マルティニ 7 9
24 イタリアの旗 パオロ・バリッラ Ret Ret

脚注 [編集]