ミナルディ・M190

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ミナルディ・M190
カテゴリー F1
コンストラクター イタリアの旗 ミナルディ
デザイナー イタリアの旗 アルド・コスタ
先代 ミナルディ・M189B
後継 ミナルディ・M191
主要諸元
シャシー カーボンファイバー アルミニウム モノコック
エンジン フォード コスワース DFR 3.5リッター, 620馬力, 90度 V8, NA, ミッドエンジン
トランスミッション ミナルディ製, 前進5速 + 後進1速, MT
重量 505kg
燃料 アジップ
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム SCM ミナルディF1チーム
ドライバー イタリアの旗 ピエルルイジ・マルティニ
イタリアの旗 ジャンニ・モルビデリ
イタリアの旗 パオロ・バリッラ
初戦 サンマリノの旗 1990年サンマリノグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
14 0 0 0
テンプレートを表示

ミナルディ・M190Minardi M190)は、ミナルディ1990年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。デザイナーはアルド・コスタ

開発と経緯[編集]

1990年シーズンの序盤2戦はM189Bが投入され、M190は第3戦のサンマリノGPがデビュー戦であった。M189に比べるとノーズの先端が鋭く尖っているのが特徴だった。エンジンは市販型のコスワースDFRだったが、M190のデビューに合わせて、翌1991年からフェラーリ製V12エンジンを獲得することが発表された。

ドライバーはエースのピエルルイジ・マルティニと、前年スポット参戦したパオロ・バリッラのコンビ。マルティニはサンマリノGP予選中に足を骨折して決勝出場を断念し、チームの上げ潮ムードに水を差してしまった。

M190は信頼性に欠け、マルティニは完走5回、バリッラは完走4回に予選落ち6回と、見るべき成績を上げることはできなかった。バリッラはスペインGPでチームを離脱し、ジャンニ・モルビデリが残る2戦でドライブしたものの、いずれもリタイアに終わった。チームはシーズンを通してポイントを獲得することはできなかった。


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1990年 M190 フォード コスワース
DFR
3,5 V8
P USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
MEX
メキシコの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
0 -
23 イタリアの旗 ピエルルイジ・マルティニ DNS Ret Ret 12 Ret Ret Ret Ret 15 Ret 11 Ret 8 9
24 イタリアの旗 パオロ・バリッラ 11 Ret DNQ 14 DNQ 12 DNQ 15 Ret DNQ DNQ DNQ
24 イタリアの旗 ジャンニ・モルビデリ Ret Ret

参照[編集]