ミニッツレーサーMR-015シャーシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミニッツレーサーMR-015シャーシとは、2005年に発売された京商ミニッツレーサーのシャーシの一種である。

特徴[編集]

"MR-01シャシー"と同様のオフセット幅とシャシー幅で再設計されたミニッツレーサーシリーズシャシー。ナローと称されることもある。、交換できるよう改良したもの。搭載可能なボディのラインナップはかなり豊富である。 先代MR-01シャシーとの違いを上げると、フロントセクションの構造、リアまわりのベースとなるモーターマウントは左右1mmずつワイド寄りにオフセットされ、MR-02シャシーと同様に変更された。同じくMR-02同様MR-01では破損頻度が高かったサーボについてもサーボセイバーを搭載することによって破損頻度を大幅に下げることに成功した。MR-01の進化シャシーと言うよりは、MR-02のナロー版と言ったニュアンスのほうが近い。

種類[編集]

各形式の違いはモーターの位置で、型番末尾英数文字が形式の違いを表している。

M」とはマウント、Mの前のアルファベットは位置を示すR=Rear(リア)・M=(Mid-Ship)ミッドシップ・H=(High)ハイ

よくMR-01と同じモーターマウントと思われ混乱を招くことがあるが、実際は左右1mmずつワイド化されている。

MR-015RM
モーターを後輪車軸より後ろ側にマウントするタイプ。
MR-015MM
モーターを後輪車軸とメインシャシーの間にマウントするタイプ
MR-015HM
モーターを後輪車軸のほぼ真上にマウントするタイプ。
MR-015RML
MR-015RMからリアピッチングダンパーを除いたモデル。

備考[編集]

シャーシセット他の取扱説明書では、「トヨタ・エスティマ(MM)」がボディの例として書かれている。

関連項目[編集]