ミハイル・スボーチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミハイル・フェドロヴィッチ・スボーチン(Михаил Федорович Субботин 、Mikhail Fedorovich Subbotin, 1893年6月29日 - 1966年12月26日)はソビエト連邦天文学者天体力学の分野で業績を残した。

ロシア帝国支配下のポーランドオストロウェンカで生まれ、ワルシャワロストフ・ナ・ドヌで学んだ。1922年からタシュケントの天体物理研究所で働き、1925年にタシュケント天文台が独立すると所長に任じられた。1930年からレニングラード大学教授、1934年からレニングラード大学天文台の所長を務めた。1943年からソビエト理論天文学研究所長を務めた。月のクレータ(en:Subbotin (crater))に命名されている。