ミハイル・パヴロヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ミハイル・パヴロヴィチ
Михаил Павлович
Grand Duke Michael Pavlovich of Russia.JPG

出生 (1798-02-08) 1798年2月8日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国サンクトペテルブルク
死去 (1849-09-09) 1849年9月9日(51歳没)
Military ensign of Vistula Flotilla of Congress Poland.svg ポーランド立憲王国ワルシャワ
配偶者 シャルロッテ・フォン・ヴュルテンベルク(エレナ・パヴロヴナ)
子女 マリヤ
エリザヴェータ
エカチェリーナ
アレクサンドラ
アンナ
家名 ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家
父親 ロシア皇帝パーヴェル1世
母親 マリア・フョードロヴナ
テンプレートを表示

ミハイル・パヴロヴィチロシア語: Михаил Павлович1798年2月8日 - 1849年9月9日)は、ロシア大公。ロシア皇帝パーヴェル1世の四男、母は皇后マリア・フョードロヴナ。大公のために建築家カルロ・ロッシの設計で建設されたミハイロフスキー宮殿は、現在ロシア美術館の本館となっている。

1824年2月19日に、母方の従兄であるヴュルテンベルク王子パウルの娘シャルロッテと結婚した。改宗してエレナ・パヴロヴナと名乗った妻との間には5人の子女をもうけた。