ミハウ・ゲデオン・ラジヴィウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミハウ・ゲデオン・ラジヴィウ
Michał Gedeon Hieronim Radziwiłł
ラジヴィウ家
Michał Gedeon Radziwiłł.JPG
出生 (1778-09-24) 1778年9月24日
Chorągiew królewska króla Zygmunta III Wazy.svg ポーランド・リトアニア共和国ワルシャワ
死去 (1850-05-24) 1850年5月24日(71歳没)
Military ensign of Vistula Flotilla of Congress Poland.svg ポーランド立憲王国、ワルシャワ
配偶者 アレクサンドラ・ステツカ
子女 ミハリナ
カロル・アンジェイ
ジグムント
父親 ミハウ・ヒェロニム・ラジヴィウ
母親 ヘレナ・プシェジュジェツカ
テンプレートを表示
紋章

ミハウ・ゲデオン・ヒェロニム・ラジヴィウポーランド語:Michał Gedeon Hieronim Radziwiłł;リトアニア語:Mykolas Gedeonas Jeronimas Radvila、1778年 - 1850年)は、ポーランド・リトアニアの貴族、軍人、公(帝国諸侯)。ニェボルフその他の領主。ポズナン大公国総督アントニ・ヘンリク・ラジヴィウ公の弟。

生涯[編集]

ヴィリニュス県知事ミハウ・ヒェロニム・ラジヴィウ公の息子に生まれ、1794年にコシュチュシコ蜂起に参加した。ナポレオン・ボナパルトのポーランド遠征が始まると、フランス側の北部地域軍(同年に成立したワルシャワ公国では歩兵第5連隊)の大佐および司令官となる。グダニスクに包囲に参加後、連隊とともに同市への駐屯を命じられた。1811年、旅団司令官に昇任している。1812年ロシア戦役においては、ジャック・マクドナル麾下の第10軍団において、シャルル・ルイ・グランジャン将軍の率いる「分割ポーランド」旅団の司令官の一人となった。1813年になると、ジャン・ラップ将軍の下でグダニスク防衛戦に加わり、同市の陥落と同時に捕虜となる。1815年、ワルシャワ公国の消滅によって免職処分となり、領地ニェボルフに逼塞した。

1830年から1831年にかけての11月蜂起では、ラジヴィウはポーランド国民政府の閣僚となったほか、何度かポーランド軍の総司令官を務めた。しかしポーランドの敗北とともにロシアに送られ、ヤロスラヴリで抑留生活を送った。1836年にポーランドへの帰国を許され、1850年にワルシャワで死去した。