ミハエラ・ウルスレアサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ミハエラ・ウルスレアサMihaela Ursuleasa, 1978年9月27日 - 2012年8月2日)は、ルーマニア出身のピアニスト

ミハエラ・ウルスレア 2011.

経歴[編集]

ブラショフで、ジャズピアニストの父と歌手の母の下で生まれる。

9歳でピアニストとしてデビューを果たし、12歳の時にクラウディオ・アバドのアドバイスに従ってウィーン国立音楽院のハインツ・メジモレクに師事するようになった。 16歳でクララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで優勝を飾ってから国際的な活動を展開し、パーヴォ・ヤルヴィの指揮するドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメンサー・ネヴィル・マリナーの指揮するアカデミー室内管弦楽団[1]と共演している。室内楽奏者としても、ソル・ガベッタやパトリシア・コパチンスカヤ等と共演している。

2012年8月2日、ウィーンの自宅で脳内出血ため死去[2]。33歳没。

脚註[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ Mihaela Ursuleasa ist tot SPIEGEL ONLINE 2012年8月4日閲覧