ミヒャエル・ルンメニゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミヒャエル・ルンメニゲ Football pictogram.svg
名前
愛称 ミシェル
ラテン文字 Michael Rummenigge
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1964-02-03) 1964年2月3日(53歳)
出身地 ドイツリップシュタット
身長 176cm
体重 74kg
選手情報
ポジション MF / FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982-1988 西ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 152 (44)
1988-1993 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 157 (36)
1993-1995 日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ 42 (13)
代表歴
1983–1986 西ドイツの旗 西ドイツ 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ミヒャエル・ルンメニゲMichael Rummenigge1964年2月3日-)は、ドイツ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはMFFW

略歴[編集]

1980年代の名選手、カール=ハインツ・ルンメニゲ(現バイエルン・ミュンヘン会長)の実弟である。ただし兄とは違いMF(攻撃的MF)でプレーする機会が多かった。ブンデスリーガの名門バイエルン・ミュンヘンとボルシア・ドルトムントに在籍。バイエルンのユース時代にはSBSカップ 国際ユースサッカー参加の為来日し、優勝メンバーとなっている。バイエルン時代の1987年には UEFAチャンピオンズカップ準優勝。ドルトムント時代の1993年にはUEFAカップ決勝のユヴェントスFCとの第1戦で、開始早々に先制ゴールを挙げた。また西ドイツ代表として2試合に出場した経験を持つ。

1993年9月、最下位に低迷する浦和レッドダイヤモンズに加入すると主力選手として活躍、1994年にはチームトップの11得点を挙げた。 特徴として、後に浦和に入団するウーベ・バインがスルーパスを駆使する天才肌の選手とすれば、彼は職人肌の選手で、背筋を伸ばし前方ルックアップから正確で強いインサイドキックで左右にパスを散らしてゲームをコントロールしていた[要出典]

エピソード[編集]

  • 浦和への入団会見の際に「ミヒャエルではなくミシェルと呼んでほしい」と注文をつけたが、彼の在籍期間中にオリジナルのサポーターソングは遂に作られず、シンプルに「ミシェル」と連呼されるものだけであった。
  • 2006年シーズンの浦和J1制覇に際して、日本のサッカー雑誌の取材に応じ祝福のコメントを贈っている。
  • 浦和に所属していた頃から、サッカー選手の地位向上のための世界的な活動に参加していた。

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 DFBポカール 期間通算
1982-83 バイエルン・ミュンヘン ブンデスリーガ 1 0
1983-84 バイエルン・ミュンヘン ブンデスリーガ 33 11
1984-85 バイエルン・ミュンヘン ブンデスリーガ 24 5
1985-86 バイエルン・ミュンヘン ブンデスリーガ 31 10
1986-87 バイエルン・ミュンヘン ブンデスリーガ 31 8
1987-88 バイエルン・ミュンヘン ブンデスリーガ 32 10
1988-89 ボルシア・ドルトムント ブンデスリーガ 32 4
1989-90 ボルシア・ドルトムント ブンデスリーガ 29 9
1990-91 ボルシア・ドルトムント ブンデスリーガ 31 8
1991-92 ボルシア・ドルトムント ブンデスリーガ 36 10
1992-93 ボルシア・ドルトムント ブンデスリーガ 26 4
1993-94 ボルシア・ドルトムント ブンデスリーガ 3 1
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1993 浦和 - J 6 1 3 3 2 0 11 4
1994 浦和 - J 27 11 2 1 0 0 29 12
1995 浦和 - J 9 1 - - 0 0 9 1
通算 ドイツ ブンデスリーガ 309 80
日本 J 42 13 5 4 2 0 49 17
総通算 351 93