お知らせ:「ご利用上の注意」の変更について

ミュージックビデオ専門/VMC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
100%ヒッツ!スペースシャワーTVプラス
100% HITS! SPACE SHOWER TV Plus
100%ヒッツ!スペースシャワーTVプラスHD
100% HITS! SPACE SHOWER TV Plus HD
基本情報
運営(番組供給)事業者 株式会社スペースシャワーネットワーク
本社(本部) 〒106-8011
東京都港区六本木三丁目16番35号イースト六本木ビル
旧チャンネル名 スペースシャワーVideo Music Ch.( - 2004年7月31日)
Video Music Ch.(2004年8月1日 - 2005年11月30日)
ミュージックビデオ専門/VMC(2005年12月1日 - 2011年3月31日)
放送(配信)開始 2002年4月1日
HD放送(配信)開始 2009年10月1日
ジャンル 音楽
放送内容 ミュージックビデオ(ビデオクリップ)専門
視聴料金 月額600円(税込630円)
スカパー!
放送事業者 株式会社スペースシャワーネットワーク
HD放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.732
HDチャンネル番号 Ch.643(HD)
放送開始 2002年4月1日
HD放送開始 2009年10月1日
その他(再送信・配信)
ひかりTV  601,651(HD)
eo光テレビ  842(HD)
公式サイト
Channel [V]
基本情報
運営(番組供給)事業者 STAR
放送(配信)開始 1997年7月1日
放送(配信)終了 2002年3月31日
ジャンル 音楽
放送内容 洋楽ビデオクリップなど
スカパー!
放送事業者 株式会社スペースシャワーネットワーク
チャンネル番号 Ch.732
放送開始 1998年7月15日
放送終了 2002年3月31日
公式サイト
特記事項:
※1997年7月1日 - 2000年3月31日までの間、Ch.350(委託放送事業者はスカイエンターテイメント)でも放送していた。

100%ヒッツ!スペースシャワーTVプラス(ひゃくパーセントヒッツ!スペースシャワーティーヴィプラス、100% HITS! SPACE SHOWER TV Plus)は、株式会社スペースシャワーネットワークが運営する音楽専門チャンネルスカパー!や、ひかりTV、一部のケーブルテレビなどで視聴できる。2011年4月1日0時、「ミュージックビデオ専門/VMC」からチャンネル名を変更した。

VJ番組が多いスペースシャワーTVとは異なり、ミュージックビデオを中心に一部時間帯で「ロンドン・ライブ」(VMC時代の2010年7月放送開始)などのライブ映像が流れる。

目次

沿革

  • 1998年7月 - ニューズ・コーポレーション傘下のニューズ・ブロードキャスティング・ジャパン(NBJ、現FOXインターナショナル・チャンネルズ)、スカイパーフェクTV!(当時。Ch.732)にて「Channel [V]」(香港・STARが運営する音楽専門チャンネル)放送開始。
    • Ch.350でもスカイエンターテイメント(現在のジェイ・スポーツ・ブロードキャスティング(J SPORTS))により1997年7月~2000年3月の間放送されていた。
  • 2002年1月 - スペースシャワーネットワーク、NBJよりChannel [V]事業を承継。[1]
  • 2002年4月 - 「スペースシャワーVideo Music Ch.」(VMC)開局(「Channel [V]」からチャンネル名変更)。
  • 2004年8月 - 「Video Music Ch.」にチャンネル名変更。
  • 2005年12月 - 「ミュージックビデオ専門/VMC」にチャンネル名変更。
  • 2009年10月 - スカパー!HD、ひかりTVにてハイビジョン放送(チャンネル名は「ミュージックビデオ専門/VMC HD」)開始。
  • 2011年4月 - チャンネル名を「100%ヒッツ!スペースシャワーTVプラス」に変更[2]

※VMC開局以降はチャンネル名称の変更の際、番組構成の変更はなかった。

チャンネル構成

  • 前身の「Channel [V]」は、洋楽100%の比率で放送(過去は、アジア向けのプログラムだったが、「スタープラス/アジアTV」移行し放送していた。)。
  • VMCスタート後は、洋楽邦楽共に50%での比率に変更(月で1洋楽特集を組むことが多いため、若干洋楽の割合が多かった)。
  • 開局から2006年4月上旬までは、リクエストを基本に、ジャンル別、ランキング、最新ミュージックビデオをONAIRしていた。
  • 2006年4月中旬から、リクエストでのON AIRから、新着ミュージックビデオからのVMCの選曲での放送を基本とした放送となったため、リクエスト編成が1時間のみとなった。
  • 2007年9月より編成を大幅変更し、リクエスト枠、アーティスト特集枠の増設、VMCの選曲枠の改変の伴う、洋楽・邦楽ごとの編成、2000年代のミュージックビデオ編成、アイドル枠、アジア・韓国枠が新たに加わった。
  • 2011年4月より、「スペースシャワーTVプラス」に変更に伴い、スカパーでの契約では、スペースシャワーTVとセット販売が開始(セット契約で、1050円)し、ミュージックビデオやライブ映像を基本放送することに関しては、従来通りだが、編成が新旧のヒット曲が基本となり、VMCに比べ、邦楽の割合が高くなったため、洋楽に関しては従来より番組が数が減少している。

VMCで放送されていた番組

  • SELECTA

毎週様々なアーティストが選曲した曲を放送するもの。

  • ヒッツアゲイン邦楽・洋楽

数年前にヒットした曲を放送するもの。

  • CLASSIC ZONE(POPS・INTERNATIONAL・R&B)

かつてのヒット曲を放送するもの。

  • ARTISTJP/INT'L

洋楽・邦楽で毎週1組のアーティストのPVを放送するもの。30分と60分に分かれている。

  • 洋楽・邦楽リクエスト

視聴者から送られたリクエスト曲のPVを放送するもの。

  • The masters Colection

毎週1組の邦楽アーティストのPVを取り上げるというもの。

  • VMC SPECIAL

毎週2組の洋楽・邦楽のアーティストを取り上げるというもの。また、テーマの時もある。なお、放送時間はまちまちである。

脚注

関連項目

今日は何の日(3月29日

もっと見る

「ミュージックビデオ専門/VMC」のQ&A