ミライon図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Library) w.svg ミライon図書館
Nagasaki pref.& Omura city library
施設情報
正式名称 長崎県立・大村市立一体型図書館
愛称 ミライon
前身 長崎県立長崎図書館大村市立図書館
専門分野 総合
延床面積 約13,300[1] m2
開館 2019年(令和元年)10月5日[1][2][3]
所在地 856-0831
長崎県大村市東本町 481
位置 北緯32度54分34.25秒 東経129度57分41.0秒 / 北緯32.9095139度 東経129.961389度 / 32.9095139; 129.961389座標: 北緯32度54分34.25秒 東経129度57分41.0秒 / 北緯32.9095139度 東経129.961389度 / 32.9095139; 129.961389
統計・組織情報
蔵書数 約125万冊[3](2019年時点)
館長 渡辺斉志[3]
公式サイト https://miraionlibrary.jp/
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

ミライon図書館(みらいおんとしょかん)は、長崎県大村市にある県立市立一体複合型図書館施設。都道府県市町村が共同運営する図書館は、高知県オーテピア高知図書館以来、日本で2例目である[2]

概要[編集]

収蔵能力は202万冊で九州の県立図書館としては、最多の収蔵数を誇る[2]。開館時点の蔵書数は約125万冊[1][3]で、そのうち開架図書は25万冊[1]

施設[編集]

建物自体は6階建てで、一般利用者は4階まで入館できる[2]

  • 4階 - 資料閲覧スペース
  • 3階 - 一般資料開架スペース(一般書約21万冊)
  • 2階 - 学習スペース(104席。76名収容の研修室、6名で使用できるグループ室4室)
  • 1階 - こども室(絵本・児童書など約4万冊)、おはなしのへや(絵本の読み聞かせ)、多目的ホール(200名収容)、カフェ施設、大村市歴史資料館

沿革[編集]

  • 2019年平成31年)
    • 1月 - 長崎県立長崎図書館の移転に伴って、大村市立図書館の敷地を県立・市立一体型図書館施設として改称・改築。
  • 同年(令和元年)

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 新たな知の拠点 誕生祝う ミライon図書館”. 長崎新聞社 (2019年10月6日). 2019年10月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 中川壮 (2019年10月6日). “長崎)「ミライon図書館」開館 九州最大規模”. 朝日新聞社. 2019年10月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 新県立図書館が開館 大村、初日からにぎわう”. 読売新聞社 (2019年10月6日). 2019年10月7日閲覧。

参考資料[編集]

  • 長崎県教育だよりながさき「元気ひろば」No.72(令和元年7月発行)

関連項目[編集]

ミライon図書館 公式ホームページ