ミラクルアドマイヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ミラクルアドマイヤ
欧字表記 Miracle Admire
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1995年3月3日
死没 不明
トニービン
バレークイーン
母の父 Sadler's Wells
生国 日本の旗 日本北海道早来町
生産 ノーザンファーム
馬主 近藤利一
調教師 作田誠二栗東
競走成績
生涯成績 3戦1勝
獲得賞金 582万円
テンプレートを表示

ミラクルアドマイヤ日本競走馬種牡馬

経歴[編集]

現役時代[編集]

中央競馬で競走生活を送る。1998年3月の未勝利戦で初勝利を挙げるが、その後は脚部不安のためわずか2戦で引退。通算成績は3戦1勝と凡庸の域を出るものではないが、父が名種牡馬トニービン、母が東京優駿の勝ち馬フサイチコンコルドを出したバレークイーンという血統の良さを評価されて種牡馬となった。

種牡馬時代[編集]

2000年から社台スタリオンステーション荻伏で繋養されたが、良血馬とはいえ当初の評価はそれほど高いものではなく、初年度こそ39頭の牝馬を集めたが年々種付け数は減少し、2003年の種付け数はわずか1頭のみである。だがその少ない産駒からカンパニー2004年クラシック路線に名乗りを上げ、この年ブリーダーズ・スタリオン・ステーションに移動、種付け数が171頭にまで激増した。

しかしその2005年度産駒からまったく活躍馬が出なかったため評価はふたたび急落、2007年種付けシーズン終了後の10月31日日高軽種馬農協 (HBA) 門別種馬場に移動したが、2008年の種付け数は10頭にとどまりシーズン終了後に種牡馬を引退。ブリーダーズ・スタリオン・ステーションからノーザンホースパークへ移動し、去勢され乗馬として繋養されたが、2009年8月に退厩し廃用となった。その後に産駒のカンパニーがGIを連勝し、引退後は種牡馬として後継となったが、ミラクルアドマイヤ自身の以後の処遇は明らかになっておらず、余生を送れず廃用になった理由も不明である。

主な産駒[編集]

血統表[編集]

ミラクルアドマイヤ血統グレイソヴリン系 / 5代までアウトクロス (血統表の出典)

*トニービン
Tony Bin
1983 鹿毛
*カンパラ
Kampala
1976 黒鹿毛
Kalamoun *ゼダーン
Khairunissa
State Pension *オンリーフォアライフ
Lorelei
Severn Bridge
1965 栗毛
Hornbeam Hyperion
Thicket
Priddy Fair Preciptic
Campanette

*バレークイーン
Ballet Queen
1988 鹿毛
Sadler's Wells
1981 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
Sun Princess
1980 鹿毛
*イングリッシュプリンス
English Prince
Petingo
English Miss
Sunny Valley Val de Loir
Sunland F-No.1-l
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典