ミラクルコミック大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミラクルコミック大賞は、週刊ヤングジャンプ増刊『ミラクルジャンプ』で行われる漫画新人賞である。[1]

概要[編集]

『緻密なる未来世界。壮大なる幻想世界。描き出せ、君の手で。』をコンセプトに、次世代に向けた新たなSF・FANTASY作品を創出するために生まれた漫画賞である。
ミラクルジャンプの発行間隔(隔月)で募集と発表が行われており、各募集回の選考作品と年間を通して選ばれる年間最優秀作品は、ヤングジャンプ編集長と招聘されるクリエイター二名によって審査される。
第一回(2011年)の審査員は太田垣康男松本次郎ふなつ一輝岡本倫水無月すう鈴木央谷口悟朗冲方丁等が居り、第二回(2012年)第一期審査員は井上和郎水島精二、第二期審査員は太田垣康男谷口悟朗である。

賞金[編集]

ミラクル王者 300万円 (毎回必ず選出される)
優秀賞 30万円
奨励賞 10万円

受賞者特典として神保町マンガラボ(ヤングジャンプ編集部が設けた漫画制作環境)が利用でき、クリエイター等によるワークショップの開催も予定されている。
年間最優秀作品は受賞作品が短編アニメ化され、公式WEBサイトにおいて公開される。

ミラクル王者[編集]

募集回 作者名 作品タイトル
第一回第一期 古味慎也 EX-VITA
第一回第二期 梶山昊頌 軌道エレベーターガール
第一回第三期 天の川隆彦 悲劇駆逐法
第一回第四期 佐竹幸典 UNCROWNED


脚注[編集]