ミラノ・スカラ座フィルハーモニー管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ミラノ・スカラ座管弦楽団(ミラノ・スカラざ かんげんがくだん、:l'Orchestra della Scala di Milano)は、イタリアミラノ市にある歌劇場スカラ座を本拠地とするオーケストラ

概要[編集]

当楽団は、スカラ座におけるオペラバレエ公演の演奏が主要な活動だが、劇場のオフシーズンである6月から10月には独自にシンフォニー・オーケストラとしての活動も行っている。

スカラ座開場の1778年に創設。古くから交響曲や協奏曲などのコンサートを行っていたが、アルトゥーロ・トスカニーニがスカラ座の音楽監督に就任したことで、より活動を本格化させた。その後、当時スカラ座の音楽監督だったクラウディオ・アバド1982年、正式にスカラ座フィルハーモニー管弦楽団(Filarmonica della Scala)を設立。独立したオーケストラとして今日まで充実したコンサートを継続している。特にムーティ時代にはヨーロッパ各国や日本ツアーを積極的に行い、当楽団がシンフォニー・オーケストラとしても高い実力を持っていることを世に明らかにした。

録音[編集]

レコーディングはオペラが多数を占めるが、近年はイタリア物に限らずシンフォニー分野の楽曲にも多数の録音を残している。一例として、ムーティによるヴィヴァルディ《四季》ブラームスエルガーの管弦楽曲、カルロ・マリア・ジュリーニによるベートーヴェンの交響曲集、バレンボイムによるマーラー《交響曲第9番》などがある。

脚注[編集]

注釈・出典[編集]

公式サイト (イタリア語、英語)