ミラリード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社ミラリード
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 MIRAREED
本社所在地 日本の旗 日本
140-0002
東京都品川区東品川4丁目12-6
日立ソリューションズタワーB棟19階
設立 1979年2月1日[1]
業種 電気機器
法人番号 2010401029008
事業内容 自動車用品の製造・販売、バイオマスプラスチックの開発・製造
代表者 破産管財人 安部祐志[2]
資本金 3000万円
従業員数 80名
テンプレートを表示

株式会社ミラリードは、かつて存在した自動車用品の製造販売を行っていた会社。

概要[編集]

1979年創業。MIRAREEDの商標を用いた自動車用品、アフターパーツをカー用品チェーン店やホームセンター通じて販売していた。2010年代に入り、若年層の自動車離れが進むなか国内カー用品の市場規模も縮小[3]すると、新たにバイオマスプラスチック製造事業へ進出したほか、高齢者を意識したブレーキとアクセルの踏み間違え事故防止装置「ペダルの見張り番」の開発してオートバックスを通じて販売する[4]など新規事業の開拓を進めたが、2018年後半に資金繰りが急速に悪化。2019年1月18日に債務整理を弁護士に一任[1]。2019年3月15日に関連会社であるミラリードホールディングスと共に東京地方裁判所から破産手続開始決定を受けた。負債総額は約27億5000万円[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b TSR速報 (株)ミラリード”. 東京商工リサーチ (2019年1月21日). 2019年2月16日閲覧。
  2. ^ a b TSR速報 (株)ミラリードほか1社”. 東京商工リサーチ (2019年3月20日). 2019年4月15日閲覧。
  3. ^ 自動車カー用品市場は縮小傾向、矢野経済研究所調べ”. モーターカーズ.jp (2016年2月5日). 2019年2月16日閲覧。
  4. ^ ペダルの見張り番”. オートバックス. 2019年2月16日閲覧。