ミラーを拭く男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ミラーを拭く男』(ミラーをふくおとこ)は2004年8月21日に公開された日本映画2003年10月に長野で先行公開された。サンダンス・NHK国際映像作家賞2002入賞作品。

あらすじ[編集]

定年を間近に控えたサラリーマンの皆川勤は、思わぬ交通事故を起こしてしまう。被害者は軽傷だったが、執拗に金銭を要求してくる。対応は妻の紀子に任せきりで、皆川は堅く口を閉ざしたままだ。そんな父に対して息子の芳郎と娘の真由美は、冷たい態度をとる。家族に黙って会社を辞めた皆川は、市内のカーブミラーを拭き始めた。そして家族から離れ、全国のカーブミラーを拭く旅に出る。家族の崩壊と再生の物語。

キャスト[編集]

皆川勤
演 - 緒形拳
カーブミラーを拭くというボランティア活動(以下、「ミラー拭き」)で全国を周っている。63歳。「ミラー拭き」を始めたのは、3年前にカーブミラーが汚れていたせいで人身事故を起こした[1]ことがきっかけ。事故後から市内のミラーを拭き始め、その後北海道から脚立や掃除道具などを乗せた自転車で南下する「ミラー拭き」の旅に出る。元々か事故後からは不明だが、寡黙な性格で多くを語らないが実直で忍耐力があり、3年前に事故を起こすまで会社を病気などで休んだことがなかった。趣味は将棋で、テレビの将棋講座を視聴するなどしている
皆川紀子
演 - 栗原小巻
東京の一軒家で家族で暮らしている。3年前に勤が事故を起こして以来、被害者の祖父との応対を夫の代わりにしている。また、事故後から勤が理由を告げないまま会社を休んで「ミラー拭き」を始めたため、気苦労が絶えない。その後「ミラー拭き」を取り上げたマスコミのことを「夫は個人的にやっているだけなのに、ニュースで取り上げたら途中で辞めにくくなる」とあまり良く思っていない。事故の被害者の祖父と若い妻と会い、1人になった後年の差を笑うなど少々性格が悪い。これまで車の免許を持っていなかったが、勤が「ミラー拭き」の旅に出た後車の必要性を感じて教習所に通い始める。
皆川真由美
演 - 国仲涼子
勤の娘。大学生か専門学校生。勤が起こした事故が、被害者の女の子の不注意と親がそばにいなかったことなどから「父だけの責任になるのはおかしい。被害者の祖父に因縁つけられてるのでは?」と思っている。紀子に似て口が悪い所がある。甘い物好きで、夕食前にパフェアイスクリームを食べて紀子から文句を言われている。
皆川芳郎
演 - 辺土名一茶
勤の息子。真由美の兄。茶髪にピアスをしているが、社会人としてどこかで働いている。事故直後から被害者との電話応対などを紀子に任せる勤に不満を持っている。数日後車で市内を運転中にカーブミラーの前に置いた脚立に乗って何かをする勤を見つけて、帰宅後紀子に伝えたことで「ミラー拭き」を始めたことを知る。冒頭で東北の病院に入院した勤を見舞うため家族と共に駆けつけ、加害者の若者の責任の度合いを巡って話し合う。気が短い性格で作中では基本的に不機嫌なことが多い。
鴇田ひかり
演 - 水野久美
勤の姉。皆川家を訪問しキッチンで真由美と話していた所、後から来た溝口が玄関先で紀子に怒っているのを耳にする。それについて真由美と会話し、相手が帰宅後に紀子を気遣う言葉をかける。
溝口幸治
演 - 長門裕之特別出演[2]
3年前に勤が起こした自動車事故の被害者(孫娘)の祖父。事故後電話による謝罪しかしてこない勤に腹を立てて自宅に訪れ、代わりに応対した紀子に誠意を見せるよう文句を言う。その後も“夫の体調が悪い”と言う紀子に対応の悪さを彼女の自宅の玄関先や電話口で文句を言う。
熊代秀治
演 - 大滝秀治
皆川家と同じ市内の住人。数年前に幼かった孫娘を事故で亡くしており、その賠償金で事故現場にカーブミラーを設置した。事故現場では前々から自身を含めた住民が事故の恐れを感じてカーブミラーを望んでいたのに設置してもらえず、孫娘が死んでから市役所がミラーの必要性に気づいたことを腹立たしく思っている。ミラーを寄贈したことを知った勤が、自宅に話を聞きに来る。
佐々木智和
演 - 小倉一郎
皆川家が暮らす市の市役所の土木建築課の職員。市役所に訪れた紀子から、カーブミラーの清掃をするのに申請がいるかなどの質問を受ける。
飯沼隆
演 - 西川弘志
皆川家と同じ市内にある自動車販売店(SUBARU)の社員。店にやってきた紀子に販売している車のことを説明する。
上野恒男
演 - 津川雅彦
北海道から出るフェリーの客。元会社の役員で勤と同い年。関西人らしく関西弁で話す。定年を機に時間に余裕ができたため、以前からの夢だった自転車で北海道を巡るツーリングをしている。北海道から帰るフェリーで勤と知り合い、雑談を交わした後携帯電話の番号を教える。数年前に妻を亡くしている。行動力や企画力があるがドライな考え方の持ち主。その後勤と再会し、「ミラー拭き」に協力する。
木下庸司
演 - 山本圭
札幌市役所の職員。ある日市役所に訪れた勤から札幌市内にあるミラーの数を尋ねられ、1,800機以上あることを伝える。テレビで「ミラー拭き」を見て勤のことを知っており、仕事終わりに居酒屋に誘って彼と酒を飲みながら活動について話を聞く。
村井博之
演 - 笑福亭松之助
北海道のとある街の広い市場の客。家族で市場に訪れた所「ミラー拭き」で顔が知られるようになった勤とたまたま出会い皆で写真を撮り、彼に「あそこのミラーが汚れてる」と話しかける。
真下加奈
演 - 滝裕可里
東北のとある田舎町に住む中学生ぐらいの少女。自転車で帰宅時に勤と出会う。地元の道路にミラーの数が少ないことに不満を持っており、当初勤を役場の職員と勘違いし、彼が乗る脚立にわざとぶつかるという嫌がらせをした。直後に「ミラー拭き」をする勤と気づいてお詫びの印に自宅の夕食に招く。
真下辰巳
演 - 本田博太郎
加奈の父。加奈が招待した勤や近所の人たちと大勢で食卓を囲む。以前車好きな息子が事故を起こした後家を出て行った。地元にはカーブミラーが3機しかなく、以前から役場に事故を予防するためにミラーを増やしたいと思っており、知名度がある勤に役所へのはたらきかけを頼む。
真下節
演 - 風見章子
加奈の祖母。亡き夫が生前乗っていた軽トラックを、「ミラー拭き」の旅の移動手段として使ってくれるよう勤に提案する。
須藤公孝
演 - 江藤漢斉
真下家の地元の住人。近所の人たちを集めた真下家の夕食で酒を飲み、勤に「全国のミラーを拭くのはさすがに無理でしょ」と意見する。
石井幸男
演 - 松尾敏伸
冒頭の勤が被害に遭った事故の加害者。東北の海沿いの道路を車で走っていた所、「ミラー拭き」をしていた勤と接触事故を起こす。勤が入院する病院で出会った芳郎に「僕の車は脚立に当たっただけで、直接(勤の)体には当たっていない」と主張する。
山村憲一
演 - 奥村公延
海沿いの街で暮らす人。冒頭で事故に遭った勤を他の地元の人たちと共に様子をうかがい、動揺している幸男に警察や救急車を呼ぶよう指示する。
米田義弘[3]
演 - 岸部一徳
ちゅうおうテレビ局プロデューサー。「ミラー拭き」をする勤に興味を持ち、いつ頃からかその様子をディレクターの“はしもと”を連れて数日ごとに密着取材してきた。勤が病院に運ばれたと聞いて紀子に状況を聞く。

スタッフ[編集]

  • 脚本・監督:梶田征則
  • プロデューサー:竹村幸男、上田信、吉田晴彦、木谷奈津子、大橋孝史
  • 撮影:上野彰吾
  • 照明:黒田紀彦
  • 音楽:千住明
  • 製作:『ミラーを拭く男』パートナーズ
ヴィジョンファクトリー
NHKエンタープライズ21
イエス・ビジョンズ
日本スカイウェイ
パル企画
  • 配給:パル企画

テーマ曲[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 真由美によると「勤が車を運転していた所ミラーがよく見えず道路を飛び出した女の子に接触してしまい、かすり傷程度の怪我を負わせてミラーの支柱に当たって停車した」というもの。
  2. ^ 皆川家の玄関で紀子と会話するシーンがあるが作中では長門の姿が映らない状態で撮影されており、実質声のみの出演となっている。
  3. ^ 表記ミスかは不明だが、作中では“まなべ”と名乗っている。