ミラ (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ミラ
Mira horse.jpg
欧字表記 Mira
品種 サラブレッド系種
性別
毛色 赤毛[1]鹿毛
生誕 1895年
死没 不明
不明
不明
母の父 不明
生国 オーストラリアの旗 オーストラリア
生産 不明
馬主 ロシヤ氏[2]
調教師 不明
競走成績
生涯成績 13戦10勝
獲得賞金 不明
テンプレートを表示

ミラMira)は日本競走馬繁殖牝馬。子孫に帝室御賞典八大競走に優勝するなど活躍した競走馬が多く、本馬を基点とする牝系ミラ系と呼ばれる。

経歴[編集]

1895年オーストラリアで誕生したとされる。1899年9月、日本レース・倶楽部によって30頭のオーストラリア産軽種馬が輸入され、そのうちの一頭にミラが含まれていた。その際血統書がなかったために外見上はサラブレッドと思われたものの、血統不詳によりサラブレッド系種とされた。

競走馬時代は「ミラー」(英字表記はMirror)と呼ばれ[3]、同年11月21日横浜競馬場秋季開催の「くじ引き豪州競馬」でデビューし優勝。以後、横浜ダービーやジャパン・セントレジャー優勝を含め、翌年秋季開催3日目まで7連勝を遂げる。最終日に7歳の古馬ゼカウントに敗れ初の敗戦を喫したが、翌春の横浜開催ではふたたび3連勝。2日目のブリスベーン賞盃、3日目の混合優勝景物ではそれぞれ1600メートル、2000メートルのレコードタイムで走破した。

最後のシーズンとなった横浜秋季開催では、初日にホウフィンチ、最終日にゼクラウンと、それぞれ春季の混合優勝景物で破った相手に敗戦を喫し、これを最後に競走馬を引退した。通算成績は13戦10勝・2着3回であった。

競走馬引退後は、1500円という当時としては異例の高価で新冠御料牧場に買い上げられ、繁殖牝馬として繋養された[4]。繁殖としても優れた成績を残し、同じオーストラリア産サラブレッド系種である第二スプーネーとの間に産んだ牡駒シノリが帝室御賞典に優勝。シノリの全妹にあたる牝駒第二ミラ、第三ミラを介し、子孫から優秀な競走馬が次々と生まれた。ミラの血統が不詳であったことから、その子孫もミラと同様サラブレッド系種として扱われ、それを原因としてさまざまな不遇を受けたが、子孫で総合して帝室御賞典8勝、八大競走5勝うち東京優駿2勝と、「純血サラブレッド」と互角の成績を挙げた。

日本競馬黎明期に残した優れた競走成績、および繁殖牝馬としての成績・後年への影響から、今日ミラは「日本競馬最初の名牝」とも評されている。

競走成績[編集]

※空白部分は資料散逸により不明

年月日 レース名 着順 距離 タイム 優勝馬
1899 11. 21 横浜 クジ引き濠州産馬 1着 1200m 1:24.1
11. 22 横浜 濠州馬ハンデ 1着 1600m
1900 5. 14 横浜 コスモポリタン景物 1着 1200m 1:23 1/5
5. 15 横浜 横浜ダービー 1着 2400m 2:53 3/5
5. 16 横浜 混合優勝景物 1着 2000m 2:24 3/4
11. 5 横浜 万歳景物 1着 1800m 2:11 3/4
11. 6 横浜 ジャパンセントレジャー 1着 2400m 3:21.0
11. 7 横浜 混合優勝景物 2着 2000m 2:23 1/5 ゼカウント
1901 5. 13 横浜 コスモポリタン景物 1着 1200m 1:22.9
5. 14 横浜 ブリスベーン賞盃 1着 1600m R1:50.0
5. 15 横浜 混合優勝景物 1着 2000m R2:20.0
11. 4 横浜 明治22年以来5勝以上 2着 1600m 1:50 1/5 ホウフィンチ
11. 7 横浜 本邦産濠州産馬 2着 1600m 1:58 1/2 ゼクラウン

ミラの主な子孫[編集]

参考文献[編集]

  • 早坂まさお「豪州からきた毛色赤の血統不明馬」(中央競馬ピーアール・センター編『日本の名馬・名勝負物語』〈1980年〉所収)
  • 『競馬名牝読本』 宝島社〈別冊宝島〉、1996年。ISBN 4-7966-9247-9。
  • 伊与田翔「名牝ミラ神話の彼方へ」(『書斎の競馬』第1号〈1999年〉所収)

脚注[編集]

  1. ^ 英語の「Red」を直訳したものであり、新冠御料牧場に購買されたとき鹿毛と変更されている(『日本の名馬・名勝負物語』p.6)。
  2. ^ ロシア公使館員の仮定名称
  3. ^ 『日本の名馬・名勝負物語』p.8
  4. ^ 同時に購買されたほかの2頭の価格は、それぞれ550円、650円であった(『書斎の競馬』p.109)。

関連項目[編集]