ミリアム・スティーブンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミリアム・スティーブンソン
Miriam Stevenson
プロフィール
生年月日 1933年7月4日
現年齢 85歳
出身地 サウスカロライナ州ウィンズボロ
瞳の色 ブルー
毛髪の色 ライトブラウン
公称サイズ(1954年[1]時点)
身長 / 体重 168 cm / 54 kg
BMI 19.1
スリーサイズ 91.5 - 61 - 91.5 cm
活動
デビュー 1954
備考 第3回ミス・ユニバース世界大会優勝
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

ミリアム・スティーブンソン(Miriam Jacqueline Stevenson, 1933年7月4日-)は、アメリカ合衆国のテレビ司会者。1954年、第3回ミス・ユニバースに選ばれる(アメリカ代表として初)。サウスカロライナ州ウィンズボロ出身[2]

ミス・ユニバース[編集]

1954年、サウスカロライナ代表としてミスUSAに出場。優勝し、ミス・ユニバースの参加資格を得る。

1954年7月24日カリフォルニア州ロングビーチで開催された決勝戦で優勝、第3回ミス・ユニバースとなる。

ミス・ブラジルのマーサ・ロチャと同点で並ぶも、同点決勝で彼女が選ばれた。(都市)伝説によると、当時主要スポンサーだったカタリナの意向により、同社の水着が似合う体型の持ち主にミスの王冠が渡されたという。マーサのヒップは彼女のそれより2インチ大きかった[3]。ミス・ユニバースの賞品の自動車を、彼女は残念賞(consolatory prize)としてマーサに譲渡している[4]

その後[編集]

ミスの座にある1年間、彼女はユニバーサル・スタジオと契約する。

1954年、TVシリーズ『The Colgate Comedy Hour 』に出演(本人役)[5]

その後、サウスカロライナに帰り、コロンビア市のテレビ局WIS-TVで司会者となる[6]。ここで将来の夫であるDonald Uptonと出会う。二人は結婚し、二児を設ける。[2]

1959年、TVシリーズ『To Tell the Truth』に出演(本人役)[5]

出典[編集]

  1. ^ “South Carolina's Miriam Stevenson Wins "Miss Universe"; Miss Brazil Second”. Spokane Daily Chronicle. (1954年7月24日). https://news.google.com/newspapers?id=2M8bAAAAIBAJ&sjid=y1AEAAAAIBAJ&pg=5678,1215300&dq=miss-universe+miriam-stevenson&hl=en 2019年4月19日閲覧。 
  2. ^ a b Miriam Stevenson (USA) Miss Universe 1954. Photo Gallery”. top-beautiful-women.com (2013年6月13日). 2018年11月18日閲覧。
  3. ^ “Judges Are Hep To Hips”. The Miami News. (1954年7月24日) 
  4. ^ 60th place – Miss Universe 1954 –Miriam Stevenson, USA”. globalbeauties.com. Global Beauties (2011年3月4日). 2011年3月7日閲覧。
  5. ^ a b Miriam Stevenson”. IMDb. 2018年11月18日閲覧。
  6. ^ Ansley Ketchin (1956年6月24日). “The Future For Miriam? A Husband And TV Lights”. The Charlotte Observer. https://dspace.ychistory.org/bitstream/handle/11030/72625/00000240.PDF?sequence=1 2018年11月18日閲覧。 

関連項目[編集]