ミロシュ・デゲネク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミロシュ・デゲネク Football pictogram.svg
Cameroon-Australia (20) (cropped).jpg
オーストラリア代表でのデゲネク (2017年)
名前
ラテン文字 Miloš Degenek
セルビア語 Милош Дегенек
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1994-04-28) 1994年4月28日(25歳)
出身地 クロアチアの旗 クロアチア クニン
身長 187cm
体重 82kg
選手情報
在籍チーム セルビアの旗 レッドスター・ベオグラード
ポジション DF (CB, RSB)
背番号 45
利き足 右足
ユース
オーストラリアの旗 ボニーリッグ英語版
0000-2012 オーストラリアの旗 AIS英語版
2012-2013 ドイツの旗 VfBシュトゥットガルト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2015 ドイツの旗 シュトゥットガルトII英語版 9 (0)
2015-2017 ドイツの旗 1860ミュンヘン 33 (1)
2017-2018 日本の旗 横浜F・マリノス 37 (2)
2018 セルビアの旗 レッドスター 20 (0)
2019- サウジアラビアの旗 アル・ヒラル 11 (0)
2019- セルビアの旗レッドスター(loan)
代表歴2
2009-2011 オーストラリアの旗 オーストラリア U-17 7 (1)
2012 セルビアの旗 セルビア U-19英語版 8 (0)
2015 オーストラリアの旗 オーストラリア U-23 4 (0)
2016- オーストラリアの旗 オーストラリア 25 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年7月16日現在。
2. 2019年1月26日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ミロシュ・デゲネクセルビア語: Милош Дегенек / Miloš Degenek英語: Milos Degenek1994年4月28日 - )は、クロアチアクニン出身オーストラリア国籍のプロサッカー選手オーストラリア代表レッドスター・ベオグラード所属。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

セルビア人としてクロアチアに生まれ、ユーゴスラビア紛争から逃れるため1995年にベオグラードに移住。さらに1999年にはコソボ紛争によるNATO軍の空爆から逃れるため、難民としてオーストラリアへと渡った[1]

オーストラリア国立スポーツ研究所でエリート育成プログラムを受け、2012年にVfBシュトゥットガルトの下部組織へ移籍し、翌2013年にVfBシュトゥットガルトII英語版でプロデビュー。2015年からはTSV1860ミュンヘンでプレーした[2][3]

2017年1月30日、横浜F・マリノスへの移籍加入が発表された[4]。2018年4月21日、リーグ第9節の湘南ベルマーレ戦において、日本での公式戦初ゴールを記録[5]

2018年7月6日、セルビアレッドスター・ベオグラードへ完全移籍することが発表された[6]

2019年1月12日、サウジアラビアアル・ヒラルへ移籍することが発表された。レッドスターが移籍金を得るための苦渋の決断であったと述べている[7][8]

2019年7月22日、張賢秀の加入によって出場機会が危ぶまれた影響もあってレッドスターに復帰した[9]

代表[編集]

セルビアの世代別代表にも選出されていたが、後にオーストラリア代表を選択した[1][2][3]

2016年5月27日に行われたイングランドとの国際親善試合でオーストラリア代表デビュー。

AFCアジアカップ2019では主力としてプレーしたが、準々決勝のUAE戦で後半23分にバックパスを短く出してしまい、アリー・マブフートにボールを奪われ得点を許した[10]。これが決勝点となりオーストラリアは敗退した。

エピソード[編集]

  • 横浜F・マリノスのセンターバックとしておよそ1年半コンビを組んだ中澤佑二が引退した際には「僕はボンバーのことが大好き。彼のことをリスペクトしている。彼は最高の選手。『プロフェッショナルである』ということを学んだ」と敬意を表した[7]


個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ドイツ リーグ戦 リーグ杯DFBポカール 期間通算
2012-13 シュトゥットガルトII ドリッテ 0 0 - 0 0 0 0
2013-14 9 0 - 0 0 9 0
2014-15 0 0 - 0 0 0 0
2015-16 1860ミュンヘン 30 ブンデス2部 25 1 - 3 0 28 1
2016-17 7 0 - 1 0 8 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2017 横浜FM 34 J1 25 0 1 0 2 0 28 0
2018 2 12 2 3 1 0 0 15 3
セルビア リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2018-19 レッドスター 5 セルビア・スーペル 20 0 0 0 - 20 0
サウジアラビア リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2019 アル・ヒラル ALJ
通算 ドイツ ドリッテ 9 0 - 0 0 9 0
ドイツ ブンデス2部 32 1 - 4 0 36 1
日本 J1 37 2 4 1 2 0 43 3
セルビア セルビア・スーペル 20 0 0 0 - 20 0
サウジアラビア ALJ
総通算 98 3 4 1 6 0 108 4

タイトル[編集]

個人[編集]

  • TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD・ベストイレブン:1回(2017年)

代表歴[編集]

オーストラリア代表でのデゲネク

出場歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 15試合 0得点(2016年 - )
代表国 試合数 得点
通算  オーストラリア 18 0

脚注[編集]

  1. ^ a b 横浜FM加入の豪代表DFデゲネクとは? ポリバレントな能力光る若き守備職人の真価”. FOOTBALL CHANNEL (2017年1月31日). 2017年1月31日閲覧。
  2. ^ a b 横浜FM、豪代表DFデゲネク獲得で合意。独2部1860ミュンヘンが発表”. FOOTBALL CHANNEL (2017年1月26日). 2017年1月30日閲覧。
  3. ^ a b 1860ミュンヘンがオーストラリア代表MFデゲネクの横浜FM移籍を発表…契約期間は2年間”. 超ワールドサッカー (2017年1月27日). 2017年1月30日閲覧。
  4. ^ ミロシュ デゲネク選手 加入内定のお知らせ”. 横浜F・マリノス (2017年1月30日). 2017年1月30日閲覧。
  5. ^ 「見に来た人は面白かったかもしれないけど…」同点弾のデゲネクは4失点を猛省”. SOCCERKING (2018年4月21日). 2018年5月17日閲覧。
  6. ^ ミロシュ デゲネク選手 Red Star Belgradeへ完全移籍のお知らせ | 横浜F・マリノス 公式サイト”. 横浜F・マリノス 公式サイト. 2018年7月6日閲覧。
  7. ^ a b 豪代表DFデゲネクが語った中澤佑二の引退、古巣マリノス、CL、そして中東移籍の真相”. FOOTBALL CHANNEL (2019年1月16日). 2019年1月20日閲覧。
  8. ^ 元横浜FMの豪州代表DFテゲネク、中東へ…今季は自身初のCL出場を達成”. SOCCERKING (2019年1月13日). 2019年1月20日閲覧。
  9. ^ 元横浜FMのDFデゲネクが古巣ツルヴェナ・ズヴェズダへレンタル移籍超worldサッカー 2019年7月22日
  10. ^ 前回王者・豪州、アジア杯連覇を逃す…ザック率いる開催国UAEが2大会連続のベスト4 - サッカーキング 2019年1月26日

関連項目[編集]