ミロシュ・ヤケシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ミロシュ・ヤケシュ

ミロシュ・ヤケシュ(Miloš/Milouš Jakeš[1]1922年8月12日 - 2020年7月10日[2])は、チェコスロバキアの政治家、チェコスロバキア共産党書記長(1987年 - 1989年)。

来歴・人物[編集]

チェスケー・ブジェヨヴィツェ近郊のチェスケー・ハルピに生まれる。1937年から1950年までズリーンの靴工場で働き、その間、チェコスロバキア共産党に入党。1955年 - 1958年モスクワ留学。1968年ワルシャワ条約機構軍の侵攻(プラハの春)後に始まった正常化体制で改革派のパージに積極的に関与した。

1987年12月、グスターフ・フサークの後任として党書記長に就任。自らを改革者と規定しつつも、反体制グループとの対話を一切拒否するなど強硬な姿勢を崩さなかった。1989年11月のビロード革命によって書記長を辞任。2003年に1968年の軍事侵攻でソ連軍と共謀し、革命労農政府樹立を企図した嫌疑で裁判にかけられた。

脚注[編集]

  1. ^ 一般にはミロシュ(Miloš)で知られているが、正しい表記はミロウシュ(Milouš)であることが2003年の裁判中に明らかになった。
  2. ^ Miloš Jakeš zemřel, bývalému nejmocnějšímu muži ve státě bylo 97 let E15 2020年7月14日配信 2020年7月16日閲覧
先代:
グスターフ・フサーク
チェコスロバキア共産党書記長
1987年 - 1989年
次代:
カレル・ウルバーネク