ミロスラヴ・ライチャーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミロスラヴ・ライチャーク
Miroslav Lajcak 2014 (11981540724).jpg
スロバキアの外相
就任
2012年4月4日
首相 ロベルト・フィツォ
前任者 ミクラーシュ・ズリンダ
任期
2009年1月26日 – 2010年7月8日
首相 ロベルト・フィツォ
前任者 ヤーン・クビシュ
後任者 ミクラーシュ・ズリンダ
ボスニア・ヘルツェゴビナ上級代表
任期
2007年6月30日 – 2009年3月26日
前任者 クリスチャン・シュヴァルツ=シリング
後任者 ヴァレンティン・インツコ
個人情報
生誕 (1963-03-20) 1963年3月20日(56歳)
チェコスロバキア(現在のスロバキアポプラト
政党 チェコスロバキア共産党 (1992年まで)
方向・社会民主主義 (1994年 - )
配偶者 ヤルミラ・ハルガショヴァー
出身校 コメンスキー大学
モスクワ国際関係大学
宗教 ローマ・カトリック

ミロスラヴ・ライチャークスロバキア語: Miroslav Lajčák1963年3月20日 - )は、スロバキアの政治家、外交官。現外相兼副首相。スロバキア語では、語末の有声子音は無声化するので氏名は正しくは「ミロスラフ・ライチャーク」である。

経歴[編集]

ブラチスラバコメンスキー大学で法学を修めた。モスクワ国際関係大学で、国際関係論の修士号を取得している。ドイツガルミッシュ=パルテンキルヒェンにあるジョージ・C・マーシャル欧州安全保障研究センターの卒業生でもある[1]

チェコスロバキアの共産主義体制が崩壊するまで、ライチャークは共産党員であった。1988年にチェコスロバキア外務省に入省し、1991年から1993年まで在ロシアチェコスロバキア(のちスロバキア)大使館職員、1993年から1994年まで当時のヨゼフ・モラヴチーク外相(のち首相)の官房長、1994年から1998年まで駐日本大使、2001年から2005年まで在ユーゴスラビア連邦共和国(のちセルビア・モンテネグロ)大使(アルバニアマケドニア旧ユーゴスラビア共和国兼轄)を務めた。2006年にモンテネグロで独立の是非を問う国民投票が行われた際には、欧州連合 (EU) の選挙監視員となった[2]

2007年6月30日にはクリスチャン・シュヴァルツ=シリングの後任として、ボスニア・ヘルツェゴビナ上級代表兼EUボスニア・ヘルツェゴビナ特別代表に就任し[3]、2009年まで在職した。

2009年1月26日、ライチャークは第一次フィツォ内閣に外相として入閣し[4]、2010年7月まで在職した。

2010年12月にはEUの欧州対外行動局のロシア・東方近隣・西バルカン局長に任命され[5]、2012年4月まで在職した。

2012年4月には無所属ながら、第二次フィツォ内閣の外相兼副首相に指名された[6]。ライチャークは、任期満了を迎える潘基文国連事務総長の後任をうかがう潜在的な候補者とみられていたが[7]、2016年5月27日に正式に次期国連事務総長への立候補を表明した。しかし、10月13日に国連総会は、次期総長にポルトガルアントニオ・グテーレスを任命した[8]

2017年5月31日、国連総会において9月から始まる第72会期の総会議長に満場一致で選出された[9]

2018年11月29日、議会で国連による移民協定への参加が否決されたことを理由に外相辞任をいったんは表明した[10]が、12月7日に撤回した[11]

人物[編集]

英語ドイツ語ロシア語ブルガリア語セルビア語に堪能である[1]。離婚経験があり、その後テレビのニュース番組の司会者であるヤルミラ・ライチャーコヴァー=ハルガショヴァーと再婚した。

2007年12月16日、ライチャークはボスニアの大手日刊紙「ネザヴィスネ・ノヴィーネ」から「今年の人」賞を受賞した[12]。この2週間後の12月28日には、別のボスニアの日刊紙「ドネヴニ・アヴァズ」からも同様のタイトルを受賞している[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b http://www.setimes.com/cocoon/setimes/xhtml/en_GB/infoBios/setimes/resource_centre/bio-archive/lajcak_miroslav
  2. ^ EU wins Montenegro's support for its referendum formula, published on 2006/02/27.
  3. ^ http://www.auswaertiges-amt.de/diplo/de/Laenderinformationen/Slowakei/090310-AntrittsbesuchAM,navCtx=31296.html
  4. ^ http://www.consilium.europa.eu/showPage.aspx?id=1293&lang=en
  5. ^ http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=MEMO/10/679&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en
  6. ^ Slovak Foreign Policy After the 2012 Elections: What To Expect, published on 2012/05/09.
  7. ^ “Slovak Foreign Minister Eyes UN Sec Gen Post”. http://www.thedaily.sk/slovak-foreign-minister-eyes-un-sec-gen-post/#ixzz2fHOzhu1x 
  8. ^ 次期事務総長にグテーレス氏を任命 国連総会 朝日新聞、2016年10月14日。2016年10月20日閲覧。
  9. ^ “次期議長にライチャーク氏 国連総会、スロバキア出身”. 産経新聞. (2017年6月1日). http://www.sankei.com/smp/world/news/170601/wor1706010007-s1.html 2017年6月3日閲覧。 
  10. ^ “The Latest: Slovak minister quits over UN migration pact”. The Washington Post. ワシントン・ポスト. (2018年11月29日). https://www.washingtonpost.com/world/europe/the-latest-slovakia-mulls-opting-out-of-un-migrant-compact/2018/11/29/2f1d46e8-f3ce-11e8-99c2-cfca6fcf610c_story.html 2018年11月30日閲覧。 
  11. ^ “Slovakia's foreign minister withdraws resignation”. The Province. (2018年12月7日). https://theprovince.com/pmn/news-pmn/slovakias-foreign-minister-withdraws-resignation/wcm/c0418238-8e77-4628-ab86-8a51c2a2a337 2018年12月9日閲覧。 
  12. ^ Lajčák is person of the year in Bosnia” (Slovak). SME (2007年12月16日). 2008年4月25日閲覧。 “Article in Nezavisne novine: [1]
  13. ^ Lajčák person of the year again” (Slovak). SME (2007年12月29日). 2008年4月25日閲覧。
外交職
先代:
クリスチャン・シュヴァルツ=シリング
ボスニア・ヘルツェゴビナ上級代表
2007年 – 2009年
次代:
ヴァレンティン・インツコ
先代:
ピーター・トムソン
国際連合総会議長
2017年 – 2018年
次代:
マリア・フェルナンダ・エスピノサ
公職
先代:
ヤーン・クビシュ
スロバキアの外相
2009年 – 2010年
次代:
ミクラーシュ・ズリンダ
先代:
ミクラーシュ・ズリンダ
スロバキアの外相
2012年 -
現職