ミーガン・アボット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミーガン・アボット
Megan Abbott
Megan abbott 9290511.jpg
誕生 1971年(47–48歳)
アメリカ合衆国の旗 ミシガン州デトロイト
職業 作家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
教育 英語及びアメリカ文学Ph.D.
最終学歴 ミシガン大学
活動期間 2005年 -
ジャンル ミステリ
代表作 『暗黒街の女』
主な受賞歴 エドガー賞 ペーパーバック賞(2008年)
デビュー作 『さよならを言うことは』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ミーガン・アボットMegan Abbott1971年 - )は、アメリカ合衆国推理作家ハードボイルドの研究者。

経歴[編集]

ミシガン州デトロイト郊外で育ち、ミシガン大学を卒業[1]ニューヨーク大学で英語とアメリカ文学の博士号を取得し、同校やニューヨーク州立大学ニュースクール大学で教鞭をとった。

フィルム・ノワールや古典的なノワール小説、ジェフリー・ユージェニデスの小説『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹』に影響を受けた[2][3]。2007年に発表した"The Song Is You" では、1949年に発生したジーン・スパングラー失踪事件について、2009年に発表した"Bury Me Deep" では1931年に発生したウィニー・ルース・ジャッド殺害事件について言及している[4]

ロサンゼルス・タイムズ』などメジャーな雑誌や新聞に記事を書いたことがある[5]。また、小説家のサラ・グラン英語版とブログを書いている[6]

作品リスト[編集]

長編[編集]

その他[編集]

短編
  • "My Heart Is Either Broken" (2013) - アンソロジー"Dangerous Women" 収録
ノンフィクション
  • The Street Was Mine: White Masculinity in Hardboiled fiction and Film Noir (2002)
編著
  • A Hell of a Woman: An Anthology of Female Noir (2007)

出典[編集]

  1. ^ Megan Abbott, "A Stranger Calls, "http://abbottgran.wordpress.com/2011/07/26/a-stranger-calls/
  2. ^ interview”. Culturaimpopular.com (2011年12月6日). 2012年2月27日閲覧。
  3. ^ Derbyshire, Johnathan. "The Books Interview: Megan Abbot." NewStatesman. 2011-09-12.
  4. ^ Kelly, Alan. "Tugged into Darkness: An interview with Megan Abbott" 3AM Magazine. Monday, August 24, 2009.
  5. ^ Abbott, Megan. "Pretty Tough: Original victims and femme fatals, the female leads in today's mystery fiction are as complex as their male counterparts." Los Angeles Times Magazine. April 2011.
  6. ^ The Abbott Gran Medicine Show”. 2016年9月6日閲覧。
  7. ^ Anthony Award Nominees and Winners”. Bouchercon.info. 2014年5月29日閲覧。
  8. ^ Senior, Jennifer (2016年7月18日). “Review: In Megan Abbott's ‘You Will Know Me,’ Gymnast Girl and Cute Dead Guy”. ニューヨーク・タイムズ. ISSN 0362-4331. http://www.nytimes.com/2016/07/19/books/review-in-megan-abbotts-you-will-know-me-gymnast-girl-and-cute-dead-guy.html 2016年7月31日閲覧。