ミー・アンド・ミセス・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミー・アンド・ミセス・ジョーンズ
ビリー・ポールシングル
初出アルバム『360 ディグリーズ・オブ・ビリー・ポール』
B面 僕の歌は君の歌
リリース
規格 7インチシングル
ジャンル ソウル・ミュージック
時間
レーベル フィラデルフィア・インターナショナル・レコード
作詞・作曲 ケニー・ギャンブル、レオン・ハフ、ケイリー・ギルバート
プロデュース ケニー・ギャンブル、レオン・ハフ
チャート最高順位
1位(Billboard Hot 100
ビリー・ポール シングル 年表
ディス・イズ・ユア・ライフ
(1972年)
ミー・アンド・ミセス・ジョーンズ
(1972年)
アム・アイ・ブラック・イナフ・フォー・ユー
(1973年)
テンプレートを表示

ミー・アンド・ミセス・ジョーンズ」(Me and Mrs. Jones)は、1970年代のソウルミュージックを代表する曲の1つ。ビリー・ポールのアルバム『360 Degrees Of Billy Paul』(1972年)からシングルカットされ、200万枚の売上げを記録した。ビルボードのシングルチャートでは3週連続1位[1]。曲はギャンブル&ハフの作曲で、作詞家はケイリー・ギルバート。

詞の内容は、他に家庭を持つ男女の間の道ならぬ恋(不倫)である。

カヴァー[編集]

  • トップ・オブ・ザ・ポップス(1973年)
  • ジョー・ホワイト(1973年)
  • バーバラ・メイソン(1973年)
  • ヒルトネアーズ(1973年)
  • ジョニー・マティス(1973年)
  • ロイ・メリウェザー・トリオ(1973年)
  • ジーン・ラッセル(1973年)
  • ロニー・フォスター(1973年)
  • カラベリ(1973年)
  • ペドラーズ(1974年)
  • モンク・モンゴメリー(1974年)
  • ドラマティックス(1975年)
  • マルク・アロ(1975年)
  • ハッジ・アレハンドロ(1977年)
  • サン・シティ・ガールズ(1985年)
  • サラ・ジェーン・モリス(1988年)
  • ダリル・ホール&ジョン・オーツ(1995年)
  • エイミー・スチュワート(1995年)
  • ル・ヴァルドン(1995年)
  • エド・カル(1996年)
  • ピエール・デュモン(1998年)
  • BBバンド(1999年)
  • アイリーン・リード(2000年)
  • ピーター・コックス(2003年)
  • ステファン・グヴィルディス(2003年)
  • ニック・ザ・ナイトフライ&ザ・モンテ・カルロ・ナイツ・オーケストラ(2004年)
  • ジョージ・ハフ(2004年)
  • デイブ・クラウド(2004年)
  • ジャッキー・ネイラー(2004年)
  • ジョーン・クロウ(2005年)
  • サンドリーヌ(2005年)
  • アンディー・エイブラハム(2006年)
  • マイケル・ブーブレ(2007年)
  • ダニー・グラント(2007年)
  • サイーシャ・マーカード(2008年)
  • ラッセル・ワトソン(2008年)
  • タワー・オブ・パワー(2009年)
  • ナジャ(2009年)
  • サー・チャールズ・ジョーンズ(2009年)
  • ラ・ファム・ヴェルトゥ(2010年)
  • フレンドン・フェロー(2010年)
  • ジュリアン(2010年)
  • デイビッド・シャノン(2011年)
  • モニケ・ケソウス(2012年)
  • マックス・ムツケ(2012年)
  • スティグ・ロッセン(2012年)
  • エトワ・ジャズ・ソサエティ(2012年)
  • ハロルド・サンディテン(2014年)
  • ザ・スリー・ディグリーズ(2016年)
  • ジェニファー・サラン(2017年)
  • トミー・ブレイズ(2017年)[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

先代:
ヘレン・レディ
「私は女」
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1972年12月16日 - 12月30日(3週)
次代:
カーリー・サイモン
うつろな愛